ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#26 彼女たちの肖像<終>

 美しければそれでいい。
 シヴュラ達、みんな美しく成長して。特にロードレがバリバリ働くお嬢様になっていてうれしいね。
 おそらく「投げっぱなし」と形容されること多々であろう最終回だが、ここまでのシムーンの流れなら何も不思議はないような気がしていた。語りたいことはシヴュラがみんな語っていて、少女時代を乗せたアーエルとネヴィリルが未来(といってもアルクス・プリーマが崩れない程度の未来)で少女している。パライエッタが壁に刻んでいた落書きが懐かしく、美しく、なんだか寂しい。
 過去に飛んだドミヌーラ(→訂正、ドミヌーラに走り寄ったリモネ)の体もオナシアのようになりつつあるようで、彼女たちの"美しさ"が長くは続かないことは感じる。未来へ飛んだアーエルとネヴィリル、泉に残ったユンも、それぞれいつかは光になってしまうのだろう。「逃げてばかりで選ばなかった結果」とオナシアは語ったが、それがいつか彼女たちに訪れるだろう。だが、消えゆくオナシアの美しさが、きっと彼女たちが消えるときにもあるのだろう。ってことで、美しければそれでいい。
 きっと、こんなこと考えずに"感じる"最終回だったんじゃないかな、とも。
 最初見始めたときは女の子パイロットを揃えた戦闘ものだと思った。その次に百合展開が始まってストパニと勝負かと思いきや、実は百合ではなくてSFの方がメインだったらしくて、宗教とか戦争とか絡めていって最後には未来へ"駆け落ち"。とても面白かった。
 視聴率は0.1%だか0.3%だかの時もあったらしく、何より放送時間も26:30〜とかなり遅い方に属していて、よくもまあ26話もったな、という気持ちもある。でもこれは見続けてよかったなぁ、となんとなく思った作品だった。終わりが明解じゃないけれど、何もかも明解に終わる必要はないんだもの。美しければ。

#25 パル

 選択した巫女達の帰還。「兵達が見ている」ってか。
 どうしてもアーエルとネヴィリルを早く泉に行かせたいという嶺国だが、巫女でいられるとシムーンに乗れる(=まだ脅威になり得る)ということかな。それぞれ部屋にぶち込まれてのアーエルとネヴィリルの壁越しのキスは泣かせるなぁ。
 まるで最終回のような引き。予告でのみんなの成長した姿がすごいねえ。

#24 選択

 コール・テンペストの解散は覆ることなく、巫女達は性別の選択を迫られる。みなそれぞれに思いがあって、特にカイムとアルティは感情のぶつかりがあったけれど、ネヴィリルとアーエルが永遠の今に残ることを聞いたら吹っ切れたようだ。アーエルに告白したネヴィリルはとてもよろしかったです。
 一人遺跡(泉)にいるユンは仲間達を弔うため、オナシアのあとを継ぐことに。オナシアは自分で何も選ばなかったことでこうなってしまった、あなたに押しつけることになりはしないかみたいに言ってたが、その危惧は全くだ。ユンがそのうち光になる、なんてことはないのか。
 アルクス・プリーマ最後の日を満喫するシヴュラ達はいいなあ、もうさっぱりしてる。

#23 永遠の少女

 停戦してからのコール・テンペスト
 フロエの空気読まなさは相変わらずいい感じに炸裂しているが、アーエルを巧みに支えているところは見逃せない。そういえばキス大流行させようとしていたこともありましたかね。フロエにつつかれてアーエルはネヴィリルの変化、自分の変化に気付いたのかな。
 シヴュラ達の仕事は嶺国の巫女達に受け継がれることとなったが、そうなってみると今まであまり真剣に祈りを考えていなかったように見えたコール・テンペストだって思うところはあるようだ。解散宣告はすでに二度目だな。宮国の首脳陣はあまりコールのことを真剣に考えていないような気がする…。
 宮主が焦る"扉が閉じてしまう"とは新世界に行けなくなってしまうということらしいが、本当に向こうは"希望の大地"なのだろうか。

