ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#25 Re;<終>

 世界の憎しみをダモクレスに集めるというのがナナリーの考えだったようだが、ルルーシュはそれを一歩進めて、ルルーシュ皇帝による世界統一とその後の暗殺による世界解放(「ゼロレクイエム」)という形で憎しみを散らせた。もしもダモクレスが残ったらきっと戦いは続かざるを得なかっただろうが、ルルーシュは憎しみを一身に集めて死んだことでこの局面に終わりを与えたわけだ。どの段階でこの終局を考え出したのかはわからないが、これ以外に効果的な方法は見つからない。これで世界から戦いが根絶されることはないが、少なくとも膨れあがったブリタニアへの憎しみというものはなくなったという点ですばらしい方法だった。
 ただ、ルルーシュとナナリーという兄妹だけを見ると、ルルーシュはナナリーの生きられる世界だけを望み、ナナリーはルルーシュが一緒にいることだけを望んできたわけで、エリア11の中でアッシュフォード家のお世話になりながら暮らしていた時がもっとも幸せだった(ように見えた)のはなんとも皮肉。そのおかげで救われた人が多いこともまた事実ではあるのだが。
 ルルーシュが最後に頼ることのできた相手がスザクだというのもまた面白い。一度は完全に決別し、なりゆきのような形で共闘していた二人。"魔王"ルルーシュを倒して英雄となれるのは「ゼロ」だけで、かつルルーシュの意志を受け継ぎ、いなくても影響が少なく、今後もゼロで居続けられるのはスザク以外にはいなかったものな。
 後日談で扇とヴィレッタが結婚して幸せそうなのもよかったが(扇は首相にまでなっているみたいだ)、ジェレミアが本当にオレンジ畑をはじめていたのには噴いた。ゼロによるルルーシュ暗殺の際も事情を知ってゼロを行かせたみたいだし、ギアスキャンセラーでアーニャの記憶を戻した上にちゃんと面倒も見ているみたいで、本当においしい人だ。
 中盤から「これこそ最強ナイトメア」「いやいやこっちこそ」というような感じでナイトメア同士の超絶パワーバトルが進みちょっと辟易したが、シリーズの畳み方はマクロスF以上でやっぱりしっかりしているなぁと思った。スザクが「生きろ」のギアスをちょっと都合良く使いすぎではあるが、いいや。

#24 ダモクレス の 空

 やはり最後にルルーシュの前に立ちはだかるのはシュナイゼルではなくナナリーだった。何度もシュナイゼルには苦汁を舐めさせられてきたルルーシュだが、そのおかげでシュナイゼルの思考を読めたというわけだ。だが、その手法はきっとナナリーには通用しないぞ。
 スザクはvsジノ戦を経てカレン戦へ。この二人は仲良くはなれない運命だな。
 アヴァロンに残った咲世子やロイドさんたちにルルーシュが何か作戦を残していたが、要人解放のことだったらしい。最後は自分(とスザク)、そしてギアスのかかった死兵だけで決めに行くということで、ある意味では一番人間くささを残したルルーシュの優しさみたいなもんだな。
 扇や玉城は地味ながら生き残ったし、命に執着しないシュナイゼルもコーネリアを殺しはしなかったみたいだ。爆発に巻き込まれたとしか見えなかったギルフォードがどうやって生きていたのかはわからんなぁ。

#23 シュナイゼル の 仮面

 恐るべきは死をも恐れぬ狂信者たち。この世界ではすでに悪役と成り果てているルルーシュならではの手と言えるかな。たとえフレイヤであろうと、届く前に攻撃してしまえば確かに食らうことはないものな。
 いよいよ日本を舞台に、ルルーシュシュナイゼルの最後の戦いが火蓋を切ったわけだが、現段階ではシュナイゼルは手が読めない恐ろしい存在ではあっても魅力に欠ける。実際に敵にすると恐ろしそうだが、ドラマとしてはつまらないよなぁシュナイゼル。シャルル皇帝は若本規夫の熱演もあって倒すべき存在としてしっかり立ちはだかっていたから、もうちょっとこうガツンと来るキャラクターだったらいいのに、そのあたりがシュナイゼルのペルソナなのかもしれない。
 扇はヴィレッタ(とお腹の子)を残して出撃してきたようでフラグはバッチリだったが、カレンと玉城によって救われた。ほんと、玉城が実においしい。

