ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

スマイルプリキュア! #48 光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!

 プリキュア・ウルトラロイヤルレインボーバーストもピエーロには通じず、プリキュアは変身が解除されてしまう。最後のミラクルジュエルの力を使えば再変身できるが、メルヘンランドとの繋がりは断たれる。それでも「つらくても前に進む」と、みゆきたちは再びウルトラプリキュアに変身しピエーロを倒す。
 キャンディがもう一度みゆきたちに会いたいと願い続けたら扉が開いて再会できてみんなウルトラハッピー、というエンドは、しっかりと別れの覚悟が描かれていただけに蛇足感はあるものの、ウルトラハッピーではあるので文句はつけられない。
 「妖精が意外と強い」のは、すでに「Yes!プリキュア5GoGo!」でミルクがミルキィローズに変身しているので今さらの話だが、本作のキャンディのメンタル面の成長と、ポップのマルチな才能はなかなかのもの。オールスターズ系でロイヤルキャンディが本気を出せば鼓舞効果高そう。女王だし。

スマイルプリキュア! #47 最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!

 ついに悪の皇帝ピエーロが完全復活。一方、揃ったキュアデコルをデコルデコールに入れると次の女王であるロイヤルキャンディが登場。いよいよ最後の戦いが始まる。ピエーロが生み出した絶望の巨人たちは倒しても倒しても消えず、ついにロイヤルクイーンの残した「プリキュアの本」が絶望に染められ、プリキュア5人は絶望に倒れるが、キャンディの必死の願いを受けてウルトラプリキュアとして復活。一方、ピエーロは絶望の巨人を吸収して地球より大きな暗闇と化す。
 #32で、みゆきまでも「なまけ玉」に囚われてしまったときにピンチを救ってくれたのもキャンディ。普段は守られることの多いマスコットだが、そのプリキュアの背中を見てきたからこそ戦えるわけです。熱い。

スマイルプリキュア! #46 最悪の結末!? バッドエンドプリキュア!!

 バッドエンドプリキュアに押されるプリキュアだったが、それぞれに最後の力を振り絞って勝利を収める。その姿に驚愕するジョーカーだったが、帝王ピエーロがついに復活し、その一部となることを喜びながら溶けて消えていった。
 残り3話しかないのでバッドエンドプリキュアが粘れる感じはしなかったが、それぞれにオリジナルと同じような必殺技を持っているので、戦いようによってはもっとプリキュアを追い詰められたはず。むしろ、3幹部より強い可能性すら秘めていたな……。

スマイルプリキュア! #45 終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!

 いよいよピエーロ復活に向け、3幹部に最後の黒っ鼻を渡すジョーカー。命を縮めるとわかった上で、黒っ鼻を使って挑んでくる3幹部に追い詰められるプリキュア。「プリキュアレインボーバースト」を放つも、3幹部の「バッドエンドバースト」で吹っ飛ばされてしまう。3幹部は絵本の中で悪者として扱われていることからバッドエンドを広めようとしていた。それを知ったキュアハッピーが3幹部を説得し、もとの妖精・ウルルン、オニニン、マジョリンに戻す。しかし、ジョーカーは3幹部から抜けた悪の心をデコルと合体させ、バッドエンドプリキュアを生み出した。
 以前から、ちょっとわかり合えそうな感じがしていた3幹部、とうとう浄化される。今回のバトルもまたとてもいいものでした。

スマイルプリキュア! #44 笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!!

 みゆきが今のようにウルトラハッピーになったのは、おばあちゃんと暮らしていたころ「鏡の妖精」に出会って、笑顔にしていないとハッピーが逃げていくと感じていたから。サニーに敗北して完全に後がなくなったウルフルンは「プリキュア・ハッピーシャワーシャイニング」でまたも敗れる。
 おばあちゃんの家の近く、なんかいろいろ住みすぎちゃいます?おばあちゃんが先代プリキュアとかいうアレですか?

スマイルプリキュア! #43 れいかの道!私、留学します!!

