ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 十字架と家族とバンパイア<終>

 「今回だけなんだから」とか言われながら萌香とイチャつく月音、という予想を裏切らない最終回。ロザパンらしいパンツまみれのラストというのも悪くないんじゃないですか。

総評

 良くも悪くもパンツアニメでした。ヒロインにすぐ鬱背景を持たせたりする作品に比べればあっけらかんとした「うる星やつら」に近いハーレムものなので、頭空っぽで楽しめるのは悪くない。

#12 封印とバンパイア

 ずっと前の萌香と仲良くやってきたから月音は元通りにしようと頑張るけれど、個人的には覚醒状態ながらも周りに合わせる今の萌香もなかなかいいんじゃないかと思える。見た目は結構異なるけれど、月音を心配する気持ちとかは同じだな。
 え、陽海学園の封印が解ける?なんかあんまり重要に感じないなぁ。不思議。

#11 リリスの鏡とバンパイア

 たぶんいつも以上にパンチラが多かったらしく、コウモリやクマさんの出番が多くてげんなり。かといって全て隠れているわけではなくて、ヴァンパイア萌香のパンチラは見えていたりというダブルスタンダードには納得がいかない。出すものはきっちり出してもらおうか。

#09 スキーとバンパイア

 スキー編。母親が顔を見せたことはあっても男親が出てきたのははじめて。あのイエティと雪女からみぞれが生まれるんだなぁと思うと遺伝子の神秘を感じたり感じなかったり。雪女の血を引けば美形でいいけれど、イエティ似の女の子だったら大変だよな。いや、そもそもイエティ=雪男だから男だけしかあんな姿にはならないのか。さすがに素顔はイケメン(というか脇役顔というか……)だった。

#07 バスルームとバンパイア

 月音の帰省。もちろん平穏に京都土産を渡して終わりとはいかないのがロザバン。いつも通り、勝手に胡夢とみぞれが対立して戦闘している話で、こうなると萌香が漁夫の利でおいしいところを持って行ってしまうんだよな。みんな、まず組んで倒すべきは萌香だぞ。
 学園外の幼なじみキャラというのは今までいなかったのが不思議なポジション。彼女は月音のことをどうも思ってないのかな。

#06 修学旅行とバンパイア

 ロザバンといえばパンツを見せてナンボなので、スケバン刑事のロングスカートはどうなんだろうと思ったけれど、たとえ本来は見えないであろうスカートでもなんなとしてくるものだ。スリットはむしろエロスが増していたと思うので良かったです。

#05 カレーとバンパイア

 みぞれ回。雪女のみぞれがカレーを作るのは大変だけれど、その失敗の仕方はどうなんだろうと思うようなものが…。カレーに取り憑かれて唇が腫れ上がった月音もひどいものだが、他のヒロインたちも相当ヒドイ扱いだ。

#02 妹とバンパイア

 心愛は「萌香」は嫌いだが覚醒モードの萌香のことは好きらしい。まぁなんとやっかいな。ナレーションやパンチラ隠しとして活躍していた子安コウモリがこれで毎回ストーリーに絡むようになるんだろうか。

#01 再会とバンパイア

 これこそズボンなどではない真のパンツアニメ。子安コウモリによる規制は健在なのだが、コウモリの隙間からパンツが見えていたり、丸見えなのにコウモリが出てこないカットもあり、いったいどんな基準で規制されているのかは不明。「こどものじかん」と同じくネタ化してないか。