#22 皇帝 ルルーシュ

 皇帝に即位したルルーシュだが周りは敵だらけ。しかしスザクの圧倒的な力でナイトオブラウンズを始末し合衆国も黙らせて敵は無し。シュナイゼルの切り札はナナリーか。これほどルルーシュに対して有効なカードはないな。「お兄様、スザクさん、私はあなた方の敵です」で戦意喪失するレベル。
 ルルーシュが掲げていた理想として「ナナリーが暮らしやすい世界に」というのがあったけれど、ナナリー自身が本当にルルーシュが理想としている世界を望んでいたのかどうか。これまでにもルルーシュはナナリーを理由としてきたが、今度こそはその言い訳が使えない状況に立たされたわけだ。

#21 ラグナレク の 接続

 All Hail Lelouch!
 皇帝とマリアンヌの目的はペルソナのない"やさしい世界"だったようだが、もうあちらこちらで書かれているようにカギ爪の男による「幸せの時」と何ら変わりのない善意の押しつけで、実に鬱陶しい。ただ、ヴァンとカギ爪の男の関係は復讐者と狙われる者だったが、シャルルとルルーシュは親子だから、ただ父親越えを達成しただけにも見えるんだよなあ。
 あと、ルルーシュにへこへこついて行ってるスザクはなんなんだろう。シュナイゼルたちにもボロクソ言われていたな。

#20 皇帝 失格

 「必要なものは結果だ」とスザクが己の信念を曲げた。そこはスザクにとって決して譲ってはならない一線だったはずで、「内側から変えていけばいい」などと手段にこだわっていた自分を否定するようなものだ。あげく、皇帝に剣を振るう際に勝手にルルーシュとナナリーの名を借りたのは傲慢ではないかね。ルルーシュはもはやスザクの手など借りたくもないと思っているはずだぞ。
 哀れなのはルルーシュで、母マリアンヌを殺された怒りと、妹ナナリーの生きる世界を作るためというのが全ての原動力だったのに、ナナリーはスザクにかけたギアスのせいで失われ、マリアンヌはというとなぜかアーニャの中で生きていてあんまりルルーシュのことを心配していない素振り。あのとき死んだのが替え玉だったのかは不明だが、C.C.とためをはる魔女だぞこの女は。
 皇帝を封じるため、唯一の出口を爆破したルルーシュ。あの現実とは離れた空間で、永遠に皇帝と二人っきりだと間が持たないぞというツッコミはダメですか。

#19 裏切り

 本当にボロ雑巾のように働かされたけれど、ロロにとっては満足の死。この兄にはもったいない弟だった。
 ルルーシュにとってはフレイヤの一撃ですべての歯車が狂ったような感じだが、シュナイゼルがあれだけ証拠を固めていたら遅かれ早かれルルーシュの謎は暴かれることになっていただろうな。黒の騎士団とは最悪の形での別れにはなったが、これ以上自分の復讐に付き合わせて死なせる仲間がいなくなったということで、どうせルルーシュは自分からは切れなかっただろうからいい機会だったと考えるべき。
 ゼロがブリタニア人だから信じられないというのはちょっと狭量かなという気が。ルルーシュ抜きの黒の騎士団がそれほど戦えるのかは疑問だ。

#18 第二次 東京 決戦

 ナナリーの落命は確認できていないものの、スザクがフレイヤをぶっ放すに至ったのは神根島でルルーシュがかけたギアスのせいだからなぁ。自分でかけたギアスのことを忘れていたのか知らないが、なんたる間抜け。
 今回はナナリー、咲世子、朝比奈、ギルフォードらが一掃されるなどかなり大きな回になった。あと、フレイヤとは無関係にナイトオブラウンズのドリルの人もやられてた。増えすぎたからの粛正かね。

