ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#48 ドキドキ全開!プリキュアVSキングジコチュー!

 レジーナを覚醒させたマナが、今度はキングジコチューの中に残されたトランプ王に呼びかける。1時間セットで前後編まとめて放送してくれないか。それぐらいに熱い展開なのだ。

映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス(2013)

 @梅田ブルク7 スクリーン6
 「怖い!怖い!」と泣き叫んで、親に連れられ強制退場の子どもあり。「思い出の中に閉じ込められ、仲間のことすら忘れそうになる」という、見た目ボコボコにされているわけじゃないけれど精神的に強い負荷の掛かる攻撃を食らっているから、その雰囲気を感じ取ってしまったんだろうなあ。わかる。

#20 クリスタルの導き!王女様のもとへ!

 たとえレジーナが裏切ってクリスタルを奪い取っていっても、それでも一度友達になったからと信じ続けるマナには、歴代プリキュアピンク髪の系譜を感じるなぁと思ったけど、ピンク髪で慈愛キャラはキュアハッピーキュアドリームだけかもしれない。

#18 出現!さいごのロイヤルクリスタル!

 王女の婚約者だとわかったことでプリキュア陣営にさらっと馴染んでいるお兄さん。これで実はピエーロ様的なアレだったりしたらすごいけど、アイちゃんがなついてるから、きっとすごく心までホワイトな人なんだろう。プリキュアでは「憧れのお兄さん」ポジションキャラは藤P以来の伝統だけど、やっぱり同年代のライバルも欲しいなぁって思うところで。

#17 ショック!奪われたクリスタル!

 レジーナのマナへのアタックは続くが、ロイヤルクリスタルを手にした瞬間、豹変。目の色も青から赤に変わって、いかにもキングジコチューの娘らしい振る舞いになったのはスイッチが入ったのがわかりやすかった。……彼女は最終的にイース様みたいな感じで善落ちするんですか?赤いロイヤルクリスタル持って行っちゃったけど、あのパワーでプリキュア化しちゃう、みたいな。
 あやしげな存在だったジョーさんは、実は王女の婚約者だったそうです。それは隠さなくてもよい情報だったのでは。

#16 レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!

 レジーナがマナに興味を持って接近してきて、マナもレジーナのことを受け入れてしまって六花がまたイライラさせられる展開。たとえ敵だったとしても、仲良くしたいと言ってくるものを排除するヒーローでは困るけれどねー。

#15 大いそがし!真琴のアイドルな日々!

 アイドルとして活躍するまこぴーは大女優おおとり環と共演するが、仕事以外のこと=王女様探しに気を取られていることを指摘されてしまう。まったく、すべて仰るとおりなので言い訳できないよねー。
 レジーナは3幹部とは違って、自己中心的な思いを膨らませてジコチュー化させるのではなく強制ジコチュー発動ができるようなので、最悪、マナからでもジコチュー出せそうですな。

#14 夢か約束か!六花おおいに悩む!

 母のような医者を目指す六花が出会った「かるた」。両取りでいいんじゃないかと思うけれど、それをスパーンと決められれば苦労しないっつー話ですか。

#13 ついに発見!?王女様の手がかり!

 財閥お嬢様対決で、ありすを動揺させてキレさせるための奸計の数々がひどいのだが、すでにありすはそういった些事には心を乱されない境地に至っているのだ。いやー、友人が泥水かけられてるのはキレていいと思うんだけどね……。
 あとはレジーナ様登場、かなりウザげなキャラなのに六花たちのスルースキルが高すぎて。

#12 マナの決意!あたし弟子をとります!

 行動力ありすぎで弟子がついて行けないマナ。「ついて行けるのは私だけ」と六花がふんぞり返りそうな話ですな。

#11 めざめよ!プリキュアの新たなる力!

 新武器登場、キュアソードさんが「ソード」だと言い張ってますけれども、それはどう考えてもボウガン。矢といえばキュアビューティことれいかさんが弓道で、個別技の強化版が「ビューティブリザード・アロー」だったり、キュアアクアの個別技が「プリキュアサファイアアロー」だったりして、ぼちぼち出てきているのにアイテムとしては初なのかな。それより、キュアバトンとか作って、10年越しの在庫処分とかどうすかね。
 ベールが携帯電話化してソードを挟んでバイブレーション攻撃したときにGIF化される確信があった。スタッフ、これはさすがにわかっててやってるよね?

#10 転校生は、国民的スーパーアイドル!!

 真琴がマナたちの学校に転入してきて大騒ぎ。さすがに中学校にまでカメラマンが殺到するのはいかがなものか。

#09 ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!

 中学生だと学校に赤ちゃんを連れてきたところで「親戚の子を預かってるのかな?」と誤解されるだけで済むからいいよね。高校生や大学生になるとそうはいかない。
 ところでこのきゅぴらっぱー、後半で「我が名はインフィニティ……」とか言い出しませんか。イメージが被ります。

#08 きゅぴらっぱ〜!ふしぎ赤ちゃん誕生!!

 謎の卵から生まれた赤ちゃんになつかれ、それを自然に受け入れて面倒を見るマナ。刷り込みってやつですね。赤ん坊というのは誰が見ても思わず無警戒になってしまう空気を持っているので、マナたちが世話を焼きたくなるのはわかるんだけれど、その子は「親戚の子」とかではなく、いま目の前で卵から生まれましたよね。人間は卵生じゃないのにおかしくないかとか、ラビーズ持っていてどう見てもトランプ王国関係者だとか、疑問に思わないとアカンのじゃないですか。
 「優等生揃いのプリキュア」的なアオリはなんだったのかと嘆くほどに、マナのポンコツっぷりは従来の生徒会長キャラたちと一線を画していると思う。第2話感想第5話感想でも同じ感想を抱いているので、もうこれはそういうことだろう。どこかポンコツじゃないと感情移入できないしね。

#07 ギリギリの戦い!さらば、プリキュア!!

 最終回っぽいサブタイトルだけど見ているこっちはギリギリ感ないんだよなあ。トランプ王国人はキュアソードがそうであるようにみんな人間型っぽい。妖精たちでいうとダビィだけが人間形態を取ることができるが、従来プリキュアの妖精ではプリキュア5の妖精たちが人間形態を取っていた以外はみんなそのままの姿だったので、いろんな種別があるのかなぁ。オールスターズはそういうのあまり解決しないからな。