#22 出撃

 今更停戦と言われても誰も信じないよなぁ、和平交渉の場で自爆テロやったのは向こうだし。嶺国急進派は力を失ったということかな。
 後半アイキャッチは幼アヌビトゥフと幼グラギエフか。なんだか守り守られる関係みたいに見えるけど、なんでグラギエフは女にならなかったんだろうか。ってワウフにも突っ込まれたな。みな思ってるんだねえ。
 シヴュラ・アヌビトゥフの漢っぷりに痺れた。すわ死亡フラグかと疑ったが、アルクス・プリーマの艦長職は実力の証ね。
 だが停戦。

#21 新世界の扉

 わーい、ドミリモ生きてたよー。リモネは髪がだいぶ伸びていて、あれからかなり時間が経ったのかしら。ドミヌーラは尖った感じがなくなったな。ってそのアイキャッチはなんだドミ!!!!
 それでも今回一番可愛いかったのは「手、小さいのね」とネヴィリルに言われたときのアーエルだな。泉とか祈りとかそんなのはどうでもいいけど、子供扱いされるのは嫌だったか。机の下で握ったり開いたりしてるのなんか、ほんと子供だわ。アムリアへの未練が断ち切れてないネヴィリルに嫉妬するとことかね。いいよなぁアーエル。
 オナシアの秘密。ユンが気付いた光る粒の正体はなんだろう。オナシアは実はナメクジでした…ってのはないわな。垢とかゴミだとかそんな夢のない答えでもなかろうし、サイババの砂みたいなもんかしらね。

#20 嘆きの詩

 マミーナの死はコール・テンペストの面々に色々影響を与えてしまった模様。無敵爆走娘に見えたアーエルの弱さがボロボロと…ここのところネヴィリルからのアプローチが多くなっていて、攻守逆転の様相。
 司兵院や宮守はそれぞれの思惑で何かしら企んでいる様子。司兵院はもはやシヴュラを巫女ではなく兵士として使い捨てていくような気配だし、宮守はこの世界から新天地へ脱出しようとしているようだ。
 ヴューラがマミーナの遺志を継ぐ。マミーナの得意だった波濤のリ・マージョン、そして蒲公英のリ・マージョン。シヴュラとして戦っていくことをついに決断したコール・テンペスト。燃えええええ。
 最後に映っていたのはロードレアモンのキモグルミじゃないか。ということはリモネとドミヌーラも…

#19 シヴュラ

 マミーナーーーーーっ
 ロードレに髪編んでもらう時点でもうアウアウよな。アーエルとユンが使えないので、マミーナとネヴィリルがパルに。おっと、この組み合わせはマミーナ期待の組み合わせじゃないか。もっとも、アルクス・プリーマ来てすぐのあの時と今とは状況が違うので特に強い思いはなかったかもしれんけど。
 礁国空中母艦は相変わらず威圧感ある。今回はシムーンの接近に迎撃機が大量に出てきてさすが四層とか思った。嶺国古代シムーンとの交戦でネヴィリル機は傷つき、敵母艦への着艦を余儀なくされる。かなりの無茶だが、嶺国の巫女は宮国巫女達を殺すつもりはなかったようだからできたのかな。礁国の兵士反応遅すぎるが。
 ネヴィリルを逃がすため、母艦に残る嶺国の巫女達を救うためにマミーナは髪を一房切り落とし、飛び立つシムーンから母艦へ戻る。そこへ武装した礁国の兵士達が現れ、「アーエル!」の叫びを残してシヴュラ・マミーナは散ったのであるよ……。
 その後、到着したコール・テンペスト機によって甲板上の兵士達は蹴散らされ、メッシスが母艦甲板へ着陸してマミーナを回収。ワウフ艦長やるなぁ、あんた漢だよ。必死に手当てされるマミーナの姿はあったが、次回予告の通りマミーナは助からなかった。ううわああああ。
 嶺国の巫女達が宮国の巫女達を助けようとしたあたりからはぐっと来たな。母艦に残った四人の巫女達はどうなったんだろう。無事生き延びていればいいのだが。

