ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

総括

 ぶっ飛んだ戦術(「心臓抜き」とか「あおり返し」とか…)、感情移入しにくい主人公、ガチホモ神聖皇帝、ぱっとしない戦闘(ずらっと並んだコピペ戦艦群)、常につきまとった低調な作画。根幹となるストーリーも最初はクレオvsヴェッティで固まっていたのに、黒十字の向こうへ行くための巨大戦艦の話が少し唐突だった感もあり、この作品が苦戦したのは理解できる。あと1クールか2クール放送することはいくらこの作品を好んで見ていた私でも無謀だと思うので、打ち切りは止むなしだろう。しかし、どこか憎めない作品であった。
 個人的に、ラルフの扱いが惜しい。レイチェルの嫉妬をかき立てるキャラになったのは面白かったのだが、ヴェッティがあれほどあっさりラルフを忘れてしまうとは。最終話に回想もなく、もちろんラルフが幸せになる終局が訪れる可能性は低かったにせよ、ヴェッティだけはラルフを忘れないで欲しかったな。って私はヴェッティ×ラルフ推進派ではないよ。
 木曜夜を飾るネタアニメだった、ということになってしまうかな。色々楽しめたのは事実です。

#26 喝采のごとく…<終>

 OP抜きで本編突入の最終回。皇帝軍が王家秘伝ガラスコピーして艦隊組んだから"ガラスの艦隊"だったりするのかな…。本当はクレオ陣営にももっと船が増える予定だったのかもしれないが、続きが描かれることはなかろうし。
 人民軍と皇帝軍がドンパチやってる間に黒十字が大接近。両軍艦隊が戸惑う中、ガラスの戦艦と皇帝座乗のコートドールは最後の一騎打ちに挑む。更に接舷して文字通りの「一騎打ち」へ。剣ではヴェッティが勝ったようだが、口先ではやはりクレオの勝ち。どこかの不思議空間でヴェッティに「お前の薔薇は今花開いたんだ。」なんて言ってる。ヴェッティの薔薇は最初から満開だったかと思うけども。何ですかこのウホッ空間は…。
 黒十字によって領土艦は一つになり母なる大地となった、らしい。ジョン・フォールはあの戦争を無事生き残れたようだ。クレオは自分のソレイユをヴェッティに与えたため、クレオは消滅。ヴェッティが生き残り、ガラスの戦艦(=全ての大地の核になった模様)のクレオの席に座って号令を。ミシェルがヴェッティにクレオを重ねていたのが泣けるわ。


 最終話の主な戦死者。
 ジャン:ミシェルの執事、巨大戦艦大破の際にミシェルを庇って死亡。「ラシーヌ様、クレオ様とお幸せに…」
 ゲイリーとノルディアン:掃き溜めの星からの生き残り二人。巨大戦艦大破後退艦せず、ジラードの艦に体当たりをかけて死亡。「俺たちも風になるっちーー!」「我が青春に悔い無ぁぁし!」
 ジラード:神聖皇帝軍提督。巨大戦艦中枢部へ攻撃をかけ大破させるもその体当たりを受けて死亡。「なぜ沈まぬ、なぜだああああ!」
 ハイザック:ガラスの戦艦砲手。巨大戦艦救命艇から脱出するクレオ、ミシェル、シルアを庇って死亡。「王家秘伝の純情は永遠なり…」
 レイチェル:十字星教法王ゴルナの娘、神聖皇帝ヴェッティの妻。十字星教徒たちを導きながら、母艦ごと黒十字に飲まれて死亡。「ああ…銀河が…銀河が泣いている」
 コンラッド:神聖皇帝軍参謀。再構成される領土に艦が挟まれて爆沈。「これが神の意志だというなら、我々は何だ…何のために戦い続けてきた…我々は一体何のために…」
 クレオ:ガラスの戦艦艦長にして旧王家の血を引く"銀河の風雲児"。ヴェッティとの一騎打ちの末、自分のソレイユをヴェッティに与えて姿を消す。「重い鎖は解き放たれた。天使の翼を広げ、お前だけの風になれ」