#17 土 の 味

 ルルーシュとスザクが、ルルーシュがかなり他人の罪を背負った上でもう一度仲良くできるかと思ったらこれですよ。ナナリーのためとはいえ、あの土下座っぷり。そこを踏みつけるとはなんというか外道?畜生?シャーリーが死んだのはロロを管理できなかったルルーシュのせいという部分もあるが、誰がほったらかしにしたのか忘れたのだろうか。どの面下げてあれだけ偉そうに出来るのか不思議でたまりませんな。
 ナイト・オブ・ワンのエクスカリバーは噴いた。名前に恥じぬ最強の騎士らしいや。

#16 超合集国決議第壱號

 ゲスザクはカスザクに進化した!カレンはお見事なコンボでした。
 シュナイゼルの手でEUが半壊状態にある今、超合集国が誕生したことで世界はブリタニアか超合集国かという状態になってしまい、これまではゲリラ的に戦ってこられた黒の騎士団はとうとうブリタニアと正面からぶつかるしかなくなりそうだな。この状況でスザクにお願いするしかないルルーシュの心中はどんなもんだろうか。藤堂やディートハルトといった有能な部下はいるが、個人的な事情をぶつけられる相手が周囲にいないものなぁ。

#15 C の 世界

 不老不死の皇帝に、嘘を見抜くギアス持ちくさいナナリー、C.C.としての記憶を全て失ったC.C.、さらにシュナイゼルとニーナは核爆弾のようなものを手にしたようで、話はどんどん転がるのだが、とりあえずルルーシュの不遇っぷりには痺れる。
 皇帝の前で明らかになったC.C.の願いは「死」だったが、ルルーシュの知っている本当のC.C.の願いはまた別のものだったのか。願いが叶ったのか何なのか、C.C.はただのどこかの家なき子レベルまで退化してしまったようだから、コレはコレで苦しみから解き放たれたのかも知れない。代わりに、ルルーシュは得難い半身を失ったも同然で、どんどん孤立していくねえ。
 ブリタニアの手に落ちたカレンはリフレインを投与されかかるも、不安定なスザクはリフレインを破棄。ゲスザクの汚名はぎりぎりのところで回避されたとみるが、まだまだ落とし穴はそこここに。ナナリーが総督としてしっかり働いている分、なんかナイトオブラウンズがサボってませんか。

#14 ギアス 狩り

 シャーリーが死んでカレンも手元におらず、何も語らないC.C.と兄に盲従のロロだけではルルーシュがノンストップですね。もともと人殺しを躊躇してないとはいえ、嚮団皆殺しとは大胆。あんまりスザクは目立った出番がなかったが、シャーリー殺害をルルーシュのせいだと思い込んで勝手に憎悪を募らせてる姿は実にイイ。真っ黒ですね。
 V.V.とシャルル(皇帝)が兄弟で、V.V.の皇帝に対する「ルルーシュに刺客は送ってないはずだったけれど、実はおくってました」とロロの「シャーリーを殺したのはギアスのことを思い出したからって言ったけど、実はナナリーの名前を出したからついです」とか、兄弟と嘘がどろどろ絡んでいる中、ユーフェミアのためにバリバリ戦うコーネリア様が活躍してますな。マリアンヌはコーネリアに慕われていたり、ジェレミアに忠義の対象にされていたり、なにかと目立つ人だったのかな。
 姿を見せないシュナイゼルがこわい。

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  o゜⌒   ⌒゜o  \  シャーリーが死んだお・・・
   |     (__人__)    |  シャーリーが自殺なんてするはずないお・・・
   \     ` ⌒´     /  先週も自分でビルから飛び降りた気がするけどそんなことは無かったお・・・

        ______
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   証拠は無いけどルルーシュが悪い気がするからルルーシュが犯人だお!
   |     |r┬-|     |  シャーリーの死ぬ直前まで一緒にいたのに
   \      `ー'´     /   警備員に押し付けたのは俺だけど俺は全然悪く無いお 

             ____
   +        ./ \  /\ キリッ
         / (●)  (●)\  
       /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \  間違ったやり方に意味はない。
       |      `-=ニ=-      |  内部から変えていくお!!
       \      `ー'´     / +