#18 葬列

 喪服のシヴュラ達もなかなか…いやいや。
 遺跡の件で秘密を共有するネヴィリルとアーエル。ネヴィリルが積極的なのが二人の関係の変化を感じさせる。かといってアーエルが受け身になるわけでもなく、攻め攻めカップルかよ、と。パラ様かわいそす。
 宮国としてはシヴュラを兵士として扱うようになっているようだ。対するネヴィリルとアーエルにはシヴュラは巫女であるとの気持ちが芽生えている様子。
 アーエルを庇ったネヴィリルに、パラ様の嫉妬の炎が燃え上がる。だめだーパラ様はもうだめだー。やるならエトワール様みたいに眼力で落とさないとダメなんだよ。
 ついにシヴュラ・アウレアと飛べるマミーナ、ロードレの子守歌。フラグがめきめき立ってゆく。

#17 遺跡

 ついに宮国の戦況は予断を許さないのか、シヴュラへの指令が「お願い」ではなく「命令」に。アルクス・プリーマに所属していた他のコールが全て解散してしまったということで、コール・テンペストにかかる負担は以前とは比べものにならんなぁ。欠員補充もなさそう。"泉に行く自由"すら失われたということで退路も断たれた。アーエルは困らないだろうけど。
 久々にマージュ・プールでのマージュを行うネヴィリル。先客のアーエルとひとしきり泳いだ後に濃厚なキス。今までこのパルはアーエルが主導権を握っていたけれど、珍しくネヴィリルが積極的でアーエルが驚いてたな。ネヴィリル、覚悟完了したか。そんなネヴィリルとの間に越えられない壁ができてしまったのはパラ様。出撃の際にネヴィリルには鬱陶しそうにされるわ、他のメンバーには冷たい目で見られるわ、パラ様信奉者のカイムも何だか態度が厳しい気が…。ダメなのね、もう……。
 遺跡に登場したのはシムーン改(黒シムーン)。ヘリカル・モートリスの配置がコクピットを挟んでV字状になっていて、見た目もスマートならその性能もシムーンより上の様子。リ・マージョンまで描けてしまうので、シムーンが苦戦するのも当然。ってことは、礁国や嶺国が先に遺跡に到達していてもかなりの損害を受けていた可能性大だな。そんなシムーン改にアーエル機除く4機で攻撃をかけ、モリナス・ロードレ組が1機撃墜。すごいぞロードレ、ここまで戦闘ではダメかと思ってたのに!パラ様は追跡途中で諦めちゃったよ…
 ネヴィリルとアーエルが遺跡内部で発見したのは"泉"、さらにオナシア。あんたー、こんなとこで仕事さぼってー!オナシアによれば「この泉は全ての時と場所が、全ての束縛から解放される」場所らしい。そこでユンとマミーナはアングラスを発見してしまう。自爆テロったアングラスの肉体が残ってるわけがないので、精神が形になっていたりするのか。目に光が無かったし、次回で葬儀が行われるらしいので死んでいるには違いないようだが…。メッシス艦長ワウフは消えた二人のシヴュラについて、泉に行けば全てがわかるかもしれない、と言っているが、ここに来ているってことだろうか。このままだとアムリアまで居そうじゃないか。
 テンプスパティウムってのが「テンプス」と「スパティウム」という二つの神らしいのがオナシアの説明でわかった。切るところはそこなのね。(この作品はラテン語由来の言葉を多用していて、Tempus Spatium→Time Spaceなのだと……)
 全員同室のメッシスからまた二人部屋のアルクス・プリーマへ戻ったので部屋が分かれたのだが、これはパルで部屋になってるみたい。画面上で確認できたのはマミーナとユン、フロエとアルティだけだが、そこがパルだし。まさか、今更ネヴィリルとパラ様が同室にはならんでしょう。

