ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)(2017)

 今回は思いっきり平次×和葉で、和葉の「恋のライバル」が出てくる以上、その他のキャラクターの出番は控えめに。「純黒の悪夢」で活躍した少年探偵団は完全に脇役に、小五郎&蘭は「純黒」に引き続き出番少なめ&ピンチにもならない。園子にいたっては風邪で寝室から2カットだけの登場。鈴木財閥の財力&阿笠博士の科学力を使えると無敵なので、制約がかかるのはしょうがない。
 ちなみに、和葉の出番が増えるとみやむーが和葉にしっかり入り込めるだけの時間が取れるからか、あるいは見ている側が声に慣れるからか、後半のシンクロ率はとても高く感じた。和葉が去り際に言った「ほなね」とか、ポイント高すぎてもう何も言えない。それだけで100点上げたいレベル(単なる宮村優子ファンの戯れ言)。実際、本作では平次、和葉ともにいつもより声が若く聞こえたので、キャラのテンションに引っ張られるところはあるのかも。
 ゲストは吉岡里帆宮川大輔。コナンのゲスト的には及第点だと思います。
 「純黒」では黒の組織大暴れで水族館の観覧車をヘリで襲撃&爆破とむちゃくちゃやりましたが、今回は黒の組織ですらない一般人がテレビ局を爆破しちゃって、もうとんでもねえテロリストですよ(爆破では死者は出てないとはいえ)。動機と犯行とのバランス悪すぎィ!ここから考えると「東京タワーとか東都水族館とかボロボロにした?まぁ、やりかねないよね」と思える黒の組織の存在はありがたい。
 それにしても名頃先生が「名頃会」を作って「皐月会」に挑んでいた理由が「初恋の人にいいところを見せたかった」からと知ると、その扱われ方があまりにも不憫でならない。皐月さん、3年前に病死してるから何もなく済んでるけど、ひどすぎるやろ……。

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(2016)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター1
 ジンニキ、無能www黒の組織ざっこwwwwww という感想しか出ません。ほんとジンの兄貴は何ならできるんだろう。そして、各国の諜報組織片っ端からスパイを送り込まれている黒の組織とはいったい。しかも、ジンやウォッカといったどう考えても無能に属するヤツが残り、キュラソーのように明らかに役立つ人材が抜けていくんだから、弱体化待ったなし。
 監督・静野孔文、脚本・櫻井武晴は「絶海の探偵」「業火の向日葵」と同じコンビ。その反省か、蘭に超人的パワーを付与するのはやめたっぽいのだが、反省しすぎて蘭が空気に。灰原はというと、事件に黒の組織が関与していると知って飛び出そうとするコナンを止めようとするところでヒロインっぽさを見せたけれど、やっぱりあとはちょっと存在が軽く。メインヒロインは黒の組織No.2・ラムの右腕でありながら、記憶喪失になって少年探偵団との交流の中で新しい自分を見つけて、記憶が戻っても組織には戻らなかったキュラソーさんだからね、しょうがないね。そのキュラソーを演じたのは天海祐希。ヘタというほどではなく、所々うまい。
 黒の組織が絡んでくる時点で脚本はガバガバ。「漆黒の追跡者」で東京タワーをヘリで銃撃したジンさん、本作では東都水族館の大観覧車を銃撃して破壊。もはやテロリストってレベルで、警察じゃなくて自衛隊が出ないとまずいレベル。一応、「空自が来る前にずらかる」とは言ってたけどね。ちょっと破壊の規模が大きすぎて、コナンとか少年探偵団はどうせ死なないと分かっていても、どれだけ一般人が死んでいるんだろうかと心配になる。冒頭では、レインボーブリッジでごりごりのカーチェイスやってるし、この世界怖い。
 あ、無能という点ではライフルかついで観覧車のてっぺんまで上りながらも、敵にダメージを与えられないからとクライマックスの一発まで役に立たなかった赤井さんもなかなか。安室救出では活躍してるけど、敵がそろそろ来るってのに、安室と殴り合いを始めたときにはどうしようかと思った。これは、赤井はスルーしようとしてたけれど、なぜか安室が積極的に突っかかってきたんだけれどね。
 ちなみに上映後の感想に耳をそばだててみると「面白かった」の声が少なくなくて、コナン映画に求められているのは推理とか事件じゃなくて、とりあえずアクションなんだろうなと思った。
 来年の映画は平次が出るっぽいです。

名探偵コナン 業火の向日葵(2015)

