ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 ビビッドレッド・オペレーション<終>

 最後はあかね→れいへのドッキングで「ビビッドレッド・オペレーション」!世界が滅びそうだがそうはさせない、これが友情パワーだ!!!!
 カラスが暴走しただけだったので、創造主様はれいの世界を元通りにしてくれた上に帰りのどこでもドアも出してくれて、一件落着。……お、おう。
 ストライクウィッチーズがウケた理由の1つに「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」の新しさはあったと思う。もちろんエロ狙いの作品は多々あっても、こういう方向の開き直りはなかなか。ビビッドレッド・オペレーションは、完全にその後追いにしか見えず、ドッキングというオリジナル要素も作中で効果的に使えていたという印象もなく、自分としては「二番煎じ」以上の評価はない。登場したメカも、戦闘機やら空母やら護衛艦やら、実在のものを出してるけれど、「実在のものが出てますね」レベル。そこで称賛されようと思ったら「ガールズ&パンツァー」ぐらい作り込まないとダメなんじゃないですかね。

#11 つたえたい想い

 れいちゃん救出作戦はあとわずかのところでカラスがラスボス化したので失敗。実は、アローンによる襲撃&れいとの交流は「あのお方」が人類の力を測るために行っていたテストだった……って、後枠の「絶園のテンペスト」とかなりネタ被ってるなあ。しかも、「絶園のテンペスト」と比べてしまうとビビパンはペラい。制作陣がどういう思いで作ったかはしらないが、伝わってくるコンセプトは「ストライクウィッチーズ」の二匹目のドジョウとしての戦うかわいい女の子、無駄にエロい構図&カットで「ブヒれるでしょ?」という感じなので……。

#10 光と影と

 れいがあかねの家にお泊まりしたりして親交を深めたところで、実はアローンを強化していたのはれいでした&いつも戦っていたのはあかねたちでしたーとネタばらし。ドッキリとしては「大成功!」だが、友情にひびが入るってレベルじゃねーな。

#09 晴れときどきふわふわ

 わかば×ひまわり回。1クールの間に脇役同士の交流回を入れるのって大胆ね。ただ、ひまわりがわかばのくれた髪留めをこんなに大事にしているとは思わなかったので「あっ…ふーん(察し)」てな感じでしたが。どうせ1クールしかないんだから、中の人も百合スキーなあかねハーレムでいいじゃん(いいじゃん)

#08 今日よりも鮮やかに

 一色あかね、死亡確認!
 もう完全にあかねが死んだノリで弔い合戦にしか見えなかったが、あかねがいないとドッキングできないのでいろいろ大変でしたね。そして、れいはあかねたちの正体には気付いていないと。これめんどくさいことになるヤツや。

#07 ゆずれない願い

 (お、レイアースか?)からのワイワイキャッキャ、そしてあかね撃墜と、いろいろ詰め込まれた回だった。
 あおい、わかば、ひまわりから三波にわたる勧誘攻撃を受けて結局あかね宅についてきたれいが冷蔵庫に入っていた一色博士の抜け殻を発見、昏倒させられるとかなんだか和気藹々としたムードだったのに、トマトからトラウマ復活、アローン強化が結果的にあかね撃墜につながるという悲劇的展開へ。ラストのれいの反応は見られなかったものの、仲良くしてくれた友達を傷つけたことにどう反応するかというアレですね。

#06 健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話

 サブタイトルの通りだよ!学校行事ということでキーを回収されていて変身できない4人とれいが、一色博士の企みに巻き込まれててんやわんやの水着回スクール水着テントの中身がギップル魔法陣グルグル状態ってのは読めてたけれど、そうだよなあ、水着だとパンツすらはいてないよなあ……。これは立体化されること間違いなし。しかし、あかねの照れが思ったより少ないんですが、あんな格好で普段戦ってるから羞恥心がどこかにいってるのではないかと心配になります。女の子同士だからOKかなぁ。

#05 もう一つの鍵

 れいちゃん回。ただの孤高の戦士ではなく、アローンを使って次元エンジンの破壊を企む側だったんですねぇ。しかも、本人はこの世界の人間ではなくすでに滅びた世界から来ていて、アローンのことも好きでやっているわけじゃない、と。あかねによる救済しかないやんけ!
 あかねがれいの正体を知らないのは当然だが、れいの側でもあかねたち4人がアローンを倒してることは知らないんだっけ。正体バレから完全対立する可能性を秘めているが、あかねなられいを助けるために動いてくれるはず。滅びた世界は一色博士がなんとか……できるかなぁ……。

#04 約束

 次はひまわりちゃんだ!ドッキング!!プリキュアのような4クールものなら個別変身で1話、ドッキングはまた別の機会に1話なのだが、サクサクですよ。ひまわりちゃんがハッカーっ子だというのはわかっていたが、まさかファンネル……というかケルディムガンダムのGNシールドビットだとは。これで砲戦に関してはビビッドイエローにお任せ。あおいちゃんがちゅっちゅするだけのタンク要員にならないことを願っています。
 野球シーンでの、あかねがバットを逆手で持ってホームランというのは、逆手を指摘されつつも打った孫悟飯へのオマージュですかね。運動神経抜群とのことだし。

#03 本当の強さ

 正体を知られちゃった!よし、ドッキングだ!超高速展開。
 この1クールっぽい早い展開、イイネ。ビビッドブルーはハンマーだったが、わかばが剣道少女なこともあってビビッドグリーンはソード。こちらの方がなにかと使えそうじゃないですか?あおいちゃんはおでこにキスするのをためらったのに、何のためらいもなかったりして、さすがは歳納京子やで。
 次回でひまわりちゃんも出てきて、メンツ勢揃い。ハッカーらしいので、電子戦なんですかねえ。

#02 かさなり合う瞬間(とき)

           |`ゝ
 ドッキング    _//´
       / :;/'
     _/@,;)ゞ
  _/;@/ ̄
  /",:;ン   にぼし
__/,/
`V 

 だって、ドッキングするとかいうから……。リリカルなのはリインフォースIIを使ったユニゾン、あるいは仮面ライダー電王みたいな感じで、相手の意識も残っているっぽい。今後もあかねがほかの女の子と次々ドッキングしていくという話ですね?茶化してビビッドモモとかやってたけど、そのうちビビッドピンクが出てきても何ら不思議ではないし、逆にれいにドッキングされてビビッドレッドなんてのも十分予想できる。
 絵作りを除くとストパンな感じはほぼなくなったものの、ハンマーが出てきて一気になのはに振り切れたなと。主人公の武器がブーメランってのはいいよね。お!シャングリ・ラゥー!

#01 ファーストオペレーション

 はい、ビビパンです。相変わらず高村監督はミリタリー趣味が強めでいらっしゃるので「現代版ストパンです」の一言で説明できてしまう気がする。ストパンの場合は史実のパイロットをモデルにしたキャラクターだったのが、オリジナルキャラクターになったぐらいのもので。敵も黒いボディに赤い光で、それネウロイですよね状態だし。
 意外だったのは、カワウソのウソくんがおじいちゃんの意識が乗り移ったもの、つまり声:てらそままさきってことだな。マスコットだけどマスコットじゃない!まだネギまのカモくんの方がかわいいレベル。俺のCVにお前が泣いた!