ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#24 オモカゲ<終>

 結局、冬吾のお父さんは見えなかったけれど、きっとどこかでは冬吾のことを見ているんだろう。おばあちゃんはあまりに自由に動きすぎだよ。

総評

 放送枠や内容の関係で非常に地味な印象を残してしまったが、エピソードで外れだなぁと思わせるものは少なかったし、ほんわかした絵柄ながらおどろおどろしい雰囲気が必要な場面ではその空気も出ていたし、十分に良作だったな。最近はもっとシャープで動きのいいものが多いけれど、動きだけが全てではないな。

#21 テオイモノ

 今回のは瑞生はそこまで悪くないよなぁ。ありゃ、わざと負けた合田さんが悪いだろう…なぜか明かされなかったけれど、合田さんはなぜ強いのにああいうことをやってるんだ?

#19 メクラベ

 本当はかなりの力を持っていて実際に瑞生に憑こうと思えば憑けたのかも知れないけれど、じいちゃんがおいといたんだから凶悪なやつってわけでもなかったんだろうな。納谷六郎の声はどこか優しい雰囲気を醸し出すので、その効果もあってガイコツのくせに憎めないやつだ。

#18 バタバタ

 てっきりあの厳しい父親のせいでストレスになって…かと思ったけれど、薫の力で出ているというのは読める線だったな。思春期の不安定さは物の怪を呼ぶものと相場は決まってます。あの石はもともと何か立派なものではあったんだろうなぁ、謎の解決も手伝ってくれたし、悪い物の怪ではなかったみたい。

#16 ソラバヤシ

 もいっちょ静流回。さすがに授業までさぼる小関さんはどうかと思うよ。静流が見たようなイメージが見えているのなら、思わず楽しくなって出たくなくなるのはわかるけどねぇ。

#15 ミノムシ

 久々の静流回。「見える」ことでいいことって全然ないから友達も教えられても困るだろうね。言わないという判断はやっぱり正しいんだろうな。
 確かに静流は文章うまくても話術はダメで、そのへんは瑞生の方が達者そう。

#14 ツエザクラ

 最近、瑞生の回が多くないかい。瑞生メインはアヤカシに掻き回されつつも瑞生が一つ賢くなるような話が多くて、孫を見守るような目で見てしまうな。瑞生はできる子なはずなんだけれど、外からのイメージほどに自分に自身がない子なんだよな。

#10 カマイタチ

 なんだか人のいいカゼイタチだったな。カマイタチがついている間は他の物の怪がつかないらしいんだけれど、その瑞生についてたよくわからんやつはなんなんだろう。なんだろうと関係ないか。