 1年前、まだ孤高のれいかさんだったころに申し込んだ留学プログラムに通ったという話が持ち上がってきて、別れを嫌がるれいかさんの巻。プリキュアが途中で留学なんてするわけないじゃーん、ってわかって(多少の予防線は張りつつ)安心して見ていたけれど、冷静なれいかさんがあれだけ感情をあらわにするとグッとキュンと来ます。
 プリキュアのメンバーがいなくなるのは御法度だが、親しい人との別れエピソードを盛り込んで欲しいという思いはないでもない。初代でのキリヤは味方転向で済むかと思っていただけにちょっとショックなところもあったので、子供たちにああいう素敵な思い出をだな……。スマプリでは#09でやよいのウソ転校話#36であかねと留学生の交流と「出会いと別れ」やってるけれど、今回の重さはズッシリ。
 ジョーカーの生み出した空間に囚われたれいかは変身も解けてしまったところから自らの意思で再変身を遂げるが、そのときの様子が「無限の氷製」とかいわれてて笑う。

スマイルプリキュア! #42 守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!

 家族をダシに使うとはマジョリーナ汚い、さすがマジョリーナ。ここ3話は3幹部がいよいよ後がない状態で必死に食い下がってくるところなので戦いは厳しいものになってるんだけど、それにしたってマーチの追い詰められ方は尋常ではなかった。薄い本が捗るほどに。
 これでウルフルン、アカオーニ、マジョリーナと3人それぞれの失敗が描かれたが、れいかさんは誰が担当?

スマイルプリキュア! #41 私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!

 ミラクルピースがラブさんに見えた。アカオーニももう後がないのに、ピースの漫画を破り捨てたりはしないんやね。意外と紳士的。しかし、クラスの女の子が描いてくるマンガを楽しみにしているクラスメイト男子という非実在青少年。アニメ見るためにあかねの誘いを断って帰ったこともあるやよいについてくるって、相当なオタクキャラである可能性が。単に、みゆきが描かれているとおりの美少女でモテてんのかもしれませんが。プリキュアは中学生なので、描かれたような爽やかな感じにはなかなかならないんじゃないかということは忘れないといけない。

スマイルプリキュア! #40 熱血!あかねの宝さがし人生!!

 最高の宝というのは仲間なんだよ!うーん、ワンピースももうこのベタオチでいいから、終わりが見えてくれればスッキリするのにね(流れ弾)。
 4クール目、いよいよ3幹部が窮地っぽいです。本当にピエーロ様なんて存在するのか疑問に思いつつ、最後のお当番回ローテーションに突入。冒頭に今さらあかねの自己紹介が入った時点で「何かが違う」と背筋伸びてしまう。しかし、#23以来の濃いめのサニー×ウルフルンですが、実際のところピース×アカオーニに比べるとそこまで印象が強いわけではないのは、ウルフルンとの絡みはハッピーの方が濃いからでしょう。演出的にみゆきがラストなのはわかるが。
 はっきりと描かれたウルフルンにハッピー、アカオーニにピース、マジョリーナにマーチで、2人余って、幹部が足りんのです。

スマイルプリキュア! #39 どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!!

 3クール目ラストで、シンデレラだとストーリーが映画とモロかぶりだよう。みゆきのシンデレラ好きは分かりましたから。
 出てくる順番で王子様役がれいかさんだとわかったけど、ここはサニハピを見たかったという気持ちもあるし、「ウルッフッフ!ガラスの靴を落としたシンデレラを探しに行かずに話をめちゃくちゃにしてやるぜ!」という王子様も……ないか。れいかさんに一筆、「王道」とか書いてもらって「女の子が王子様というのはいけません!」と言って欲しい。いやいや、れいかさんだからこそノリノリともいえる。

スマイルプリキュア! #38 ハッスルなお!プリキュアがコドモニナ〜ル!?

