ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#52 銀の燭台<終>

 ジャン・バルジャン、コゼットとマリウスに見守られ、ミリエル司教に迎えられて天に召される。
 たぶん世界名作劇場シリーズを1話も欠かさずに通して見たのは初めて。さすがに4クール作品は見終わったあとの達成感が違うな。名作劇場にしてはコゼット不遇期がそれほど長くなかったので見ていてしんどくなかった。まぁ、小さいときのコゼットの方が可愛いんじゃないのかという話はあるが。
 可もなく不可もなし、クオリティも抜群に高いわけではないが一定レベルは維持していた。さすが名作劇場か。

#51 明かされた真実

 テナルディエの最後の逆襲だが、ジャンがすべてマリウスに打ち明けていたのであらゆる攻撃が空振りになり、しかも切り札として持っていたABCの友のバンダナ切れ端はマリウスを助けたのがジャンだという補強材料になってしまう始末。ジャヴェールに顔を覚えられていたのもあって、あっさり再逮捕。「たとえ何度脱獄しようと何度でも捕まえてみせる。人は変わることができるのだから」というジャヴェール、完全に生まれ変わったんだな。

#50 永遠のリング

 いよいよコゼットとマリウスの結婚式。ベアトリスやら懐かしい顔があるなか、アゼルマたちはパリからモンフェルメイユに帰るらしい。本当にアゼルマたちにはこれからエポニーヌの分まで幸せになって欲しい。テナルディエは相変わらずだな…馬車にでも撥ねられんものか。
 ジャンはコゼットをマリウスに託し、マリウスにだけ真実を告げてどこかに去るつもりか。格好良すぎるだろう。

#49 私のお母さん

 アラン!そしてサンプリスさん!出ないなと思ってたらちゃんとあのあとも町を守っていたんだな。ファンティーヌとコゼットの悲劇を繰り返さないように託児所とか、ED曲にのせて墓参りとか、泣ける。

#48 コゼットとマリウス

 マリウスとコゼットが婚約。すれ違いが続いていた二人、ようやく幸せになれる時が来たのね…。ジャンもここまでコゼットを育ててきた甲斐があるってもんだよ。
 エポニーヌとガヴローシュは会わせてあげたかったな。エポニーヌは救われなさすぎる。

#46 ジャヴェールの正義

 ジャンの身柄を今度こそ押さえたジャヴェールだが、人は変われるというジャンの言葉と、実際にマリウスを助けようとするジャンの働きを見てついにほだされたか。いや、ずっとファンティーヌを殺してしまったことを心のどこかで悔いていたに違いない。間違いを間違いだと認めることで、人はきっと変われる。
 重傷を負ったマリウスは実家に担ぎ込まれる。じいさん、素直じゃないんだから。

#45 パリの下水道

 陥没孔でピンチのジャンとマリウスがジャンの怪力で何とか助かった。それはいいけれどどうやって上がってきたのよ…底なしに近いってジャヴェール言ってたよ。さらに封鎖された出口にはテナルディエ。イヤミな男だ。たぶんジャンはテナルディエの助けを借りなくても、怪力で開けられたんじゃないかという気がするんだ。

#44 未来へのともしび

 ABCの面々が全滅めつめつめつ…。捕虜銃殺から大砲追加で怒濤の虐殺展開、明らかに無抵抗なアンジョルラスたちまで殺されてしまいました。確かにレジスタンスはかなりの抵抗を見せたけれど、制圧すなわち全員殺せってことなのか。
 ジャヴェールは監獄で生まれた犯罪者の子供だったと自分の身の上話をジャンにぶっちゃける。なるほど執念深いわけだよ、このオッサン。「人は変われるわけがない」というジャヴェールの信念を変えなければ、ジャンに対する追跡を止めることはできないな。

#43 ガヴローシュの願い

 ガヴローシュとコゼットが再会…だけれど、こんな形で再会することになるなんて。バリケードのところで死亡フラグ立てすぎなんだよ。コゼットを思い出して歌を口ずさむなんてもうダメです、死にます。当たるもんか、と言えるならあのじいさんだって当たらなかったよ。本当、シュシュに感謝しなさい。

#42 マリウスからの手紙

 マリウスからコゼットに宛てた手紙を手にしたジャン、コゼットの思い人がマリウスであることにようやく気付いてバリケード内のマリウスを救出。って、なんでジャンに死亡フラグが立ってるんだ。しかもジャヴェールと再会って、そんなのはいらないよ!ジャヴェールは警官であることがバレて拘束されているので、ジャンが助けないと非常に危険な状態。どうするジャン、って助けるに決まってるよな。

#41 エポニーヌの恋

 銃弾からマリウスをかばってエポニーヌ死亡。うう、まるで小公女のように転落人生を辿った少女の末路はこれなのか。愛するマリウスに看取られたのだけが救いで、ガヴローシュとは再会させてあげたかった。もし、今のおかみやアゼルマと再会していれば、一緒に真っ当な道に戻れたかも知れないのに…。
 エポニーヌからコゼットの手紙を受け取ったマリウスだが…どうするよ。

#40 革命の夜

 ああ、ついに革命の日は来てしまったのだな。革命の旗を立て続けるために的になったマブーフさん、幻想の中ではあっても、革命が成功して再び本を好きなだけ読める生活に戻ったのは幸せなのだろう。現実はあまりに厳しいのだもの。
 マリウスとコゼットの階級の違いをまざまざと感じる。革命が始まったとは思っても、それを話として聞くだけのコゼットと、その最前線に立っているマリウス。エポニーヌ、確かにコゼットからマリウスを引き離すことには成功しているが、マリウス君の命が危ないぞ。

#39 1832年6月5日

 一発の銃弾がもはや後戻りのできない状況を作り出していく…。町中のバリケード、赤い夕焼けがこの後のパリを連想させてイヤだわね。ガブローシュも革命に協力してるし、ピリピリする。ひたすら飲み続けるグランテールってキーになるんかな。
 コゼットがマリウスに宛てた手紙を持ち去るというエポニーヌの一手。コゼットと会わせたくないから革命に誘うのはいいけど、ヘタすると死ぬぜ。

#38 コゼットとエポニーヌ

 革命前夜。よくもあのエポニーヌをコゼットは一目でわかったなぁと。忘れようとしても悔しさやつらさは忘れられなかったとか、今はどうしようとも思っていないとか、コゼットが天使みたいに扱われているけれどやっぱり人間だなぁと思わせる気持ちの吐露だった。そりゃそうだよな、今さらどうしようとは思わないがあれを許せるわけもないわ。