#16 翠玉のリ・マージョン

 前回偵察に出たメンバーが戻らず、メッシスにはアーエル、パライエッタ、ドミヌーラ、リモネだけが残る。この中でもパラ様は使い物にならない感じがプンプンしている。アーエルの過去の武勲を見ると、こいつとは口喧嘩してはいけないんじゃないのかと思うな。地雷を地雷とも思わず踏んでくるのでダメージ甚大。「いつからシヴュラ・アウレアのネヴィリルがあんたの下になった」は作品的に色々解釈できそうな。
 アイキャッチの二人が泣かすな。天才少女と言われながらもなかなか自由になれなかったリモネと、おめおめと生き残ってしまったドミヌーラ。あの快活な笑顔を見ることは本編では無かったね。
 波濤のリ・マージョンを敵が見事に避けているが、敵機の性能向上というよりは航跡からどんなリ・マージョンが来るかが読まれているのではないのかね。鮫のリ・マージョンや隼のリ・マージョンあたりは最初から使っているようなのでそろそろ対策されてもおかしくはないよ。この理屈だとどんどん新しいリ・マージョンが必要になりそうではあるが。
 メッシスを守るために戦う巫女を見て艦を浮上させるワウフ艦長。燃えるところだが、母艦が墜ちると残った巫女達はどうすればいいんだ、とも思った。コール・テンペストを失う方が損害は大きいかな。
 リモネとドミヌーラのパルによって描かれた翠玉のリ・マージョン。帰還しつつあったネヴィリル達の驚きっぷりがすごい。敵多数を吸い込んだように見えたのに、アーエル達が「何も変わっていない」といったのはなんでだ。何にせよ残った敵機の上からは修理なったアルクス・プリーマが降下してきてメッシスは危機一髪撃墜の危機を逃れた模様。
 シムーン一機、シヴュラ二名帰還セズ。翠玉のリ・マージョンを成功させたシヴュラはテンプスパティウムの側に仕えたということで、あちら側に旅立ってしまったのかな…。

#15 一人、また一人

 神聖なシヴュラのおっぱいはもう触らせてくれないんだって!ワポーリフ残念。
 今回はとにかくパラ様。ドミヌーラが廃人になってしまったので再び指示出す係に戻ったが、前とは情勢が違うのでギスギス。アーエルが言い返さないのは大人になったのか、パラ様なんてもう歯牙にもかけないってことなのか。
 #13でフロエがアーエルにキスしたくだりからフロエはアーエルがお気に入りなのではないかと見られていたが、今回の反応はそれを裏付けるものだった。いいのよ、好きってことは素晴らしいことなのだ。
 パラ様の空回りっぷりはドミヌーラへの対抗心+ネヴィリルがアーエルに傾きそう、って不安かな。ネヴィリルはアーエルへの不信というか不安というかが拭えないようだが、それでもお付きの騎士はもう要らないような態度。まさかネヴィリル・モリナスで行くとは思わなかった。パラ様をフォローする者なし。偵察でカイム不在なのが効いてる(今のカイムが以前のようにパラ様べったりかどうかはわからんが)。
 そしてドミヌーラはリモネに「死ぬ人ってああいう目をするんだ」とか言われながらも復活。元々移民である自分をテンプスパティウムは受け入れてくれたので、決死のコール・デクストラでも文句を言わなかったドミヌーラ、どうやらリモネとの翠玉のリ・マージョンに命を賭けるつもりのようだ。一度捨てた命みたいなもんかな。覚悟した人間は強いと思うが、死がちらついている。リモネがユンに教わった"揺りかご"を途中まで作っているのがなんか引っかかるんよな。
 今回はアーエルあんまりおいしいところ無かったな。かくれんぼの時にパラ様の本音を思いがけず聞いてしまった、というのは今後パライエッタ相手に何か影響するかなぁ。アーエルだから影響なさそうなのよな。

