ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#52 この瞬間のために<終>

 長い長い旅の終わり、まさに求めていた瞬間がついに訪れた。ポルフィとミーナが別れて約3クール、サブタイトルじゃないけれど本当にこの瞬間のために見続けてきたようなものです。なんと振り返るとわずか1年にも満たない話だったそうで、こんな子どもがなんとも濃密な旅を過ごしてきたものかと……。

総評

 多くの物を失ったポルフィの姿を追いかけていくために全体的に重たい雰囲気だったが、要所要所でポルフィを助けてくれる人たちにこちらも助けられた気分。一番ショックだったのは地震(#12 運命の日#13 失ったもの残ったもの)よりミーナのレイプ未遂(#46 パリのめぐり逢い)だったな。親子で見てたら空気凍ること間違いなし。

#51 願い

 ポルフィとザイミスが足りないところを補い合って、ついに撮影所に忍び込む。門番はうるさかったけれど、入ってみるとトントン拍子でアニーまでつながってあっさりローズの嘘が明らかになってしまって、もうちょっと溜めがあってもよかったかな。
 思わずミーナのことで嘘をついた時点でローズの気持ちは見えているんだけれど、気付かないポルフィの若さよ。

#49 ランデブー

 ポルフィとローズのデート。やっぱりポルフィは子供なので全体的には幼稚なデートなんだが、ローズの昔の男が現れたときの対応は見せてくれるものがあった。旅の経験は確実にポルフィを成長させているよ。
 いよいよミーナ→ティファニー→ローズ→ポルフィという形で線はつながった。ただ、ティファニーはローズを友人だと思っていても、ローズはティファニーを恨んでいるからうまくつながらないかもしれん。ここまで来て……。

#48 夢のかけら

 たぶん親友同士だっただろうローズとティファニーに何があったんだろう。ティファニーが大女優として成功をおさめる一方で、ローズは演劇の道を諦めて水商売(だよね?)。二人が仲直りすればミーナとポルフィも自然に会えるのだけれど。

#47 新しい扉

 イザベラとの別れはショックだったみたいだけれど、若いミーナに映画業界は目新しいことだらけで、きっとすぐに慣れる。ポルフィとミーナはまたもニアミス。惜しい、実に惜しい。

#46 パリのめぐり逢い

 わずか20秒ほどとはいえ、カルロスによるミーナのレイプ未遂(だよなぁ)は鬱になるわ。もともと自分の娘でもなく、イザベラを独占しているミーナを疎ましく思っているから銀時計も平気で売り飛ばせたんだろうけれど、ついに手を出すか。ミーナを大事に想っているイザベラは、ティファニーとのこのタイミングでの出会いは運命的なモノを感じたのではないかな。ミーナは気付かなかったみたいだけれど、イザベラさんのはお別れの言葉だよ。

#45 路地裏に咲く薔薇

 パリでの居場所を見つけたポルフィ。住まいを提供してくれたローズはいい人だが、ギリシャ料理店のクサロプーロさんはポルフィを労働力としてしか見ていないなぁ。人のいいタイプではなく、金で割り切るタイプだからポルフィとはそりが合わなさそう。

#44 勇気をあげる

 行き倒れ寸前だったポルフィを助けてくれたのはアレッシアでした。以前に出会ったのはまだギリシャで家族が揃っていたころの#06 イタリアから来た少女だから、1年ぐらいは経っている気がする。偶然の幸運というやつだろうか。ちょうどパリに行く途中だったみたいなので、ちょうどパリまで運んでもらえたのはさらなる幸運。
 これでパリにすでにいるか、やがて来るであろうミーナを探し出すだけ…なんだけれど、パリって広いぞ。

#43 友よ

 さらばアポロ。ミーナを追うポルフィギリシャから父の形見の道具とアポロだけを伴って出てきたけれど、#42 奪われた愛で道具は盗まれてしまい、残ったのはアポロだけだったというのに…。本当にこれまで何度も何度もくじけそうだったポルフィが旅を続けてこられたのは周りの人々の支え、そしてアポロが一緒にいてくれたからだよな。
 ポルフィみたいな何も持っていない子供を縄張り荒らしと勘違いして銃を突きつけるとか、ひどい人はとにかくひどい。
 アポロが死んだことを直感したミーナはやっと記憶が戻った。パリまではあと少しだが。

#42 奪われた愛

 車を盗もうとしたマリアンヌの境遇に同情して一緒に逃げる形になったポルフィだが、もしマリアンヌが機転を利かせてあの捕まり方をしなければ、ポルフィが車を盗んだ共犯にされるところだぞ。
 しかし、その騒動の間隙を縫って工場の金とポルフィの工具を持ち逃げしたクロードは最低ですな。そんな性根だからろくな仕事ができないんじゃないのか。これでポルフィにはアポロ以外に何もなくなってしまった…。
 また次回予告が不穏だ。次はアポロですか?

#41 南フランスの家族

 サミュエルさんはいい人だったみたいで、ちゃんとポルフィを泊めてくれた上にごはんまでごちそうしてくれた。だが、基本的に貧しくポルフィ一人増えるだけでも見えない負担が増えているみたいで、いたたまれなくなったのかあの図々しいポルフィはすぐに旅立つことを決める。父子4人でつつましく暮らしているのに、長居はできないよな。
 そして、天然で結婚詐欺を防ぐポルフィ。何にでも首を突っ込むと火傷するぞと思うのだが、今回のはいい方向に働いた。で、フェリーの行き先がわからないのにまた乗ってしまったのね。

#40 国境を目指して

 まだまだフランスを目指すポルフィ。芸術家を目指すミケーレと出会うが、家族を大事にしないミケーレの言動にポルフィは怒って出て行ってしまう。ただで泊めてもらってるんだから、ついでに収穫を手伝っていけばよかったのに。
 そしてフランスから来ていた行商人のトラックにうまく乗り込んで国境越えを果たすが、雪に気を取られてトラックを降りた際に見つかってしまう。国境の検問所で見つからなかっただけありがたいが、一歩間違ったら密入国の罪で二人とも捕まるところだぞ。

#38 風に散る

 イタリア最後の町でこの仕打ち…!のみの市でうっとうしいガキにつきまとわれて商売もできないってんじゃ腹立つ気持ちはわかるが、写真を破り捨てなくたっていいじゃないか。これでポルフィはミーナ探しに一段と苦労することになるな。
 ミーナの方は時計を売られたからといってイザベラたちと離れて行動するわけにもいかないし、ついていくしかないんだろうな。果たしてあの銀時計はイザベラが買い戻してくれたのか、それともどこかの知らない人が買ってしまったのか。わざわざ壊れた時計を高値で買う物好きはいないと思うんだけれど。
 次にミーナたちがフランスに向かいそうだと知ったポルフィは、親切にしてくれたエミリアさんのもとを辞して北へ。イタリアのどこにいるのか知らないけれど、リグリア海沿いにニースとかへ向かってフランスに入るのが楽そうに見えるけれど、また山越えになりそう…。