ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 俺の妹がこれで最終回なわけがない<終>

 京介が急激に桐乃ラブに転じてしまって、ここ数話で盛り上がった黒猫愛をどうしていいものか、持て余す。だってさー、自分のシナリオが酷評されたことをバネに、赤城妹とともに次回作に意欲を燃やしているんですよ。応援しないやつがいるか。桐乃が陸上で心折れたのなんてここ半年でしょうが、黒猫がシナリオで他人に絶賛されたことはたぶんない。常に独りよがりなシナリオですよどう見ても。それでも折れない。それでいて、良きお姉ちゃんとして妹の面倒を見たり家事をやったり……桐乃のポイントが上がってるのは、「不良のたまに見かける善行」理論っぽくてヤなんだよー。
 すでにサブに置かれているあやせ、地味子、沙織にも出番があってよかったけど、地味子のついで感がヤベェ。一緒に下校しようとしたら黒猫の呼び出しで放置食らうところで、ポジションは「あやせに電話をつなぐ役」ですよ。やべー、桐乃への怒りがやべー、京介の誘いに応じてかえって来ちゃう軽さへの怒りがやべー。浮気した男よりも、その浮気相手に殺意を抱く奥さんの気持ちでしょうか、コレ。
 第二期って決着までやるんですよね。でも、伏見つかさ先生だと「どちらかに決めちゃうとファンの人が怒るかもしれないので、両方書きました」つって、桐乃編ENDと黒猫編ENDを書いてしまいそうじゃないですか。テキスト量とか、あんまり苦にしないタイプですよねあの人。むしろ、ゲームのシナリオとか喜んで書いちゃいますよね。どうですか。

#12 俺の後輩がこんなに可愛いわけがない

 京介氏は黒猫と付き合っちゃえよ。隣の部屋に友人であるところの桐乃がいるわけでもないのに私室まで1対1で来てくれる女の子とか、好感度相当だと思いますけど……それと一線とは話はちゃうけどさー。京介のこと「お兄さん」って呼んでみたり、どうしたんですか黒猫さん!デレゲージが振り切れてるんですが!でも、いざ文章のことになるとガチな子です。赤城妹も能力高くて、げんしけんコミケに出した最初の本が完売したアレを思い出したりもする。なかなかリアルだとこうはいかんでしょ。
 その代わり、レビューは酷評だったわ……。

#11 俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない

 赤城の妹が筋金入りで腐ってたァッー!なんだかんだと黒猫への付き合いで一緒にゲーム部に入っちゃう京介氏のいい人っぷり。この裏で地味子が一人ぽつねんと帰っている日があるということを思うと不思議な切なさに襲われますけどね……。実際はあやせと顔を合わせることもあって、勝手に女の子同士の関係が広がっている模様。京介氏はヘタな付き合いができないよねー。

#10 俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない TRUE ROUTE

 第1期最終回はラストが改変されてTRUE ROUTEにつながるように。桐乃が旅立つのをやめるのではなく唐突にいなくなってしまって、代わりに黒猫が京介の高校にやってくる。うん、これぞTRUE ROUTEやね。ここから先だけをアニメ化すれば桐乃の存在はなかったことにできるわけですが、まぁそうもうまくいかない。

#07 俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない〜#09 俺の妹がこんなにメイドなわけがない

 第1期の#07〜#08はカット、桐乃が書いた小説がアニメ化されるという話になり盛り上がるも、編集者によってむちゃくちゃされかかっていたので京介が話し合いに出かけるアレ。監督会議の内容がかなりヒドくて(生々しくて)、当時かなり叩かれましたもんね。わざわざもう1度放送するメリットは何もない。ただ、そのせいで今回の#07にあったパーティーがなんなのかさっぱり繋がらなくなってしまった。本当は桐乃の作品が無事アニメ化されるのは京介のおかげなので、その感謝としてのメイド服&プレゼントだったので。
 ここに至っても桐乃のデレ分は少なくて、京介じゃなかったらはっ倒されてるんじゃないかと心配になる。黒猫はアプローチがストレートになってきていて、そらコロッといかれますわ。

#06 俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない

 黒猫攻勢の前のこの段階で、麻奈実のことを「おばあちゃんみたい」とか言う京介はヒドイ。そういう子が幸せになれないのがハーレムアニメですけどね。

#02 俺が妹とオフ会に行くわけがない〜#05 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

 本放送時の第9話がTRUE ROUTEでは第7話になるそうで、そこまでは変更がないっぽい。じゃあ見る意味ないじゃん……。本放送第7話・第8話がカットされるのも、ルート変更とかではなく、単純に桐乃の小説がアニメ化される話がずいぶんモメたからでしょ?
 本放送時に繰り返し視聴をしなかったのでこれが2回目だが、それにしても、こんな目に遭わされながらも桐乃の面倒を見ている京介はぐう聖。

#02 俺が妹とオフ会に行くわけがない

 やっぱり初回放送時との違いが不明、後半のルート分岐以外は同じか。それだったらしばらく見る必要がないのだが。
 で、第1回も思った通り、(今のところ)京介はすごく妹の面倒見がいいお兄ちゃんで、桐乃は京介に甘えまくり、ただの仲良し兄妹ですよねえ。モデルとかやってる社交性があれば、あの「オタクッ娘集まれ」オフ会でもうまく立ち回れそうなのに、詰まっちゃうところはちょっと不思議。そういう弱いところがないと魅力のないキャラですが。
 どうやら(作品として)最終的なヒロインの可能性がなくなってしまったサブヒロイン沙織さん、まあそれは残当としても、オタクモードの時のルックスがヒドイことを除けば、手のかかる桐乃や黒猫よりよっぽど付き合いやすいと思うの。ポジション的にライバルは地味子よな。そうなると地味子強いので、京介の攻略対象に入らないのはしょうがないんですけれど、もったいない。

#01 俺が妹と恋をするわけがない

 はいはい俺妹俺妹。これ、今のところなにか変わったところあるんですかねえ?改めて、京介が人格者だなーってのと、桐乃最初からデレデレやんってのと。冷戦中のはずなのに、怒りながら出かけるときに「行ってきます」って言っちゃうとか。なお原作未読なので9巻だか10巻だかで語られている京介と桐乃の過去は知らないまま。TRUE ROUTEって、どこに着地すればTRUEになるんだろう。企画の発端を考えると黒猫ルートしかないんだけど。