 公開時の感想はコレ。ノーカット放送なので、よりひどさが際立つというね……。
 ちょっと裏付けがとれないが、櫻井武晴が上げた脚本を、静野孔文監督が細かい所作を拾って絵コンテにしたところ3時間分になり、現場でアクションシーンを残しつつ1時間分カットすることになって、青山剛昌がトリックを考えたという殺人事件が1つと、後半が大幅に改稿されたのだとか。確かに後半のひどさは目を覆うが、前半から割と無茶だと思うんですけどね。そして、榮倉奈々のひどさもフォローできないし。
 「厳重なセキュリティの美術館」が防火設備あっさり壊された上に、関係者内覧の日に崩壊って、すごいよね。まー、その前に、「こんなにすごいセキュリティなんです」とテレビ番組で一から十まで全部見せちゃってるというガバガバっぷりなのでしょうがない。きっと、鈴木財閥にとってはあれぐらい屁でもないんでしょう。
 それよりなにより、「沈黙の15分」と同様のボールネタはいかがなものか。そらAAにもなるわ。

          コナンくううん! 
_____orz___ 

          皆でコナン君を探して! 
_____or2___ 

  ○  ドゴォ        
  |||         !? 
_ノ 从____or2___ 

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997)

 映画最新作の公開に合わせての金曜ロードSHOW!での第1作目放送。キャラクターデザインが最近のものとは異なっていて、コナンくんたちが丸っこいとか、小五郎のおっちゃんの声が神谷明だとか、そもそもコナンの声も蘭の声も高いだとか、いろいろとあるけれど、ストーリーがしっかりしてる。
 警察側キャラクターは、白鳥刑事がこの作品が初登場、高木・佐藤・千葉などが出てこず、主に目暮警部だけしかいないので、無理な「警察、無能」感がない。少年探偵団も、極端に背伸びしすぎた活躍みたいなものはしない。コナン自身もケガをするし、蘭についても「超人的パワーの持ち主」ではなく年相応の女子高生として描かれていて、「歪んだ扉を挟んで向こう側に新一がいる」という状態でも扉を蹴破ったりしない。これ、最近の蘭のパワーなら間違いなくぶち抜いてるからね。
 シリーズを重ねたからといって、パワーアップしていくものじゃないんだなと実感する。ほんと、この作品は見ていて楽しいし、実況していても楽しい。

名探偵コナン 業火の向日葵(2015)

 ゴッホの「ひまわり」を園子の祖父・鈴木次郎吉がオークションで落札。次郎吉は、セキュリティ万全の美術館を新たに作り、世界に7枚ある「ひまわり」を集めた特別な展覧会を行うことを計画する。しかし、怪盗キッドが「ひまわり」を狙う予告状を出す。
 キッドの狙いが単純に「ひまわり」を手に入れることではないのはみなさんご承知の通り。いったいその裏では何が蠢いているのか……という部分だけ取り出せば面白そうなお話なのだが、真犯人が「ひまわり」強奪を狙う最初の手として「着陸直前の飛行機のドアを吹っ飛ばす」というのは、わりと命張ってますよね。コナンくん解説によれば、上空ではなく空港に近づいてからやることで自分の安全を図ったっていうんだけど、着陸前も十分危なくないっすかね。結果的に、吹っ飛んだドアがエンジンに巻き込まれて1基停止してますし……。いやまぁ、ハリウッド映画やルパンも飛行中にドア開けてるからいいか?
 あと、開始前にヒソヒソとほかのお客さんが喋ってたことだけど、ゲスト声優の榮倉奈々が声をあててる時点で第1容疑者だよね、ってのは確かによくないよな。しかも、榮倉奈々がすっげえヘタなんだよ。女優・榮倉奈々は好きなんだけど、声優・榮倉奈々はダメだっ。
 そんなわけで、今回もまた「金曜ロードSHOW!で放送されるときが楽しみだな」なコナンでしたとさ。

名探偵コナン 異次元の狙撃手(2014)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター1
 中盤まで、蘭が人質になって「らぁぁぁん!」「新一ーっ!」のおなじみのパターンじゃなくて済むかもと思って油断したらいつものだった。2013年の映画でも某国スパイに勝った蘭ねーちゃんですが、今回は元海兵隊の軍曹に勝利。たぶん、五ェ門が撃たれても弾を切って助かるように、蹴りで弾道変えられると思う。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE(2013)

