ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

 ケータが大人になり、妖怪が見えなくなって妖怪ウォッチが使えなくなった30年後。妖怪ウィルス「鬼まろ」と、鬼まろの集めた力によって復活する鬼王・羅仙の脅威が迫り、新たな妖怪ウォッチ所有者の戦いが始まる。
 最初の予告編を見たときは嘘ネタかと思ったら、ガチで30年後だったのでやや驚かされた。パンフレット掲載の日野晃博インタビューをみると、妖怪が「かわいくて面白い」になってしまったための方向転換だったとのこと。確かに、ジバニャンとかコマさんとか、妖怪っぽさゼロで、単なるゆるキャラにしか見えんもんな。
 ストーリー面では特に文句はなかった。やたらと「死」(あるいは「倒す/退治する」ではなく「殺す」)がクローズアップされていたのは、キッズ向けとして異色な感じ。一部の子どもだけれど、後半はやたら「こわいこわい」と言ってて、それは「妖怪が恐い」ではなく作品の雰囲気に起因していたので、日野さんの狙いとはややズレてしまってるのでは。
 ナツメちゃんはすげえいい子だと思いました。予告編では「ケータの娘」と宣伝されていたが、本編中では名字が天野であること、弟の名前がケースケであること、両親の外見がケータとフミちゃんっぽいという示され方(セリフなし)で、あくまでケータの娘であるとは明言されず。広報の都合上、ケータとつながりがある主人公にしておきたかったんだろうけれど、これなら、ケータの娘である設定はもっと隠れてても大丈夫だったのでは。
 鬼太郎コラボに関しては、嬉しい反面、第5期(2007年〜2009年放送)バージョンでコラボして欲しかったという思いが。高山鬼太郎にかなり慣れてたので、野沢鬼太郎まで巻き戻るとなー。あと、目玉おやじ田の中勇が唯一無二ということも実感した。前述の日野インタビューにある「恐い妖怪への回帰」と重ねると、猫娘が萌えキャラ化した第5期じゃないのはしょうがないか……。しかし、素直に鬼太郎の新たな映像が作られたことを喜んでおくべきだろう。ゲゲゲの鬼太郎新シリーズはよ。
 なお、ナツメ役の上白石萌音、トウマ役の千葉雄大はめちゃうまいっす。さすが宮水三葉&ゴセイレッド。

ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂(2008)

 @なんばパークスシネマ シアター11
 2008年は多くのアニメ映画を見てきて、たぶん今年最後がコレになると思うが、おそらく年内でもトップ3に入る出来の作品だった。
 骨董屋の中で鏡爺と鬼太郎が戦う場面のアクションは序盤ながら必見の出来映え。妖力を失って力の落ちた鬼太郎を鏡を使った戦術で翻弄する鏡爺、分身した鏡爺との100人組み手、そして妖力が戻ってからの鬼太郎がねずみ男の協力を得て鏡爺を圧倒するまで、と流れも素晴らしい。エピソード的にはテレビアニメ1本分ぐらいのものだったけれど、このクオリティは特筆に値する。
 封印を解かれて真の姿を現したヤトノカミは、戦闘シーンの迫力はもちろんだが、出現シーンの方を推したい。まずは首が一本ずつ地中から生えてきて、最後に町をにらむように巨大な目が現れてメインの首が現れるこの巨大さ。ハッタリかましすぎだけれど、この巨体で鬼太郎を追い詰めるのだから見応えがある。戦い自体ではあまり鬼太郎を苦しめたわけではないけれど、実に爽快だった。
 ご当地ネコ娘については本当にお遊び要素なのでDVDで全パターンを確認するのがよさそうだが、劇場スタンプは各地域別になっているようなので悩みどころではある。
 5人鬼太郎集合にももうちょっと力を入れて欲しかった。ネコ娘ねずみ男の出番が少なすぎる……。
 このあと、ゲゲゲの鬼太郎(第5期)自体が打ち切られてしまうとは思わなかった。映画、いい出来なのに。

#43 妖怪ミステリー列車!

 みんなが大混乱に陥っている間もろく子と鷲尾だけは展望室でイチャイチャしてたわけで、この二人にとってはいい旅だったんだろうな。割を食ったのはまた図らずも女性に弱いところを見せてしまった鬼太郎か。

#42 オベベ沼の妖怪かわうそ!

 ねずみ男みたいに平気でうろうろする妖怪がいる中で、こうやって迫害される妖怪もいるんだなぁ。今回は本当にねずみ男がいい働きしてたな。
 川男の地味な会話が妙に面白い。

#41 打倒鬼太郎!ねずみ男大逆襲

 ねずみ男って妙なのに好かれるんだな。地獄少女の骨女とは違って本当のガイコツ女なのに妙に色っぽいのはどういうこった。

#39 ぬらりひょん最期の日

 ぬらりひょんの脱獄。前に日本妖怪悪の頭領と言う割に手下が少ないとか書いたが、ちゃんと捕まった仲間以外にもたくさんいたらしい。それより、フリーの殺し屋妖怪とかをのさばらせているのはいいのかという問題はあるけどな。かまいたちほど強いならぜひ仲間にしておくべきだろう。

#38 パパになったねずみ男

 ねずみ男が男らしいところを見せつけた。いやまったく、見越し入道への説教は正論だったな。子育ては苦手でも、子どもには好かれるタイプかもしれんなぁ。

#37 鬼太郎敗北!怨念の鬼髪

 釘宮声の妹の髪の毛のために黒鬼髪に取り憑かれた姉。姉のために妹が自分で髪を切って円満解決なんだけど、そのためにピンチになった鬼太郎の立場ってものが…。

#36 レスキュー目玉おやじ

 妖怪たち、テレビに影響されすぎー。この調子でメロドラマが流行ったりしたら大変だぜ。消防隊とか警察モノならかなりお役に立ちそうだから、そのままノせておくのも手だな。イエス、ダディ!

#35 死神の極楽ツアー

 妖怪たちの温泉ツアー。ろく子さんはスタイルよさそうだなあ。砂かけばばあのサービスはいらないです、勘弁してください。
 死神の仕事といっても、わざわざ殺すわけではなくて抜けた魂を集めるだけならそれほど苦痛ではないような気がするんだけれども。

#34 妖怪横丁の地獄流し

 地獄流しという単語から地獄少女を連想してしまった。鷲尾君はろくろ首が妖怪であることを知っていて付き合っているみたい。すごい包容力だな。
 妖怪相手に拳銃で勝てるわけないと、もっと早く気付こうぜ。

#33 大逆襲!日本妖怪

 ミイラ男バルモンドが火に弱いのはいくら地獄の業火とはいえ見た目そのままですな。えらそうについてきながら戦力になっているんだかいないんだかわからなかった五官王の活躍の場が無事あってよかった。ただ、おいしいところは蒼坊主に持って行かれて涙目。
 島の秘宝は鬼太郎が預かるので今後島が襲われることはない。最初からそうしときなさい。

#32 上陸!脅威の西洋妖怪

 12年振りに襲来した西洋妖怪軍団と、鬼太郎率いる日本妖怪軍団が鬼界ヶ島で対決。せっかくホームグラウンドなんだから、妖怪片っ端から連れてきたら良かったのに、と思ったのだが、敵の強さが半端じゃないんですね。ネコ娘ですら置いていかれる状態。そして出てきた変なグッズ。鬼太郎も進化したものだ…。
 12年前は幼女だったミウが立派に育ち、赤ん坊だったカイが青年になっていたのに、鬼太郎はそのままなのね。アマミー族は人間に近いから年をとるのかな?