#25 血戒のごとく…

 先週のクレオ×ミシェルに続いてハイザック×シルア、アイメル×ノヴィが成立。いよいよ佳境ですな。
 ヴェッティはラルフの末路に気付いたようだが、思ったほど動揺してないなぁ。ラルフという緩衝材がいないからか、ヴェッティが悪皇帝道まっしぐらだわ。かわいそうなラルフきゅん。
 十字星教による母艦制圧、法王が俗な目的であったことが明らかになり暴動発生、逃げようとした法王にとどめを刺したのはレイチェル。ちょっくら駆け足すぎるぞ。法王がアホにしか見えん。
 ちなみにテレ朝版はここで打ち切りだとか。それはひどすぎる、最終回が後日談だけってんならいいが、何も解決せず何もまだ回収してないよっ。

#24 修羅のごとく…

 ヴェッティ様、あんたそんな女に負けてる場合じゃないぞ。ちなみにレイチェルさん、ヴェッティ様からのあんまりな発言は前からだったので気付くのが遅かったですね、つーか奴はガチだと何度言えば。
 ら、ラルフーーーーーっ!! まさかレイチェル→ラルフで刺すとはな。ここ数回のレイチェルのダークサイド転落っぷりは見事なものがあったからなぁ。ホンマモンを煽ってはいけないという話。さようならラルフ。このあと、ヴェッティの前で何事もなかったかのように振る舞うレイチェルを見るに、本当にこれは煽ってはいけないヤツになってしまったんだなぁと。
 ギルティ一族とか話がぶっ飛んできたよー。クレオ、ヴェッティと和解するだけじゃなく命をやってもいいとまで言うか。和解まではともかく、命までやるとはクレオらしからぬ消極的な意見に思えるなぁ。丸くなるってことはそういうことかしらね。言うこと聞かないヴェッティの剣からクレオを庇ってアイメルが刺される。ノヴィが必死の手当をしているけど、腹のど真ん中ぶっすり刺されちゃ助からないんじゃ…。
 で、やっぱり決戦しかないわけね。

#23 深紅のごとく…

 #22は地上波では欠番。
 クレオが殊勝なことを言っている…っ! ガウェイン提督の死や掃き溜めの星からの仲間の死がやっとクレオに影響を及ぼしたのだな。少年クレオ再登場、なんでこの子があんな奴になってしまうんだろう。世の中奇々怪々。
 せっかくのラブシーンなのに作画が戻らぬまんまだった…。アイメルはもちろんだが、可愛く描いてもらえなかったミシェルもかわいそす。他の萌えアニメであそこまでやれば大盛り上がりなんだがなぁ。ああ、そういえばSoul Linkなぞというそこまでやってもアレだったアニメもあったな。
 ヴェッティ、ラルフ、レイチェル周りは法王があやしげな動きを見せたため先手を打たれて捕縛され、これはレイチェル裏切りフラグなのかな。このままだとラルフが刺さないじゃないかっ(←どうしてもヴェッティには刺されて欲しい人)

#21 瓦解のごとく…

 宇宙を飛んでいるあやしげなのは何…もうメチャクチャですね。宇宙に風が吹いているとすれば黒十字へ向けてか、クレオのまわりだけじゃないかな。
 バダックがガウェイン提督の元配下だった件、打ち切りがなければ伏線をしっかり回収できたのだろうか。結局生きてる間に再会はできなかったのね。
 ミシェルとB.B.の危機に、直接ミシェルのいる場所に戦艦で突き刺さってくるってあたりはクレオにしかできないよな。ミシェルが巻き込まれたらどうするんだ。バ
 ヴェッティ様の死期が近いなんて嘘だあああああ、ソレイユに翳りなんてないよっ。むしろその前に刺される可能性が大だとずっと思ってるわけですが。特にレイチェルがものすごくヤヴァイ。いつ刺してきてもおかしくない。

