ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#24 理想郷土<終>

 涼子の命令を拒否した美邦の前に、短剣を手にした國子が現れる。涼子はメデューサを使い核の冬を実現させようとするが、メデューサのプログラムは香凜がギリギリのタイミングで書き換えた後だった。涼子も國子の手にした鉾によって貫かれる。そして國子は大ブーメランを手に生体コンピュータを破壊、世界は救われる。
 香凜にはクラリスと張とメデューサの子供が残り、美邦の忌まわしい力と病気はミーコが持っていってしまい、ほとんどの人は生き残ったそうで。「一人一人が笑って過ごせる場所、そここそが私たちのシャングリ・ラ(理想郷)」って、いい言葉で締めくくったけれど、この構成のグダグダ感とかもう少し何とかならなかったかね。みなさんご存知の通り、自分はGONZO作品大好きだけれど、この構成力の無さは擁護できんよ。

#23 崩壊序曲

 涼子は世界を”新たに始める”ためにメデューサを使って世界を滅ぼそうとしていた。美邦を連れてアトラス第0層へと向かう涼子を、単身國子が追う。凪子やタルシャン、Z4たちはそれを見守るしかなかった。
 実は香凜の両親は飛行機事故で亡くなっていたというヒドイ話がここで明らかに。そしてアトラス第0層にあったのは古代の遺跡、卑弥呼のミイラ。なんか、國子が卑弥呼そのもので、美邦はクローンだったとか。どうするんだよこの話。

#22 永遠乃絆

 美邦は剣を揃えて涼子の元へ到達しアトラス後継者となるが、そのためにアトラスに反逆した小夜子と離れることを要求される。美邦は嫌がるが、美邦をアトラス後継者にするために頑張ってきた小夜子は身を投げる。國子はアトラス後継者の地位にはこだわらずゼウスさえ使えればいいというが、ゼウスは國子の操作を拒絶する。涼子こそがゼウスの端末だったのだ……。
 さあムチャクチャになって参りました。はっきり言ってしまうと「え、わけわかんない」。身を投げた小夜子は後から追ってきたモモコが助けてくれたけれど、国仁が母親を人質に取られて一時的に涼子に与するなど、ひどい状況だよ。Z4も一枚岩ではなく、省吾が小夜子の弟だったため涼子に従順な総一郎を裏切ったり。最後まで何がどうなるかわからんなぁ。

#21 聖地消失

 メデューサの尻尾を捕まえる直前にタイタンの攻撃でネオギルド本部は消滅、香凜は部下に連れられて脱出に成功するが、全てを失い茫然自失。そんな香凜を見つけた國子は、責任は自分で取らなければならないと告げ、香凜を秋葉原の三爺のもとへ連れて行く。國子の立てた作戦とは、メデューサ人工衛星イカロスを落とすというものだった。作戦は成功したかに見えたが、メデューサがデータ改竄を行ったため攻撃は失敗。逆に、メデューサは各国の軍事システムに介入を始め、世界に”核の冬”を起こそうとしていた。
 暴走を続けるメデューサにとって、人類を含む全ての生き物は二酸化炭素を排出する害悪。こうなると、もはや人類は一致してメデューサを止めるしかないと思うんだけれど。

#20 連之調音

 暴走を始めたメデューサによって日本経済が破綻し世界大戦が勃発。しかし、マーシャルにあるメデューサを討伐しに向かった国連軍はメデューサの起こした台風によって全滅してしまう。メデューサが南極をヘッドリースしているために炭素経済の崩壊が起こりかねないとクラリスや張から言われた香凜だが、メデューサの優先度1位はメデューサ自身になっているためもはや言うことを聞かない。やむなくメデューサをハッキングすることにしたが、涼子が秋葉原メデューサの本体があるという情報を流したため、空中要塞タイタンは香凜を狙っていた。爆撃が秋葉原を襲い、美邦たちにも危機が訪れる。しかし、命を呈して美邦を守ったのは水蛭子になったミーコだった。ミーコ(水蛭子)はそのまま消滅してしまう。
 国仁と國子は、森林を焼き払ったことでアトラス周辺に龍脈が走っており、その中央にアトラスが建てられたことに気付く。アトラスの固有振動を消すために”超科学”に頼って水蛭子を生みだし、7歳以下の少女たちを人柱にしてきた凪子とタルシャン。こんなの、どう解決するんじゃい。

