ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 episode12<終>

 逃げたキトーを追ったシュウとアキラ、どう倒すかと思ったら車を飛ばしてヘリにぶつけるとはね。一番の活躍は先生だな。ポリリンちゃんも帰ってきて、一件落着。エンドロールではすわキトーとキリエが生き残っているなんてと見せかけて、先生とモニカかよ!ポリリンちゃんのヅラもちょっとショックだったぞ。
 アキラがツッコんでいたが、探偵ものなのに事件を解決することはなく、じゃあ魅力的な一本のストーリーだったかというとそうでもなく、ただインパクトのあるポリリンちゃんというキャラクターだけを残した作品。そもそもが「大人向けの作品を目指す」とか言ってる時点でイヤなフラグは立っていたのだが、その第一印象を覆すことなく空気に飲まれて消えていった。どこが悪いというか、全体的に面白みに欠けるのだよな…。あと、アヤカがただウザいだけのキャラで終わってしまったのはなにゆえ?これだけはご都合主義でいいから、後半に活躍ポイントを一つあげて欲しかった。途中までのウザさが一切フォローされないままではかわいそうだ。

#11 episode11

 裏切ってるのか裏切ってないのかわからなかった先生、「ワシはいつでも正義の味方」といいつつも決してスパイの目であの施設内を見ていた訳じゃない気がする。キトーもキリエにツッコまれていたけれど、なんで先生に指輪渡したんだろうな。仮にも敵だった人ですよ。
 バケモノ大暴走でキリエをはじめ、キトーの部下たちがばっさばっさとやられていく。キリエはガラスになって死なないところを見ると普通の人間だったのね。

#09 episode9

 ソフィアはサラとは違う症状を見せていたようだが、元になった薬が違うのかも。いよいよサラの場所をかぎつけたキリエたちとの争いが始まる…全部シュウの甘さから来てるよね。

#07 episode7

 アヤカの放浪は拳銃を得られずにおしまい。最後までマナミはちゃんとアヤカを尾行してたな。拳銃を欲しがったのはシュウが持っていたからという単純な理由だけれど、今までのアヤカの役立ち具合から考えると拳銃を持つと奪われるタイプだと思うのでなあ。

#06 episode6

 またマナミか!たぶんこの子がおとなしくしているだけで話は今の2倍スムーズに進んでいると思う。ラグスタウンを自分の町だと言い切るだけあってただのオカマではないポリリンちゃんの方がよっぽど頼りになるぞ。
 「面白い」といえるのはポリリンちゃんと伊藤美紀のハジケっぷり、あとは正直良くなる兆しが見えなくて不安。

#05 episode5

 サラの引き渡しを巡ってシュウ・ポリリンとキトー・キリエが会食。ドレス姿で登場したポリリンに噴いたが、男子トイレに行くのを嫌がりながらも堂々と用を足している様子には一種の清々しさを感じた。サラ以外の女性のサービスシーンが少ない割に、今回のポリリンのドレスはしっかり尻のラインまで書き込んでみたり、シュウが裸で寝ていたりシャワーシーンがあったり、どうして男ばっかり色っぽく描くんだ。
 マナミとアヤカのお子ちゃまコンビはまた足を引っ張っているなぁ。大人は大人はと言っていることが子供の証。

#04 episode4

 身体のクリスタル化は兵器としての能力で、抑制剤が切れると危険らしい。という重要な情報も出た回だったのだが、縛られたアキラの姿がまぶたに焼き付いて…。

#03 episode3

 マナミの「自分の力で先輩を探し出す」という思いは立派だ。でも、依頼は「見つけてくれ」なんだから、マナミが見つけるか否かは問題ではなく、どんな手段を使ってでも先輩を見つけ出せればいいんですよ。楽な手段かもしれないけれど、ボブさんにお金を払って情報が得られるならお金を出せばいいし、アキラを使って情報を得られるなら使えばいい。ボブさんの言った「思春期だねぇ」が全てだな。

#01

 探偵やら探偵見習い女子高生やらが町を揺るがす事件に立ち向かっていく、大人向けアニメ。三木眞一郎らが中心となり5年越しで制作。……まぁなんというか「大人向け」「5年越し」あたりのキーワードはいやーな雰囲気を出すワードでもあり、実際作品を見ると萌え要素でオタクにおもねらない作りで「大人向け」の意図するところはなんとなく伝わってくるが、まだまだこれからだなぁといったところ。