ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 はじまり<終>

 これが二人の愛の旅立ちなのだ。会場に入ってきてからの不適な静馬様の笑みがいいのだ。玉青と夜々を除く全員が幸せになれる終わり方だったなぁ。夜々には蕾がずっと居てくれたようだが…べ、別に夜々先輩を心配してるんじゃないんだからねっ!

#25 円舞曲

 私の歌を聞けぇぇぇぇぇ!ってことで光莉の歌で天音様の記憶は無事戻りましたとさ。つか何やってんだあんたら。よるよる、会長、温暖化は一晩前で待ってたんだな。会長いい人だ。あと、温暖化と蜜蜂も元の鞘に収まったようで。これで残るは渚砂周辺だけということになりましたな。ダンス1回でおとなしくするようなエトワール様ではあるまい。

#23 迷路

 玉青とエトワールがアテにならない苦しいときに助けてくれるのは千華留様。でも「エトワール様のことを忘れられそうな気がする」のはウソだね。もはや渚砂は静馬なしでは生きられないのだよ。静馬が渚砂なしでは生きられないのもまた真なり。深雪もそれはわかっているはずなのに、なぜ追いつめるのよー。
 天音様にふりかかる悲劇。いや、それ頭から落ちるのは無理じゃないのかなんてツッコミはなしね。

#22 決闘

 要ぇぇぇぇぇ、おまえら割り込む余地のないガチだと思っていたのに。
 一番天音のことを見ていたのは光莉でも夜々でもなく要だったか。とことん悪役道を落ちていくかと思ったけれど、ここで爽やかに光莉のライバルだったのよ、に転身したな。その代償として桃実に刺されそうよ。
 静馬様と渚砂が元通りになるにはこのエトワール選の結果が絡みそうだのう。千華留のパルペアって結局誰になったのだろう。

#21 花のように

 引きこもりエトワール様が花織からの手紙でようやく過去へケジメをつけた。生きる者が死んだ者に捕らわれることは、死んだ者とて本意ではないだろうしね。
 ずっと一歩引いて静馬を見守ってきた深雪が報われて良かった。深雪の静馬好き好きオーラってかなり強かったと思うけど、静馬は見ないふりしてたのか、甘えていたのか。
 そしてエトワール戦が始まる。

#19 リフレイン

 深雪の語る静馬の過去。
 静馬も昔からガチだったわけではなくて、花織と出会って目覚めてしまったとも考えられるよな。否、もちろん静馬なんだから生まれ落ちた瞬間に天上天下百合我独尊と呟いた可能性はある。
 深雪からすると、ちょいと顔合わせさせてみたら静馬取られちゃった、みたいな感じだったのかなぁ。エトワール選に静馬と花織が出る時には尽力すると言っていて割り切ってるみたいだが、そこんとこはどうなのよ。
 渚砂と花織って全く重なるところないのだが、どのへんに静馬はやられたんだろうな。まああとは渚砂に任せた、ってことで。

#18 愛の嵐

 渚砂、エロワールの奸計にかかる。だが肝心なところでエロワールは花織の幻影を振り払えないのであった。これは渚砂危機一髪助かったなと言うべきか、がんばれエロワールあと一歩じゃないかと言うべきか…。

#17 秘密

 いよいよ渚砂は玉青か静馬かの選択をせねばならなくなってきている様子。もちろん玉青は大事な友人だけど、そこはやはりエトワール様とは出会いから運命づけられてるものがあるからなあ。

#16 舞台裏

 それは狙ってやっているのかエロコンビ。悪役から犯罪者予備軍へ格下げです。デコ牛には泣いたが、ちゃんと出してもらえただけよかったかな。千華留にはビックリだぜ。
 温室で…まあ好きにしてくれ。