#19 東京空襲

 東京空襲作戦が始まる。爆弾が使用できないアトラス第8層以外のダイダロスは全て一掃され、國子は自らの手でドゥオモに爆弾を投下する。日本はこれで炭素指数が上昇し、世界一の最貧国に転落していたが、この爆撃情報を事前に仕入れていた香凜は大もうけする。しかし、追い詰めすぎたメデューサは暴走を始めていた。
 涼子も「シャクだけれど面白かったわ」というダイダロス駆除は成功に終わるが、アトラス第8層のダイダロスと暴走を始めたメデューサという二大敵が残ったわけね…。

#18 双頭奇譚

 東京を焼き払うという國子の提案を退けた香凜、その理由は大金が必要なためだった。交渉の結果、國子の持つ剣を譲ることで爆撃機分はサービスすることになるが、香凜はその際にモモコのイヤリングに気がつく。香凜と通じて國子やモモコと対面した美邦はイヤリングが自分のものと同じだと気付く。モモコのイヤリングは凪子からもらったもので、それ以前は國子の母のものだったらしく、國子と美邦が姉妹ではないかという話に。
 國子は、一度は退去させた祖母・凪子の協力を得てアトラス内に入り込み、涼子との会談に挑む。無人のはずの第8層でダイダロスが種を発射させ、内部から攻撃を受ければアトラスとはいえただでは済まないと脅された涼子は、國子のことを「面白い」と評して協力要請を受け入れた。
 ダイダロス駆除に向け、思惑を含みながらも一丸となった國子たち。あくまで一時の共同作戦、果たしてダイダロスが駆除できたときにどうなるか……。

#17 暗夜抗路

 人柱を立てて固有振動を抑えているアトラス、その犠牲者となったのが武彦の妹だった。武彦は唯一自分が知るアトラスランクAAAの國子に銃を向けるが、国仁に阻止される。居場所を失ったと感じた武彦は、國子が止めるのも聞かず濁流に身を投げた。そのころ、香凜は自分のものとした秋葉原を支配していたが、美邦たちの来訪を受ける。アトラスランクAAAの美邦に接近できるチャンスだと思った香凜だが、集めた女官(メイドさん)が美邦にウソをついたために死ぬなどの試練も。
 巨大ダイダロスの攻撃で壊滅した練馬支部を目の当たりにした國子は、ダイダロスを焼き払うため爆撃機をまた出すことにする。しかし、秋葉原の実権がない爺たちには手配ができず、國子たちはそれを知らぬまま秋葉原の主のもとへと向かう。
 いろいろやってきて、結局は異常進化した植物との戦いへ。無駄な死者の多さがもったいない、特に武彦はいい仲間だと思っていただけに残念。

#16 狂乱樹獄

 水蛭子が弱っていると聞いた涼子は、新しい依り代にミーコを選ぶ。美邦はミーコを取り戻すためアトラスに攻め入り、涼子に連れられて水蛭子の依り代になったミーコと再会する。涼子がミーコを依り代にしたのは能力に期待したとかいう理由ではなく、ただ水蛭子を信奉するタルシャンへの当てつけのようだ。
 ドゥオモ内部では植物の発芽がはじまる。その正体は、窒素酸化物を吸収して種を吐き出すようになったダイダロスだった。ダイダロスの駆除に向かった國子たちは苦戦し、爆弾雨とダイダロスの成長のせいでこのままでは森全体がダイダロスの単層林になってしまうことに気付く。
 ディグマ0が香凜を導いた少年で、ディグマ1が美邦、「ディグマ3が軍を抜けた」からディグマ3とは草薙のことだったわけね。とすると、抜けているディグマ2が國子か。