 @TOHOシネマズ梅田
 こんなものが映画化されるなんてスゲーと思ってたら、グッズ売り場で「ルパコナが楽しみすぎて、昨日はあんまり寝れんかった」という女性を見かけて、ちゃんとリーチしてるもんだなと実感した。
 お話はテレビスペシャルの流れを汲んでいるので、見ていること前提。その上で……ダメだと特筆するようなものでもないです。ルパン側に手加減してもらってる感じは否めないが。

映画 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ) (2013)

大阪ステーションシティシネマ スクリーン3
 「体は子ども、頭脳は大人」な名探偵を立てるためには、周囲の人間は名探偵以下でなければならない。その顕著な犠牲者が迷探偵毛利小五郎であり、警察の皆さんなわけだが、今回は小五郎のおっちゃんはいつも通りな部分もあったけれどわりとかっこいい印象でした。よかったよかった。あとゲストヒロイン役の柴咲コウの声は早いうちに慣れたのでよかったよかった。そしてこの映画の一番良かったところは平次×和葉成分が詰まっていたことです。他?知らないですね。
 ツッコミはもうやめておこう。某国工作員が本当にこれぐらいマヌケなら平和でいいんですけどね。

映画名探偵コナン 11人目のストライカー (2012)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター3。プレミアシートが空いていたからそこにしてみたけれど、何がプレミアだったのかは未だに不明。
 クソ脚本アンドクソ脚本。スタジアムの電光掲示板を落とせるだけの大量の爆弾をどうやって支柱に貼り付けて警備員にバレなかったんだろうというところは、去年の沈黙の15分(クォーター)のダムの爆弾と同じポイント。今回のケースだと、まぁ最初の東都スタジアムの爆破は運良くバレなかったということにしても、それより後で警戒されているはずなのに10箇所のスタジアムに爆弾を設置して、しかも解除装置はクロスバーの裏側って……。名探偵コナンの世界では爆弾は誰でも簡単に作れてどこにでも大量に仕掛けられる便利アイテムであると納得するしかねーな。
 あと、爆破容疑者の中岡を調べるためにバイクで暴走していたところを追い詰めて捕まえてたけど、逆上させて殴りかかってきたところを暴行未遂と公務執行妨害ってのに見ていた瞬間は「佐藤刑事ひでー」とガッカリした。ここでの一時的な逮捕・拘留は、爆破の真犯人である中岡のアリバイ作りにもなったわけなので、脚本上どうしても逮捕が必要なんだけれど、そこで転び公妨っすかー。爆破テロに対する警戒中で、逮捕ではなくても身柄拘束が必要云々みたいな方法はなかったのか。
 Jリーグとのコラボでのサッカー選手出演もかなりキツかった。やめて……。
 クレヨンしんちゃんは完全にファミリーでないと来ないけれど、コナンはカップルでも学生のみでも来るから、大入り満員だった。

ルパン三世VS名探偵コナン(2009)

 2009年3月27日(初回放送時)の感想はこちら
 2度目だと意外と見られたのは、その後のルパンTVSPの惨憺たる有様ゆえか。さほど感想もないけれど、ルパンのオリジナルキャストはやっぱり痛々しかったので、若返って正解だと思いました。コナンの若さの秘密が気になる不二子ちゃんとか、年相応のおばあちゃんにしか聞こえないッス。

映画 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) (2011)

 北ノ沢村のスノーフェスタにやってきたコナンたち一行。北ノ沢村は朝倉都知事建設大臣だった8年前にダム建設を説き伏せて村を移転させた土地で、今年はダム完成から5年を祝したイベントが開催されるのだ。しかし、ダム建設の功労者である都知事は地下鉄爆破テロに巻き込まれたことで出席はキャンセルとなっていた。コナンは爆破事故がこのダムと関係していると考えてやってきたのだった。フェスタを満喫する一行は、かつてこの村の小学校に通っていて8年ぶりに再会したという同級生グループと知り合うが、翌日、そのグループの一人が死体で見つかった。
 以下、ネタバレあり。
 名探偵コナンの映画第15弾。ダム湖底に村が沈むなんてのはサスペンスの題材としてはもってこい。この作中で進行する事件での死者が1名、過去の関連事件を含めても3名というのは、コナンとしてはかなり被害者が少ない方なのでは。
 ゲスト声優は渡部陽一宮根誠司。宮根は冒頭のジャーナリスト役としての出演で、正直まったく気付かなかった。一方の渡部陽一新潟県警の渡部刑事としての出演で、こちらは容貌も渡部陽一そのものであり、また声を発した瞬間にそれとわかるので劇場が笑いに包まれた。元太の「あのおっちゃんしゃべるのおそくねーか?」というツッコミもナイス(高木渉のアドリブか)。
 他方、大きなツッコミどころの残る作品でもある。崩壊したダムから流れる水が村をおそわないように雪崩で流れを変えるのは、水流が雪崩ごと村の方へ行ってしまいそうな感じが……。コレはやってみないとわからないし、あの非常事態ではできることはなかったのでしょうがないとあきらめる。だがもう一点、単独犯である犯人が村の基地局とダムすべてを破壊できるだけの爆弾を準備して、しかもそれを気付かれないようにセットしていたというのはかなり無理がある気がする。

