ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#22 地球圏再会

ビーム・カーテンを広げるモビルスーツと激突して宇宙で人の声を聞いてゾッとした。
次回『Gのレコンギスタ』、「ニュータイプの音」。
バッテリー・チャージ!

#20 フレームのある宇宙

宇宙にも海があった。G-セルフも敵もこの海水地獄から脱出できるのか。
次回『Gのレコンギスタ』、「海の重さ」
君のバッテリー フルチャージ!

#19 ビーナス・グロゥブの一団

巨大バッテリーの玉やフレームのある宇宙で戦える僕は天才かもしれない。
次回『Gのレコンギスタ』、「フレームのある宇宙」
バッテリー・フルチャージ!

#18 三日月に乗れ

ビーナス・グロゥブへ行く宇宙船に乗り込めばマラソンはやる、メカの点検整備、メガファウナの修理と超多忙。
なのに訳の分からない一団が乗り込んできて動くな!と言うんだから楽になる。
僕なんか眠らされちゃったんだから。
次回『Gのレコンギスタ』、「ビーナス・グロゥブの一団」。
見たって言い触らしてくれ!

#17 アイーダの決断

なんでメガファウナにマスクが乗り込んできたり、よその人がデッキの上でモビルスーツ戦をやったりするんだ。
おかげで僕はトワサンガの変なマシンと戦い、挙げ句の果てに軍艦に追いかけられてクレッセント・シップに突進することになる。
それが旅立ちだなんて何!?
次回『Gのレコンギスタ』、「三日月に乗れ」。
息を詰めて見るんじゃないよ!

#16 ベルリの戦争

ラライヤさんは操縦を覚えたネオドゥを使うことになり、
マスク部隊もバララさんに新型マシンを使わせたことで戦うことになった。
が、その後敵味方のマシンは総出で月の裏側で宇宙のゴミ掃除をすることになってしまった。
次回『Gのレコンギスタ』、「アイーダの決断」
話分かりたければ見るしかないでしょ!

#15 飛べ!トワサンガへ

モロイの町の郊外で出会ったレジスタンスの案内で彼らのリーダー格という人に紹介された。
それで僕とアイーダさんがなぜG-セルフが操縦できるのかという謎が解けた。
おかげで僕はアイーダさんを姉さんを呼ばなければならなくなった。
次回『Gのレコンギスタ』、「ベルリの戦争」
理不尽というのはこういうことだ。

#14 宇宙、モビルスーツ戦

メガファウナは月の裏側に向かった。
トワサンガの軍艦はこれをさせたくないから追撃部隊を出してくる。
ならば防戦をする。
行くためにはしょうがないでしょ!
というおかげでメガファウナはついにラライヤの生まれ故郷に上陸をした。
次回『Gのレコンギスタ』、「飛べ!トワサンガへ」。
宇宙に提灯が浮いていた!

#13 月から来た者

せっかく出会ったマニィはガランデンに帰るといい、クリムとマスクはザンクト・ポルトを盾にしたモビルスーツ戦をやるのだから僕はキレた。
ラライヤさんは元気になった。
そして、戦いのついでのようにアイーダさんは月に行くと言って僕をおだてる。
次回『Gのレコンギスタ』「宇宙、モビルスーツ戦」。
現実を直視しなさいよ!

#12 キャピタル・タワー占拠

新たなる敵の出現に驚かされたのに、もっと驚いたのはマスク部隊とクリム部隊と僕たちが共同戦線を張ってしまったことだ。
あげくに1つのエレベーターにクリム大尉とマスクが一緒になれば、おねえさんたちの香りに圧倒されてしまう。
それはしまったことだった。
次回『Gのレコンギスタ』「月から来た者」。
見なければ何も分からない!

#11 突入!宇宙戦争

ハッパさんは頑張ってG-セルフ武装を強化してくれる。
アイーダさんはおだててくれるから、僕はそれを使ってみせる。
その結果が縛られて、ザンクト・ポルトに上がることになって
大聖堂で見たものは、母と法皇と、そして……
次回『Gのレコンギスタ』「キャピタル・タワー占拠」。
見えない敵は怖い!