#15 迷走敗退

 アトラス内部で戦いが行われているころ、香凜は経済市場で金儲けをしていた。メデューサの能力に拘束をかけるべきだと考える張を香凜とクラリスは疎ましく思い始め、やがて「こんな状況で金儲けをするのはおかしい」と考え出した張はメデューサによってアクセスを制限される。しかし、張が凪子の資金援助を受けた結果、香凜たちは市場で大損をしてしまう。クラリスが手を引く中、香凜はメデューサを自律思考するようにプログラム変更、ゼウスへと向かわせるのだった。武彦は一人謎の空間にたどり着き、かつて生き別れた妹がすでに水蛭子の依り代にされてしまったことを知る。
 國子たちはいろいろあって草薙さん家にお邪魔することになるが、そういうことしてていいのかなぁ。美邦のもとからはミーコが連れて行かれてしまった。

#14 変貌都市

 アトラス内部へ侵攻したメタルエイジは擬態装甲の前に散り散りとなる。武彦は、国会議事堂で落ち合おうという國子の命令を無視して都庁へ向かうようみんなに告げる。國子は国会議事堂へたどり着き、そこでアトラス公社の初代総裁が北条凪子であることを知る。
 メデューサを作ったタルシャンはアトラスの出資者でもあり、涼子よりも偉いらしい。メデューサの件では香凜を出し抜いたし、何の目的があって動いているのかわからないな。武彦もなぜか國子を裏切るような行動に出ているし…。

#13 飛行少女

 國子たちは横田基地から爆撃機改装の輸送機で直接アトラスの13層へ降下する作戦を立てる。空軍が輸送機撃墜に出てくるが、パイロットのKDはそれを上回る技量で回避、ミサイルについては國子がブーメランで撃墜する。そこへ無人戦闘機が現れて空軍機を撃墜し、さらにKDの機体に迫る。
 さすがは「LAST EXIL」EのGONZO、空戦シーンの飛行音とか銃弾の流れとかすごく気に入った。逆に、LAST EXILEのときからそれほど進化したと思えないのはどういうことだい。
 EDアニメーションがが新しいものに変更。相変わらず村田蓮爾の絵はイイ。ただ、モモコが美人過ぎる気がするぜ。

#12 生勢流転

 首相となった涼子はアトラス移住計画を凍結し、アトラス完成を優先させることを決める。これに憤慨した國子はモモコ抜きで戦闘準備を開始。また、小夜子は美邦が後継者に選ばれなかった理由を涼子に問い、アトラスランクAAAが美邦だけではないことを知らされる。そのアトラスランクAAAの一人、国仁はメデューサ殲滅作戦で撃沈された戦艦から生還し、治療を受けていた。納得いかない小夜子はゼウスへのハッキングを仕掛けて失敗、Z4によって連れて行かれる。そこで小夜子の落としたイヤリングからモモコの存在に気付いたミーコは、小夜子に拘束を受けていたモモコを解放。そしてモモコが國子のもとへ帰ってきた。
 涼子(アトラス)、小夜子(美邦勢力)、國子(メタルエイジ)の戦闘突入は近そう。メタルエイジは美邦と対立しなければならない理由はないが、小夜子は美邦をアトラスの後継者にと考えているため、同じくアトラスランクAAAの國子の存在は認めないだろう。そんな流れとは別のところで香凜と國子が再会。香凜は秋葉原大人買いしようとしているが、誰に言えば購入できるのかがわからなかった。ほんと、誰に言えばいいんだろう……日本の首相である涼子か?

#11 胡蝶夢幻

 香凜回。ずっと建物の中で仕事を続ける香凜のもとに、謎の少年が姿を現す。外へ連れ出してあげるという少年の誘いを一度は断った香凜だが、誘われるように表の公園へと出る。そこで、ずっと思い出せなかった鼻歌が母の子守唄だったと気付いたのだった。そのころ烈音はディグマ0という5年前に死亡した少年の情報を得る。香凜を導いた謎の少年こそディグマ0だった。
 キャラクターに絞ったら絞ったでどうでもいい話をするなぁ。進展が少ないというか。

#10 言霊之剣

 美邦は外へ出たいとミーコにせがみウソをついて出ようとするが、太陽の光を浴びて倒れてしまう。一方、モモコを失った國子はモモコの部屋でじっと考え、凪子にメタルエイジ総裁を継ぐことを告げる。一方、涼子は首相に就任する。
 國子、美邦、香凜、さらに涼子と気になる軸が多いので、どこか一つに絞った話が欲しいな。