映画 名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ) (2010)

 世界最大の飛行船ベル・ツリーI世号を完成させた鈴木財閥の相談役・鈴木次郎吉は、「東京から大阪へ向かうベル・ツリーI世号の中からビッグジュエル『天空の貴婦人』を盗み出してみよ」という挑戦状を怪盗キッドに叩きつける。これに対してキッドは「大阪上空に到達してから盗み出す」と大胆な答えを返す。飛行船にはキッドの犯行を防ぐべく中森警部が乗り込んだほか、次郎吉の招待を受けた小五郎や蘭、コナン、そしてキッドとの対決を独占取材する取材陣が乗り込んだ。キッドはいつも約束通りに現れるので、大阪までは優雅な空の旅が行われる……はずだったのだが、7日前に国立微生物研究所から殺人ウイルスを盗み出したテロリスト集団「赤いシャムネコ」が飛行船を急襲、船内に爆弾を仕掛けて飛行船を乗っ取ってしまった。
 TOHOシネマズなんばで舞台挨拶付きのものを鑑賞したので、映画の前にコナン役の高山みなみ、蘭役の山崎和佳奈、小五郎役の小山力也によるトークショーが行われた。小山力也はこれがコナン組に加入して初の映画なんだけれど、なんかノリノリで楽しそうな雰囲気を出していた。あと、妙に男性ファンから声援が飛んでいた。さすがは力ちゃん
 飛行船という限定された空間の中で、細菌+テロリストという最悪の状況はなかなか緊迫感が高いけれど、なんか設定だけみるとハリウッド映画みたい。コナン的にはキッドがなぜか蘭と絡んでいる予告編のあのシーンが気になるところだけれど、蘭がキッドを見抜けないわけがないよね…ってことで、コナンもファンも胸をなで下ろす結末になってます。

ルパン三世VS名探偵コナン(2009)

 ルパンTVSPの新作と見るべきなのか、名探偵コナンのTVSPと見るべきなのかわからないけれど、いずれにしても中途半端さは否めない。そりゃ、ルパンとコナンを対決させて決着なんてつけた日にはどちらのファンからも文句が出るだろうから、ほかに悪役を置いてルパンとコナンが協力して追い詰めていくというプロットになるだろうけれど……ねえ。どちらの作品も魅力的な脇役が多いだけに、どうにも使い切れなかった感じがひしひしと。さすがに少年探偵団を出さなかったのは賢いところだけれど。
 ということで、ストーリーは語るところなし。女王と王子が死んで、一緒に狩り場にいた伯父が生き残っているなんていうわかりやすさで、あとはどう転がしていくかというだけだった。コナンの話としてはこんなものなんだけれど、ルパンとしてはやはり不可能と思われる盗みをいかにやってのけるかというところが一つの見所なわけで、それをあっさり不二子に出し抜かれたあげく、閉じ込められたところからの脱出が五ェ門一撃では感慨もなにもあったもんじゃない。
 例年ルパンで気になる納谷悟朗の体調は今回はさして気にならなかったが、井上真樹夫がえらく調子が悪いように思えた。五ェ門は出番自体が少なかったけれど……。

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) (2007)

 テレビシリーズだと有効に使われる蘭の空手が映画シリーズだと効かないことが多く、今回は一人を空手でボコボコにしている間に園子が人質にされてしまってトドメに至らないというパターンが2回。しかし、コナンに助けられるという役回りだけではなく、サメとの格闘では園子を守りながらの見事な戦いを見せていて、実に男前な蘭が見られました。
 アン・ボニーが隠していたという船が腐らずによく残っていたものだという点は置いておいて、10文字の暗号を見たときに、海賊絡みで「JOLLY ROGER」がすぐに出てこないコナン君はちょっと残念でした。

名探偵コナン #422 イチョウ色の初恋(後編)

 阿笠博士が老けすぎなのか、フサエ・キャンベルが若すぎなのか。二人の年の差はそんなにないはずなのに、すげぇ差があるように見える。
 なんかかっちょええ話だった。