ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

 浪人寸前の桃先輩に「無限軌道杯」優勝をプレゼントし、一芸入学してもらおうと考えたみほ達。学園艦内に眠るもう1両の戦車・マークIVを見つけ出し、その過程で出会った船舶科の5人をサメさんチームとして引き入れて「無限軌道杯」に挑む。しかし、初戦の相手「BC自由学園」は優花里の諜報潜入を見抜き、仲違いしているかのように一芝居うって優花里を欺き、当日、見事な連携で大洗を窮地に追い込む。
 大洗のみの力ではないとはいえ、大学選抜戦で勝利したメンバーの多くが所属しているだけに「いまさら高校相手か」と格落ちを感じてしまうところだが、そこを逆手にとり、情報戦で負けることで大洗側ピンチに追い込んだのは見事。諜報フィルムを見ると、BC自由学園前でレポート中の優花里の背後を通りかかった生徒が優花里の方を見ていて、気付かれているのは明らかなのだわ。
 ただ……公開初週に2カ所の映画館でパンフレットが完売しているという状況は、買いたかった人間からするとふざけんなと思う。

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015)

 が、ガルパンはいいぞ
 いやー、大学側も強いぞ描写されているにも関わらず、一時的に半数以下まで押し込まれているのはどうなんだろうと思わんでもないけど、誰も大洗学園側が負ける展開なんて見たくはないわけで、そこ勘案すると、こんな感じですかねえ。全体の戦況は気にせず、目の前の戦いや音を楽しむべき。