#19 獅子のごとく…

 ヴェッティ様が撃ってきたのは超巨大砲弾だと思ったけど、それが小さく見えるぐらいの巨大戦艦なのか! そしてさようなら予言者。何だったんだあんた。
 巨大戦艦はガウェイン提督の熟練指揮で、ガラスの戦艦はメイドの操艦で華麗に神聖皇帝軍を蹴散らす蹴散らす。ガウェインとヴェッティ様が一騎打ちするのはいいけど、そんなに体格差あるんかよ。時折戦の太い色っぽい作画になってて、全体としては統一感なかったけどなんか良かったな。
 とりあえず今回は両軍ともに無限弓矢使いすぎ。親分…なんであんたが死ぬところの作画クオリティ、ひどすぎるよ……
 最期の最期で何言ってんだ提督ーーーーっ!そんな、クレオとヴェッティが兄弟だなんて(確定してないけど)。仮に二人が兄弟だとしたら、惹かれあうのは兄弟だからだとでも言うのか、そんなのガチのヴェッティが許しませんよ!!

#20 覇道のごとく…

 いっぱい戦死したので巨大戦艦の艦橋に三人ぽっち。クレオとミシェルは宇宙空間でも死なないし、普通に会話できる。おまいら何者ですか。ハイザック×シルアが自然にカプリングされてるしー。
 レイチェルが何かよからぬ雰囲気。あの剣で刺されるのはヴェッティなのかラルフなのか、その他誰かなのか。
 ヴェッティはラルフ眼中にないし。刺されちゃうー、ヴェッティ様はラルフに刺されちゃうー。

#18 飛翔のごとく…

 #17は地上波欠番。
 死に向かうヴェッティをなんとか救おうとするラルフは可愛いのだが、予言者に騙されてるんじゃないのか…。ラルフかわいいよラルフ。
 ガウェインは予言者の館の地下の巨大戦艦にクレオを案内、クレオの体内のソレイユで機関が始動するっ。これが「星の箱」なのかねぇ。そして囚われのラルフはアイメルのいいオモチャに。
 ミシェルとシルアは自力脱出。手と手を取り合うあたりは主人公とヒロインの逃走劇みたいだけど、女の子同士です。一方、ガラスの戦艦とハイザック達も脱出行を開始。「王家秘伝の駆け足をぬぁめるなああああ!」「やるな王家秘伝」て、茶噴くわ。

#16 回天のごとく…

 いよいよ本テーマが出たか。黒十字に引き込まれつつある銀河。
 さすがはガチのヴェッティ、レイチェルになんて興味はないぜー。そしてクレオを求めて不気味な剣舞を…前々からおかしな人だとは思っていたけれど、やっぱりおかしい人だな。(剣舞じゃなくて剣のお稽古らしい)
 クレオの方はやっとこさ脱獄のようで、ミシェルや戦艦との合流はまだ先か。もっとクレオとヴェッティががっつり戦ってくれないと盛り上がらないなぁ。

#15 威風のごとく…

 クレオがクサイ飯をうまいこと言ってアイメルに食わせた。部下の扱いがひどい、作画もひどい。切り裂き女医によればクレオの体内にはソレイユがあるとのこと。同様の反応があったヴェッティもソレイユを内蔵していると考えてよさそう。#4あたりでクレオとヴェッティの服が吹っ飛んだのはソレイユ同士の反応か何かだったのかねえ。
 脱獄計画立ててみたものの、ずいぶん杜撰な計画だったようであっさり失敗。坑道を落ちてクレオが辿り着いたのはあやしいじじいのお部屋。これがガウェイン提督だったのだよー。バダットの元上司だっけ。最初はお互い気付いてなかったが、クレオに気付いた提督が殿下と呼んでいた。本当に王家の血筋だったのね。
 ミシェルの方はお風呂でした。本当に何があったんだか…一晩放置も十分に辱めだもんなぁ。出会ったヘクターは約束通り帝国の幹部に取り立ててもらえないのを愚痴っていたが、あんたの場合は粛清されてないだけマシだよ。
 なんか風が吹いてきたかも、ってとこで来週は休止。

