ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#24 軍人・平民・貴族<終>

 舞踏会編に幕。ホースト侯爵が明らかに銀の車輪だし、なぜかレオニールがもう一人いたりで全く謎は解決しないどころか見通しさえ立ってない。でも第2期は絶対に無理だ。この舞踏会編より盛り上がる話が作れないもの(これは原作の都合だが)。
 OPの「のおおおおおん」とEDの絶倫ファイヤーの印象は強かったが、本編はしびんとかの小ネタにばかり目がいってしまった。

#23 そして甘い罠

 のーん、また感想吹っ飛んだよ。
 アランの領域vs.三課ゾーン。だまされてはいけないぞ平民、これはあくまで貴族同士の戦いよ、平民と貴族の戦いを代わりにやっているわけではないぞ。
 一課は相変わらず悪いことやっとるなぁ。

#21 木偶と偶像

 要するに決闘が始まったという話なのだが、みんながいろいろと喋りまくるものだから何がなんだかさっぱりわからん。レオニールはわざと平民の考えを理解しないまとめ方をしたらしいことはわかった。ここはしゃべりで説明してしまったアニメより、文字で見せるマンガの方がわかりやすかったかな。あと、せっかくの凛々しい少佐のお顔が…。

#20 演者入場

 オーランド伍長がアリス少尉に抱いている感情は恋愛とか仲間意識ではなくアガペー(神への愛)に近いぞ。だから、「すごい…」は笑えるところでありながら笑えない。ドレスを着たアリスはまさにオーランドにとって女神に見えたからだ、と思えて仕方がないのだが…。
 はやく誰かレオニールをぶっ倒してください、歯の根が浮くわ。

#19 甘い罠

 シュルツくん、情けないけれどちゃんとアリスのこと見ているんだな。旅立ちは格好良かったですよね。レオニールが明らかに悪役だとわかっているのもあるが、その言動の胡散臭さと比べてしまう。
 伍長はみんなに優しく接しているのに、悪意はそれを上回ってくる。軍は一緒くたに敵なんだな。

#18 小さな戦力

 水道局の重い話が続いたのでステッキン主導の軽いお話。オレルドは自分上手。マーチスは帝国一の一人上手。ステッキン、ひどいよ…。
 アリスが結婚ってことは次は舞踏会編で、話からするとそこで終わっちゃうんじゃないか?
 EDがパンプキン音頭。しーざーず。

#17 なお救われぬ闇たち

 ハンスってまだ19歳だったんだな。クレイモア1が問答無用にハンスを射殺したが、もし助かっていたとしてもきっとカウプランはサンプルとしてしか見なかっただろう。

#16 斬り裂きし者

 ミヨン局長、そもそも武力で推薦してもらおうという考えが浅はかだよ。
 クレイモア1対パンプキン・シザーズ。少佐の身の丈より大きな双剣は燃えるな。あれを振り回すことはそう簡単にはできないはず。

#15 迷走する選択

 イカすナオンじゃねーか、オレっちも混ぜな! 難民を働かせるためにわざわざ憎まれ役を買って出るオレルドとマーチスかっこいいよ。
 "銀の車輪"がすべての黒幕なのか?

#14 焔、いまだ消えず

 パンプキン・シザーズ、水道局から金を吸い上げるの巻。久々のアリス少尉の首のうずきは、ハンスとの接触。焼き殺す描写がきっつい。何だよ、焼かれるって…。

#13 粗野にして美味

 マーチスとお姫様の物語。普段は陸情3課の脇役でしかないマーチスだけにセッティエーム姫に振り回されまくり。お忍びといいつつ隠れる気はゼロだ。

#12 見えざる痛み

 軍憎しのために、誰が味方で誰か敵だが見えていない。そこに金が絡めばもはや正常な選択ができるわけがないよな。貧乏は敵だ。
 インビジブルナインについて知りすぎた新聞記者ドルトン死亡。自分がどこに踏み込もうとしていたのか、何を動かそうとしていたのか彼は気付いていたのだろうか。

#11 静かなる胎動

 オーランドが本来存在しないはずの"ドアノッカー"所持者であることを新聞記者がかぎつけた。まずいよなぁ、一面に載ってしまうと。間違いなくドルトン死ぬぞ。
 少佐をさらったはいいが説得に失敗、結局姉たちのことで脅してみたりという目的さえ達成できれば手段などどうでもいいという考えって何にもなりませんよ。軍の内側に入って中から変えてみるとか…?