#15 ヒロイン

 劇はカルメンカルメン99よ!!
 スピカの二人は会長の目論見(天音をエトワールに)を潰しつつ、自分たちがエトワール選候補になろうとしてるんだっけ。どこの応援すりゃいいのかわからないわー。
 中等部はバカばっかりで、結局は指相撲かよ。渚砂の大根っぷりに何か突っ込んでくださいエトワール様。玉青のリボンが戻ったのでなんかぎくしゃくしないかなと思ったけど、杞憂でした。さすが。

#14 親友以上

 OPED一新。OPはエロ方向へ、EDは可愛い方向へ。でもガチ。
 夜々が光莉にちょっかい出して関係断裂〜修復まで。玉青はそのおかげでまた一緒に寝られて夜々GJてな心境でしょうか。渚砂の隣室・千早と紀子がお互いに知り尽くしたかのようなベタベタ関係なのに、まだまだだねみんな。
 ここんとこちょっとハブられていた蕾が今回は光莉のために色々動き回っていて、そして相変わらずのツンデレっぷりで非常によろしかったです。ええ子やー。無事関係は修復したっぽいが、夜々は天音に宣戦布告したようなもんなので、天音が光莉をどうするのかが焦点になってくるかな。

#13 潮騒

 「あれ?あたしたち今日出番なかったんじゃないの?」と予告で渚砂が言ったとおり、今回は光莉回。渚砂がピアノを触っていて、玉青が声をかけづらそうな1シーンしか出てなかった。
 要と桃実は自分たちがエトワールになるために天音を候補から外したい、そのための妨害をしているんだったっけか。もうなんか、光莉を手に入れるための策を巡らせてるようにしか見えない。なぜ天音を候補から外すために光莉と遠ざけなければならないんだっけ。パルがいないとエトワールになれないとかだったかなあ。もう一度条件を整理して提示して欲しいところ。
 要が光莉に話しかける内容が胡散臭くて笑うしかない。地球温暖化て。夜々も光莉を助けはしたものの、変なこと吹き込まれてるし。そんなものを真に受けてはいけません、いけませんってのに…。渚砂と静馬ですら12話かかったキスをあっさりと。
 いちご舎がずいぶん田舎にあることが明らかに。単線非電化じゃあ、一本電車を逃したら大変だろうね。"町まで出て映画"ってどのぐらい先の町なんだろう。花火が見えたあれが町なら、まあそんなに遠いわけでもなさそうだけど。洞窟で何事も無かったのが(作品的に)不思議でした。

#12 夏時間

 エトワール様、任務完遂。
 みんな渚砂に挨拶しに着てるが、私服を見せつけに来ただけちゃうんかと。渚砂は両親が海外、他の残っている人たちもそんな感じかな。って、渚砂、玉青、エトワール様、深雪だけしか居ないのか、画面にはいないけど他もいるのか。
 玉青、感がかなり鋭い。だが、ここで深雪が渚砂につきっきりならエトワールも手を出せまいという見通しは甘いな。エトワール様がそんなことで挫けるわけないじゃないか。彼女にとって深雪などなんの障壁でもないのだ。
 渚砂と天音は初顔合わせではなかったのだっけな。光莉のくだりで顔会わせたっけ。手を出されかけたと勘違いしたのかエトワール様が嫉妬の炎。ここまで渚砂にご執心とは。
 音も聞こえない距離の花火。"籠の鳥"は自由に羽ばたく渚砂に憧れている、のかね。
 「教えてあげるわ」でついに、と思ったら玉青の呪いが阻止。うむ、さすがの勘というべきか。だがエトワール様はそんなことでは負けないっ。そうか、ここまでずっと未遂だっけか。
 あのエトワール様の服は水に濡れたら重いだろうなぁ。なんで渚砂がエトワール様の部屋でシャワーを浴びなければいかんのだろう。もう脳がとろけてるな渚砂。ここまでエトワールマジックは完璧。ついにガチか! なんとか自力で脱出したが、あれはもうダメだな。深雪は静馬が何かやらかすとは思っていなかったのか。
 玉青、永遠に悔やむ一泊二日になったな。


 今回エトワール様に指摘されたことで王子様話が進む様子。旅は逃げ場が無いぞ光莉っ。