              (ヽ三/) ))
          __  ( i)))
         /⌒  ⌒\ \
       /( ●)  (●)\ )
     ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  でもカレンにリフレインは使うお!
     |    (⌒)|r┬-|     |  リフレインで精神的に破壊して内部から変えていくお!! 
     ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
     | | | |  __ヽ、   /
     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
     `ー---‐一' ̄ 

#13 過去 から の 刺客

 ジェレミア卿を得てシャーリーを失ったルルーシュ。これまでシャーリーにしてきた仕打ちから考えると、あんなに好きだと言ってもらえるルルーシュはどれだけ幸せな環境にいたことか…。シャーリーもナナリーの名前さえ出さなければ死なずに死んだかも知れないだけに、実に惜しいボタンの掛け違え。

#12 ラブ アタック!

 第1期#21「学園祭宣言!」がそうであったように、得てしてまるまる一話ネタ回だと見せかけた回にこそターニングポイントがあるもの。最近のナイトメア最強バトル展開にはちょっと辟易していたところだったので、キャラクターの魅力を存分に引き出した今回は久々に大満足の回でした。
 最大の転機はジェレミアの発動させたギアスキャンセラー。もはや狂人状態だったジェレミアが再登場した時にはまともに見えたのは調子を戻したとかではなく、V.V.によってギアスが解除されたせいか。せっかくミレイ会長のイベントのおかげで学園公認カップルみたいな感じになったルルーシュとシャーリーだったのに、ゼロの正体がルルーシュである事実を思い出して関係はどうなるんでしょうな。マオにさらわれて利用されたりしたくだりも思い出したんだろうなぁ…。
 学園でルルーシュをサポートしているのはヴィレッタとロロと咲世子だが、咲世子は天然なだけではなくてルルーシュ周辺がおもしろくなーれと狙っているようにしか見えないわ。ロロはあまりのけなげさに、本当に弟にしてあげればいいんじゃないかと思うわ。アーニャがナイトメアを持ち出してきたのには吹いたが、ルルーシュの影武者のことを知ってどうするだろう。あの子どもの時の写真といい、個人的にルルーシュに興味があるだけだったらまたそれはそれで面白いけども。
 ブリタニア王族が国を割るような内紛を(見た感じ)起こしていないのは、皇帝とシュナイゼルの圧倒的な能力はもちろん、オデュッセウスの存在って大きそうな気がする。よくもまぁあんな個性的な兄弟が山ほどいる中の長男ながら穏やかで争いを好まない性格になったものだ。これですべての黒幕だったら見事な芝居ですぜ。そういえば、第1期#24「崩落のステージ」以降行方不明だったコーネリアが再登場。黒の騎士団の味方ではないとしても、ルルーシュの敵ではないポジションになるかもしれないな。
 次回もナイトメア戦ではないようでなにより。日本独立とシャーリーとのデートを同列で語らないで欲しいが、ルルーシュにとってはそれぐらいデートが難しいイベントだと感じられるってことよな。じっくり戦略を練るよろし。

#11 想い の 力

 要するに天子様の可愛さにみんなメロメロ作戦ってことですよね。そりゃあ大宦官と天子様なら天子様を誰でも選ぶ…まぁそんな単純な話ではなかったけれど、そういうことでいいよ。戦闘面は結局強いナイトメアが出てきたらそれを上回るテクノロジーでという話になってしまって、どーせどーせという展開なのであんまり期待していないが、人間関係のごちゃごちゃっぷりはすばらしい。影武者咲世子がどうもシャーリーにいらんことをしてしまった予感だよ。アーニャとジノが学校にやってきたのはどこかで真実を知られて殺すしかないって話になるってことですね。
 ジェレミア卿は改造人間としてのレベルが上がっているみたいだ。最終調整が済んだらゼロを狙って出撃してくるんだとしたら、やっぱりラスボスは全力さんだったんだよ!って話だが。
 ミレイ会長が帰ってきて新キャラも増え、学園編はよりギャグ色が強まりそうだ。