#14 夜明けのごとく…

 総集編したから展開が加速したのか、アイメルとミシェルがダブルで危機。
 クレオはやっぱり心配するだけ損だった。致命傷というのは治癒能力がどうこうで助かるもんなのですか。お前は士郎か。突撃中心のところもそっくりだ。
 アイメルのピンチはクレオが華麗にレスキュー。まだ体調万全というわけではないのでひどいツラだが。ひどいツラなのは作画の問題とか言わない。
 ミシェルのピンチは救う人が居なかった…。朝チュンでアウトかと思いきや、ヴェッティ様のあのお姿!まるで抜け殻のようじゃないか。やったぜミシェルゲットぉぉぉぉぉぉぉぁ…心中お察しします。そうだよな、視聴者はもうミシェルが女性なのを知ってるから正常な男女の営みに見えるが、ガチのヴェッティ様にとっては許せないよね。何もされてないんだからミシェルがショック受けることもないんだけど、女性としての魅力を全否定されたようなもんでもあるのかな。相手はガチホモだったと諦めてください。
 そういえば小物のヘクターが帝国にあっさり約束を反故にされてた。救われない人だな。
 ED変わった。クレオが別人。
 来週・7/20はお休み。7/27は25:32〜。が、学園ヘヴンとバッティング…どっちも突っ込み甲斐があって捨てられん。

#13 迷宮のごとく…

 総集編。衝撃の2クール目へ向けて、なぜか剣を交えたら服が吹っ飛ぶとかをもう一度。クレオの心臓とヴェッティの目は互いに反応しあうようにできてんのかな。

#12 落日のごとく…

 一番の見せ場がやってきました、神聖皇帝軍vs人民軍の大激突。いつも通りほとんど真っ正面から打ち合うだけ。どんだけ中央突破とかしても、結局数が多い方が勝つと思いますが。
 ショックだったのは"心臓抜き"が防壁を厚くすることで防がれてしまったこと。確かにこの技が領土艦相手にでもバシバシ決まるような技ならもう皇帝軍は勝ち目無いもんね。だが、その前には体当たりで高機動艦隊の船を葬っていたりする。体当たりで船沈められるんならハイザックのいる意味が…
 ヘクターのところにコンラッドが来たのはミシェル出撃後のようで、その驚きようから見ると内通していたわけではなさそう。でもテオドリックをぐっさり。和平交渉云々のはずなのに、もうヘクターは皇帝軍に寝返ったかのようです。
 ヴェッティ様vsクレオの一騎打ち。ヴェッティの瞳やクレオの胸がきらりと輝いてるがあれは何だろう。その後クレオが尋常ではない苦しみ方をしているんだが。弱ったクレオをヴェッティが一突き。哀れクレオの胸は貫かれてしまった。あの傷はどう見ても致命傷。きっと風が吹いて塞がってしまうんだろうけど。
 クレオの敗北でミシェルはヴェッティのもとに。そろそろミシェルが自分がずっと追ってきたミシェルとは別人だと気付いてもよさそうなものだがな。レイチェルとの婚儀でそれどころではないのか。


頼逞byMETHIEさんより、ガラスの艦隊 ギャグアニメのごとく…
何度ふり返っても面白いアニメですわ。

やはりヴェッティはミシェルが女性だと分かったら興味を失うのでしょうか。

これは気になる。レイチェルは利用するための道具としてしか見ていないガチホモのヴェッティ様が女性に興味なんてあるわけない、よね。

#11 餓狼のごとく…

 衆道、近親相姦、親殺しとヴェッティ様の暗い過去が明らかに。これはラルフも知らないかもしれないことなのだが、それだけレイチェルを重要なものとして扱っていると考えられるか。ラルフの嫉妬がひたすらに怖い。
 クレオの方は人民軍に寝返った役立たず貴族が増えてきたことであんまり順調ではない様子。そんなの気にしないのがクレオだけどな!人民軍参謀のヘクターの様子がとても怪しい。内通しているのか、クレオを疎ましく思っているのか。こちらも一枚岩ではないなぁ。
 来週、ついに両軍の大激突の予定だが…。