 またもマジョリーナが開発した薬「コドモニナ~ル」をウルフルンとアカオーニのせいで流出。プリキュア5人+キャンディ+ウルフルン+アカオーニが子供化してしまう。唯一影響を受けないマジョリーナが立ちはだかり、必殺技の威力が落ちているプリキュアは困り果てるが、元に戻る薬が偶然かかったことで無事アカンベェ撃退に成功する。
 子だくさんの緑川家の長女らしいなおの仕切り。キャンディの「バブクル」がなんともいえぬおかしみ。
 マジョリーナさん、オトナニナ〜ルとか作らないっすかねえ。

映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! (2012)

 この映画は子どもたちが振るミラクルライト(とかその類のアイテム)があってこそよね。さすがに今日はファミリーばかりでしたけど……だって、今週平日、ブルクでもなんばパークスシネマでもレイトショー設定がないんだもの。ファン層を考えると、ハコは小さくてもいいので、レイトショー1つ欲しい。こればっかり言ってる気がする。
 いろいろな絵本を下敷きにしていて一瞬「月光条例か!」と。事前にキャストを知らないで行って、ニコちゃんの声をプリキュアを絵本世界に連れて行ったあたりで林原めぐみだと気付いた自分を、エンドロール見つつ自画自賛していた。予告編とかTVスポットで気付けよと、はいすみません。なお、魔王(てらそままさき)は対決するまで気付かなかった模様。
 ということで、「ゲストキャラクターの声が!」とかに悩まされることもなく、ウルトラハップーな80分でした。
 で、今度は2013年3月に「プリキュアオールスターズDX New Stage 2」ですか。続編作るのはいいんだけど、2013年2月スタートのプリキュアの人数次第でまた声が減るんだろうなあ。次はフレッシュ勢の声が消えるのか……。

スマイルプリキュア! #37 れいかの悩み!清き心と清き一票!!

 生徒会選挙を前に、3人の怪しげな転校生がやってきて「宿題なし」「授業中にお菓子食べ放題」などとムチャクチャな公約を出し始めた。はじめは会長に立候補する予定のなかったれいかは、これを聞いて学校をよくするために立候補を決めるが、あいさつ運動や学校の清掃を呼びかけるれいかの演説はどうにもウケが悪く……。
 ウルフルン人間体とアカオーニ人間体に気付かないのはしょうがなくても、若マジョリーナとはピエーロ復活の際に戦っているので、気付いてもよかったのではないかという気はする。
 れいかさんが「副」会長だったのはまったくもって忘れていた。そういえば、最初の方のエピソードに会長が出てましたっけね?オールスターズなら、会長経験ありのかれんさんがいるので、青で生徒会が組めそう。

スマイルプリキュア! #36 熱血!?あかねの初恋人生!!

 あかねたちのクラスに交換留学生のブライアンがやってきた。ブライアンと親しくなったあかねだが、見送りには加わらず、そのことをらしくないとみゆきから指摘される。さらにメロドラマで知識を付けたウルフルンの「愛だの恋だのいっても、どうせ別れるだけ」という言葉が刺さる。アカンベェを倒したあと、あかねはブライアンを見送るため空港に向かう。
 プリキュアではわりと避け気味の恋バナだが、ここでかなりストレートなものがぶち込まれた。いやー、みんなの助けを借りつつ空港へ向かう途中、自転車のチェーンが外れたので走り始め、緩んできたヘアゴムを外してなおも走って行くあかねは、シリーズでもベスト3の可愛さである。あと2つは、変身バンクとお好み焼き回やね。

スマイルプリキュア! #35 やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ〜ル!?

 やよい回と見せかけてハッピーロボを動かしたのはれいかさん。マニュアルを一通り読んだだけで動かせたので、きっとニュータイプ。このあたり、熱意はあるけれど動かせないやよい、ロボへの興味が薄く操縦もままならないあかね、同じくロボへの興味は薄いが体育会系なので足踏みだけはできるなお、とそれぞれの個性も見せつつ、うまくまとめていってると思う。単に「マジョリーナが作ったロボ」ではなく「ロボ化する銃」で、しかもプリキュアロボ側ではできない合体もやって、なぜかやよいが大喜びしているというところも面白い。画面対角線を使うキックは絵が映えますね。