ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 夢ミル蛍<終>

 ……"大喰い"倒せて良かったね。あんまり後味よくないな…。第11話感想で書いた懸念通り、土師さんがまたも瓦礫でダメージを負い"大喰い"の攻撃で吹っ飛んだあたりは「やっぱりー」なんて言いながら見ていたんだけれど、利菜が大助の幻影(精神世界か)に説得されて一度は戻ってきたけれどまた死ぬあたり、それも今度は完全に復活があり得ないところはなんかあまりに幸が薄い利菜に同情して泣けた。
 特環が焦るぐらい力を秘めた"大喰い"なのに苦戦という感じではなく倒してしまったりして、なんともはや。アニメ化するには構成の練りが足りないのか、あるいはそもそも向いてないのか。原作が悪いわけではないと思うのだが…。
 お世辞でも「いい作品だった」とは褒めがたい。主人公に感情移入できず、詩歌はよくわからないキャラクターだったために序盤でよく動いていた利菜視点で見るのは当然の流れだったのだが、そのせいで終盤はひたすら辛かった。Wikipediaなどを見た感じでは展開は原作通りのようだし、重要キャラを殺すなとも言わないけれど、翻弄された挙げ句に死んでいった利菜をもう少しフォローしてあげて欲しかった。
 特環がイマイチ魅力に欠ける組織だったのも残念。主人公が所属しているけれど最後にはきっと敵となって立ちはだかるんだろうなぁと思っていたら、最後は"大喰い"なんていうバケモノですよ。持って行かれてどうする。
 安直なギャグ・お色気に走らず、最後まで硬派を貫いたのは高評価。ただ、自分には合わない作品だったようです。

ムシウタ #11 終ワラナイ夢

 利菜はちょっと勝てないだろうと思っていたが、やっぱりダメだったか…。
 "みんみん"が二重スパイというのはそもそもむしばねのスパイをやっていたこと自体がわかりづらかったので驚きゼロ。個人的感情で動くキャラに見えたので、勝手に情報リークとか嫌がらせでやっているのかと思った。"ふゆほたる"には勝てず欠落者に。
 七星の突撃失敗でビルから転げ落ちてきたり、瓦礫の崩落からは大助に救われたり、土師さんはうっかりすぎる。本体弱いんだから気を付けないと。"始まりの三匹"の"大喰い"とやらが出てきてどうもラスボスっぽいツラをしていて、じゃあ土師とかはなんなんだという状態に。

ムシウタ #9 夢ノ欠片

 どこまでも救われない利菜。大事な友人だったあさみを失い、心を寄せていた大助と自分の支えになってくれた詩歌が付き合っている(わけではないがそうとしか見えない)ことを知って、もう何も信じられないって話だ。しかも詩歌は"ふゆほたる"。ふと「ご飯はできてないしお風呂もわいてないの」ってクマーのAAを連想してしまった。

ムシウタ #8 見果テヌ夢

 あさみ、欠落者に。
 霞王、きりきりに狙われた時点でかなり危なかったのに…。かっこうい何とか助けられたというのになぁ。利菜のダメージは計り知れないぞ、これ。

ムシウタ #07 夢ノ迷路

 あさみが地雷原に突入しているような気がする。詩歌が虫憑きであることに気付き、自分も虫憑きになってしまったことに気付いて、フラグは万全。いくら利菜がむしばねリーダーの時はマスクをつけているといっても、友人なら気付くよね。
 ずいぶんえらそうな"霞王"だけど、それでも土師は支部長だから立場が上なのか。

ムシウタ #06 狙ワレタ夢

 利菜いい子だ…。詩歌の面倒をよく見ているし、大助にツンデレってるし。知りすぎたら消されるのは世の常です、ジャーナリストキャラはくれぐれも記事の更新直前には気を付けよう…。

ムシウタ #05 巡リ会ウ夢

 利菜さん、目の前のそいつが"ふゆほたる"です。大助回想が前より長めで、どう見ても大助が欠落者にしたのは詩歌。欠落者とはすなわち生ける屍状態らしいが詩歌が唯一の蘇生例か。

ムシウタ #04 砕ケ散ル夢

 みんみんさんのしゃべりが全部黒なのはに変換されて聞こえてきます。「どうして撃たなかったのかな。少し、頭冷やそうか…」とか。そして、むしばねの皆さんの仮面がハクオロに見えてきました…いよいよ本編はどうでもよくなってきたってことだな。
 日々野が立ち往生、なのか?虫が死んでも人が死ぬわけではないっぽいんだけれど。

ムシウタ #03 夢ノ虜タチ

 利奈がレジスタンスのリーダーで、何人もの"虫憑き"を束ねているのね。んで、大助が所属している組織は虫を捕らえるなりなんなりしていると。で、虫憑きは虫が殺されると死ぬんだか"欠落者"になるんだかだと。第1話、数年前に大助="かっこう"は詩歌を欠落者にしているが、大助と詩歌はお互いに気付いていないのか。
 正直、わかりにくすぎる。虫憑きがいっぱい出るからムシキングみたいな昆虫バトルでもあるのかと思ったら別に無いのね。大助も詩歌も鬱陶しくてあんまり好きになれないキャラクターなので、ちょっと見続けるのが辛い。みんみんがちょっと面白いかな。

ムシウタ #2 夢ノ絆

 この作品のジャンルをいまだにつかみかねる。どうやらコメディではないというのはわかったが、学園恋愛モノなのか何なのかはまだわからない。
 どうして薬屋くんはあんなに必死なのかとか、詩歌はなぜ大助にホイホイついて行ってしまったのかとか、よくわかんね。あの家のホコリ具合から見ると、詩歌はかなりの間家から離れていたみたいだ。なんか、家族や周囲からかなり疎まれていたようだし、思い出が全部暗いな。唯一、詩歌にやさしかったお姉ちゃんも行方不明って、重いなぁ。

ムシウタ #1 夢ノ始マリ<新>

 うーん、なんか設定深そうなんだけれど、語られるのは先かな。主人公の薬屋くんの性格とかもまだ見えてこないので、とりあえずは4年前にあったことと舞台についてしかわからん。虫バトルもの?