ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 【R18+版】(2013)

 @梅田ブルク7 シアター1。映画の日で1000円のおかげか、それともR18+が気になったのか、満席。
 シールケレイプならぬキャスカレイプ。原作既読で展開を知っていても、再起不能のグリフィスの姿には心が痛いし、蝕での鷹の団全滅には心折れるし、フェムトによる凌辱はあるし……。R18+になってでも作ったということはまったく妥協していないということ。展開ごとに軽く感想を書いていくと、
 開始:わはー、R15とR18ってどう違うんだろー?
 鷹の団をバーキラカが襲撃:戦闘シーンのクオリティがどんどん上がってきている気がする!ただ、相変わらず作画シーンとCGモデル動かしているシーンの差は大きい。これは作画クオリティが高すぎるせいで目立つのだと思うので、きっと贅沢な悩み。
 ガッツ×キャスカ:R18+指定の理由は「セクシャル表現」なので、たぶん原因の1つはここ。乳首描いたらいまR指定になるような感じはしているけど(少なくともテレビ放送で出すのは難しい)、陰毛も規制厳しいのだろうか。それよりも、性器こそ描かれてないけど完全にセックスしてると分かるからアウトなのか。そりゃするさ!原作よりキャスカがエロ可愛かった。
 グリフィス救出行:ここは唯一のストーリー改変ポイントで、バーキラカとの2戦目は削除。ただ、この2戦目、かつて鉱山で働いていたピピンが粉塵爆発を用いて一行の危機を救う活躍シーンだったのだが……。ピピンは蝕での活躍もそれほど目立つ方ではないので(珍しくしゃべるけど)、ここは残して欲しかった。
 絶望する鷹の団:もはや再起不能のグリフィスを見ているのが辛い。グリフィスがキャスカを押し倒すシーン、キャスカが嫌がったのは、どう見てもグリフィスに犯す意志が見えた=勃起していたからだよな、あの描き方だと。でも、手足の腱を切って全身の皮を剥ぎ、切り取った舌はお守りにしていたほどの変態拷問官が、グリフィスのちんこ見逃すとは思えないことに気づいて、ちょっと悶々としている。
 グリフィスは以前はキャスカのこと、まったく女として相手にしてなかったのに、ガッツが抱いて女っぽくなったんでしょうかね。
 蝕:ガッツがグリフィスに触れたところから不思議空間へ突入。この時点で絶望感は相当なモノなのだが、「捧げる」からの化け物の群れはもうほんと勘弁してください。劇場のすべての客が息をのんでただただスクリーンを見つめていたのを感じた。咳払いも聞こえなかった。最後にはフェムトに転生したグリフィスによるキャスカ凌辱があるわけですが、そのエロさはR18+に納得。前戯から描写してるんだもん、ただの触手モノのアダルトアニメですよこれ。もう、とにかくエロい。と同時に、特に年齢制限もなくあれだけやっていた剣風伝奇ベルセルクってすごかったんだなという驚きもある。髑髏の騎士vsゾッドで、それまでは落ち着いた声だった髑髏の騎士が完全に征服王イスカンダルになっていて、この人が勝つと確信した。
 蝕後:テレビ版では蝕の後は一気にガッツの旅立ちシーンに飛ばされた(と同時に第1話の冒頭にも繋がっていたはず)と記憶しているが、こちらは「黄金時代篇」以降の映像化もありそうなので、白痴化したキャスカやら、不用意に外に出たガッツが闇の者に襲われたりして、ちょっと間延び感。でも、最後にドラゴン殺しを背負い、黒い鎧を身につけた隻眼のガッツが歩いてくるところで締めたのは、最高に格好良かった。
 きっと続きを作ると思うが、たぶんそのときは少し巻戻って、ドラゴン殺しのあたりの話もやるだろう。すでにオープニングにファルネーゼセルピコ、シールケがいるから、そこまではやってくれないとね。いつスクリーンにシールケレイプが来ますか?冗談はともかく、スタッフのベルセルク愛というか、「規制されるからやめとこう」なんて考えずにやれることはやるという意志を感じるので、ぜひ続きも頑張って欲しい。

黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略 (2012)

 @梅田ブルク7 シアター1 1作目感想→黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵 (2011)
 キャストのオリジナルトークショー付きの先行上映イベントに行ってきた。ブルク7の入っているイーマビルとベルセルクとのコラボ企画をやっているらしく、イベント前にはビル1階かなんかでキャストが見所を語るイベントをやっていたそうだ。劇場では「Berserk in the Dark」と称して、劇場の照明を落としてキャスト3人がそれぞれの役を語るみたいなイベントを実施。これはこれで雰囲気がある。
 鷹の団はミッドランドの中で大きな存在になり、ドルドレイ攻略に成功したことでとうとう傭兵団から王国直属の騎士団に。さらに千人隊長たちは貴族位を与えられるが、ガッツが団を抜けることを決めてグリフィスとの一騎打ちに勝って出て行き、失意のグリフィスがシャルロット王女の部屋に忍び込んで一発ヤって、バレて拷問官に引き渡される、というところまで。
 漫画で読んでいたときはそこまで気にならなかったけれど、ドルドレイのゲノン総督のアホっぷりが尋常ではない……。こうでなければ勝てなかったけれどさ。このあたりではボスコーンを倒す武器とか、アドンの扱いとか、微妙に変わっていたが、概ね原作通り。
 むしろ、グリフィスとシャルロット王女のセックス描写が原作よりもパワーアップ。グリフィスがねっとり責めるし、王女(CV:豊崎愛生)が嬌声あげるし、映画館のスクリーンで見るのはさすがに恥ずかしいですアレは。コレは、次回のガッツ×キャスカ、そして蝕での凌辱にも期待して良いんですね?「剣風伝奇ベルセルク」もたいがいエロかったけど。
 ただ褒めるのはこのへんぐらいで、いわゆる2Dと3Dの融合がPS2レベルというかー……特にキャスカで顕著なのだが、アニメーターが描いたキャスカはかわいいけれど、モデルに顔を合わせたキャスカはぜんぜんかわいくない。蝕がコレで描かれるんだとすると、しんどいなぁ……。
 舞踏会のシーンでちらっとファルネーゼセルピコが出ていたほか、団を抜けて旅に出たガッツと鳥かごに入れられたパックがすれ違うシーンがあって、黄金時代篇の先へのフリに。……やるんかな?

黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵 (2012)

 @なんばパークスシネマ シアター2
 ベルセルク待望の映画化……待望なのかな?映像化は深夜アニメ黎明期に「剣風伝奇ベルセルク」で蝕までやっているので、今回のこの「黄金時代篇」も同じところまでやるっぽく、比較することになりそう。もちろん時間が流れているのでキャストは全入替。ガッツは仮面ライダーバース(伊達さん)の岩永洋昭、グリフィスは櫻井孝宏、キャスカは行成とあ……誰だろう?
 ストーリーはガッツが鷹の団に出会うところから、グリフィスとシャルロット王女の談話(真の友について)の夜まで。原作の1巻〜3巻、蝕より後の話の部分(黒い剣士篇)をカットして、鷹の団のみに集中。混乱が起きなくてよかったと思うが、序盤が駆け足になって、ガッツがガンビーノに裏切られて云々がちょっと薄かったかなぁと思わなくもないが、尺的に限界か。
 制作手法はキャラクターが多いだけにCGIに頼った部分も多かったが、コレがちょっとな……。滑らかさが足りないというかなんというか。