ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 サマー・ハズ・カム

 香子一筋を決めた万里の敵は、リンダのことを思い続ける過去の万里。除霊ENDしかないな。
 今回は香子のポンコツっぷりが描かれていたが、ギャグパートはあってもギャグアニメではないのにヒロインの鼻に口紅を突き刺すアニメがあるかよ。その後の、おまけんの謎ダンスも相まって、ちょっと作品との温度差を感じた。2クール作品を褒めるときに「積み上げ」を感じるんだけれど、この作品、話は進んでるけど、積み上がってる感じがしないなー。あんまり好きじゃない。

#12 ドント・ルックバック

 実写ドラマとしてこのストーリーだったら気にせず見られると思うんだけれど、アニメでやられるととたんに見るのが辛くなるのはどういう現象なんだろう。
 記憶喪失だから云々を抜いても、万里がとにかくまったく共感できないキャラクターで……いや、一番共感できるのは加賀さんかな。そういうレベルなのがヤバイ。万里と加賀さんのカップルはなんか歪んだ依存関係で、いつ刺しあってもおかしくない緊張感がある。で、万里と加賀さんが付き合っているのを知った上で、意図的なのか無意識なのか、ずかずか入り込んでくるリンダ先輩のゲスさがまたヤバイ。今回、記憶喪失前の万里のことは恋愛対象として見てたわけじゃなかったと決別したけれど、なんですか、なんですかあの黒さ。
 つまるかつまらないかではない、見ていて辛いの。

#02 ロンリーガール

 新歓期間なのに誰にも誘われない香子がかわいそうだと万里が動く。高嶺の花扱いで誰も声をかけてこないのならしょうがないけど、香子の場合は入学式早々に大騒動のもとにもなってるわけで、遠巻きに見てしまうのは当然のような。
 意外と本人も弱気っぽいのはなんか残念なような安心したような。これでガッチガチのヤナ一直線ストーキング女だったら、腹パンかリョナしかねーなーと思っていたので……。

#01 スプリングタイム

 とんでもないストーカー女につきまとわれる男と知り合った多田万里。キービジュアルやキャスト名は加賀香子が上に来てるし、キャストの大きさから見ても香子が主役だけれど、これは万里メインじゃなきゃダメなのでは。しかしこのスネークっぷりは時事ネタと被ってよろしくないですねえ。高嶺の花と評されるぐらいに美しい女の子のストーキングは許されて、男がやると即犯罪という風潮、一理ない。もちろん、お話としては香子に興味を持った万里がなんとかして振り返らせる話なんだろうけど、香子の光央への執着っぷりが重すぎて、引くわー……。