ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(2012)

 @なんばパークスシネマ シアター10
 仮面ライダーディケイドを首領とした大ショッカーと、ゴーカイレッドを首領とした大ザンギャックが、スーパー戦隊仮面ライダーは共存不可能だとお互いにつぶし合う。ジョーハカセマーベラスを止めようとするが、逆にルカやアイムたちをやられてしまい、危機一髪を仮面ライダーディエンド・海東大樹に救われる。
 要するに「士はボクとの友情を裏切ったんだ!」という海東による逆恨みですよね、ドロドロの愛憎劇。ジョーも、マーベラスを信じつつも裏切られ、その実、やっぱりマーベラスはヒーローのために動いていたことを知って納得できたんだけれど、海東はひねくれているのでそうはいきませんでしたという。士に対する感情が入り乱れすぎて、思わず敵のビッグマシン計画を成功させて、マシンに乗り込んじゃうぐらいだもの。
 中盤、スーパー戦隊仮面ライダーの多くがやられてしまったときにストーリーを引っ張ったのはジョーハカセ、海東、比奈ちゃんの4名。戦隊から2名、ライダーから2名、かつ紅一点を残すとこうなるんだけど、マーベラス×ジョー、士×海東の絡みが多かったので、ハカセのところはアイムを残して欲しかったなぁって、ちょっと残念。
 ネタ的にはドクトルG(鳴滝)が大ショッカー幹部として出てきた時点で「おのれディケイド」って言わせたいんだろうなという雰囲気がプンプンしていたので、期待通りのセリフが出てきて嬉しかった(小並感)。劇場では、全スーパー戦隊とライダーがわらわら出てきたとき、あまりの絵面に笑いが起きてたよ。だって、どう見ても数の暴力じゃないですかアレは。もともと仮面ライダーの幹部は1vs1で負けてる人が多いのに、どうやって複数ライダーに勝つんよ。さすがに今回はオリジナルキャストにできたのは一部だけだったが、仮面ライダーBLACK対シャドームーンは劇場でも「おお」ってどよめいたよ。そしてその後の「やめろ!信彦!」では笑いが。笑うシーンじゃないけど、そのセリフを入れるなら倉田てつをに言わせて欲しかった。
 今回、最新シリーズのゴーバスターズとフォーゼはそれぞれに見所が用意されていたけれど、まさかレッドバスターは仮面ライダーカブトクロックアップを「見える」って言っちゃうとは思わなかった。ライダー最強議論ではクロックアップが最強クラスなのに、ゴーバスターズってそのレベルに達してしまっていいのだろうか。
 しかしこの「大戦」シリーズ、MOVIE大戦からずっと見てきているけれど、もうそろそろ無理がきてないですか。スーパー戦隊仮面ライダーの映画は、最新戦隊&最新ライダー単体同時上映が1本、最新戦隊vs1つ前の戦隊、最新ライダー&1つ前のライダーと年に3本あって、お祭りも続くとただの日常になってしまうというか……プリキュアオールスターズもNewStageに入ってもう無理感がかなりきてるので、それぞれ戦隊、ライダー、プリキュアで3年おきのローテーション組むとかした方がいい。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー (2011)

 @なんばパークスシネマ シアター7
 オーズと電王のクロスオーバーに過去の仮面ライダーたちが総登場のお祭り作品。まぁほら、お祭りなのでだいたいストーリーはうすらぼんやりといつも通りで、最後はショッカー首領が岩石大首領になって、ライダー全員攻撃食らって倒されるというアレですけども、全員がバイクで「40」の文字を形作って突撃というこの意味のわからなさ具合がスゴイ。笑っていいのかなんなのか、正直困った。一緒に見に行った友人らと話し合った結論は「ないわー」でした。

超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル(2010)

 「仮面ライダー電王」映画第5弾。テレビシリーズでは侑斗が愛理を救うために、最後のカードを使って仮面ライダーゼロノスに変身したことで愛理含め周囲の人々から侑斗の記憶が消えてしまったが、シリーズのヒロインであるハナは侑斗と愛理の娘であることが明かされている。そこで視聴者が気になる「では、侑斗と愛理はどうなるのか?」というところをちょっと埋めてくるお話。

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン(2008)

 「仮面ライダー電王」そのものを見たことがトータルで10分ぐらいしかないのだが、行ってきた。初日ということもありグッズ売り場は大盛況、5回の上映のうち3回目ごろにはDVD付きパンフレットは売り切れていた。客層は子供連れ中心ながら、男性単独客、女性グループ客などもそれなりの数がいて、幅広い層に人気なんだなぁと感じた。
 作品知識としてはゼロに等しかったけれど、キャラクターが立っていて、お話自体もとてもわかりやすいもので面白かった。良太郎、モモタロス、ウラタロス、キンタロスリュウタロスに加えジーク、幸太郎の合計7人の一斉変身、そのあとの大量の怪人とのバトルは非常に盛り上がった。
 松村雄基をこんな作品で見るとは思わなかったので驚いた。以前の劇場版電王では渡辺裕之も出ていたみたい。ゲストが豪華なんだな。