ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#48 黒い瞳 EBONY EYES

 あれだけ世界中で女を抱いてきたゴルゴだから子供の一人や二人どこかに産まれていたっておかしくはないだろうさ。別にゴルゴがずっとつきっきりで暗殺術を教え込むわけじゃないから、育ったらただの濃い顔の東洋人になると思うけど。

#45 36000秒分の1秒

 いかにゴルゴ13といえども同じ姿勢を続けていると筋肉が硬直してしまって痙攣起こしたりするんだな。それでも独房の奥のターゲットをきっちり狙撃した上に、襲ってきた刺客を退けるってんだから。ゴルゴの素性をほじくっちゃダメだってば。

#44 ロックフォードの野望

 いつかはゴルゴに狙われるだろうからと先に懐柔しようとしたら断られ、怒ってゴルゴの口座なんかを全て凍結したが無駄、最後はアメリカ大統領から狙撃中止をお願いしてもらったがそれでもやっぱり撃たれてしまうロックフォード。これ、「触らぬ神に祟りなし」だったのでは。
 目的を達成したと思った瞬間の油断は世界を支配するロックフォードにもあるようで、なぜあそこで別荘の窓を開け放ってバルコニーに出てしまったのか。夜の湖にヨットが浮かんでるのは不自然すぎるだろうに。

#43 空白の依頼

 たとえ記憶喪失でもゴルゴはゴルゴ。ターゲットがわからなくなり空を撃ったゴルゴを見て、さては誰を守るかでターゲットを判別するのかと思いきや関係なくてずっこけた。

#42 大きな口(ラージ・マウス)の湖上

 そもそもムースを二頭まとめて撃っていたのがフリで、山小屋の娘さんに目立つ赤色のジャンパーをあげたのもわざとだという、全編ゴルゴの掌で動いていたお話。服を奪われてしまった娘さんには申し訳ないけれど、のこのこ乗せられてしまったものだな。

#40 鬼畜の宴

 どの殺し屋が一番強いのか、それはどんな殺し方をするのかというのは興味の尽きない話題だが、その仕組みがバレないとでも思ったのだろうか。鉱山に逃げ込むまで(逃げ込んでも)注意を解かないべきだったな。タラップから降りたとしてもベニグノ・アキノのように滑走路で撃たれる例もあるよ。

#39 アッシュ最良の日

 建物が崩壊してその後ろから狙撃されるとか、跳弾やらなんやらのレベルを超えてるわ。これは無理、狙われた時点でご愁傷さま。それ以外で見てみると巻き込まれて不幸になった人が少なく、アッシュも幸せになれるという結構珍しい話だった。実はアッシュ最良にして最期の日、じゃないよね。

#36 死に絶えた盛装

 チョコレート・バンの変装もゴルゴの前には無駄であった……と簡単に言えればいいが、実際には別荘に侵入して変装だったことを知るまでけっこう時間がかかったな。もっと早々に気付いていて泳がせてるのかと思った。

#35 血統の掟

 馬を事故に見せかけて殺す方法なんていくらでもありそうなのに、わざわざG1レースのゴール直前でというやり方が実に残酷。代償として自分の命と姪の命を奪われるんじゃ、割にあってるんだか……。

#34 殺人劇の夜

 劇中の銃声に合わせての殺人。仕掛けだけは簡単なものだけれど、そのために使用した銃が防弾チョッキを溶かして作った急造仕様とか…。こればかりは本体が一発しか耐えられないので、ゴルゴにしかできない芸当だ。このトリックはたとえ説明されても信じられないぞ。

#31 ANGRY WAVES

 シージャックされた船に乗り込んで取り返すとか、特殊部隊に頼めばいいじゃないかと思うわ。わざわざ相手の上を取り注意を引きつけてから撃つ余裕のゴルゴなのでした。

#29 配役〈キャスティング〉

 ゴルゴを勝手に映画の中にキャストとして組み込もうとした愚か者たちの末路。ゴルゴが怒ってるのか淡々と処理しているのかわからんけれど、仮にも世界に名を馳せている暗殺者をうまいこと使おうなんて甘い甘い。

#25 フロリダ・チェイス

 現金狙いではなく防弾設備に目を付けて現金輸送車を奪うとはなかなかの知能犯。バズーカでも傷つかないのはさすがに化け物じみているが、さすがに車両底部からの攻撃は想定していなかったみたいだ。車両の下に潜り込んで攻撃してくるとかインディ・ジョーンズでもないとなかなかないものな。