#14 冒さざるもの

 "冒さざるもの"を冒すとき。
 「"神の乗機"シムーンはただの機械でしかないのだから、いずれ軍事バランスは逆転する。だから、シムーンを解体する」というこれ、理屈は繋がってるのかね。「解体」をずっと「解体・破棄」の意味で捉えていたので、ワポーリフもよくぞ踏み切ったなぁと思ったら「解体して徹底的に調査する」という意味だった。"冒さざるもの"シヴュラへの口づけが、"冒さざるもの"シムーン解体の決意の証。
 アムリア機のヘリカル・モートリスでワポーリフには見えなくてドミヌーラに見えた何か。ドミヌーラの出身コールであるコール・デクストラは翠玉のリ・マージョンのため"だけ"のコールだったとのことで、それとの関係があるのか、それともシヴュラにだけ何か感じるものがあったのか。
 アーエルとネヴィリル不在の間にえらいことになってるよな。アーエルはシムーンのことを"神の乗機"だなんて思ってなさそうなので居たら他シヴュラと対立する意見を吐きそう。

#13 理

 アーエルは全く空気を読まないが、その単刀直入な言動がそのうちネヴィリルを変えると信じたい。「アーエル、あなたが怖い」ってのはアーエルといることで自分が変わってしまいそうなネヴィリルの心に思えたんだが、単純に変な子だから嫌だなぁと思っているのだったりして。アーエルの積極的な夜這いはなかなか良かったが、ガードのパラ様の守りは堅かった。
 一方、マミーナとロードレは元通り仲良かった頃みたいに戻れたらしい。柑橘類の酸で汚れを除去には笑った。貧乏知識には事欠かなさそう。そして仲直りできなかったのはアルティとフロエ。話をするようにはなったみたいだが、どうも姉さんと組めないからアルティがすねてるっぽい。祈りが届かないのではなあ。
 アイキャッチ(アーエル+ネヴィリル)がえろーす。
 フロエはいらんことをアーエルに吹き込まない。そしてアーエルもそれをリモネに伝えなーい。リモネがすごく可愛いかったので許す。

#12 姉と妹

 ついに語られるカイムとアルティのお話。
 ずっとカイムが一方的にアルティを拒絶していたのだが、もとは仲の良い姉妹だったらしいとはアルティの言葉。アルクス・プリーマに乗り始めの頃に肉体関係があったようだ。これはカイムが「姉妹でそんなこと」と言ってたので、姉妹じゃなければ普通の行為にはなるらしい。近親相姦ダメってことね。カイムのアルティへの憎しみはシムーンに乗る前の"儀式"でアルティの唇を噛むぐらい。痛いよ姉さん。
 "関係"については、カイムの回想ではアルティが誘ったような描写だが、アーエルはカイムが誘ったのかもしれないと指摘。何の反論もしてないが、アルティの態度を考えるとやっぱカイムが誘ってるよなぁ。このアーエルの地雷原突っ込む言動はスバらしい。
 礁国基地からの脱出で、カイムはアルティの胸に飛び込まずに手を滑らせて落下。リ・マージョンで助けられたが、どうもこれであっさり和解とはいかない様子だ。自分の傷口を舐めて「同じ味…」とつぶやいていたが、妹の血と自分の血が同じ味、かね。
 不適切な関係がアルクス・プリーマ乗ってからのことだったってのがちょっとショック。#1で戦死したアムリア他の補充兵としてアーエルは現れたが、それ以外のメンバーはどれぐらいの時期にアルクス・プリーマに来たんだろう。
 あとは空気読みまくりリモネが可愛い。ロードレはお嬢様だからねぇ。
 礁国の空中補給基地の四層飛行甲板はちょっと燃える。赤城以上か、みたいな。
 相変わらずネヴィリルは名言/迷言の宝庫。「抱きしめるから強くなるんじゃない、互いに強くなって抱きしめあうのよ」。ネヴィリルとアーエルもパルとして分かり合えたようで、どうもアーエルの片思いというか、ネヴィリルの方はアーエルが自分ではないものを見てるのに気付いているというか。円満なパルではないようだな。