ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 一緒だからね<終>

 最終回らしく、サブタイトルに合わせたような姉妹仲良しネタ詰め。
 天下無敵のおりこうさんともあろうものがカナが帰らない夢を見たから一日しがみついてみたり、今度はカナが夢を見てハルカに抱きついたりの1エピソードはカナ、チアキともに可愛く描かれていた。「私はもう(お肉)いらないので消えますよ(うに) カナ」はそう来るかってオチだ。カナらしくない内容なんだけれど、心当たりがあるとこうなってしまうものか。
 そしてラストを飾るほさか、汗かきすぎ。
 後半は南家三姉妹、特にカナとチアキが活躍するエピソードが多くて良かったけれど、その割を食った形でほさかの出番が減ってしまったなぁ。あと、せっかく出したヒトミは単発ネタだったのか。

#12 あったかい所

 アバンタイトルとAパートはキャラクターが丸目・頭身低めで可愛らしいと思ったら、細田直人監督自ら色々やってたのね。でも同じく細田直人が担当しているエンディングの絵柄とはまた違う気がするけど。一方でどうしたBパートという感じが……。
 口喧嘩チャンピオンチアキ、カナの屁理屈の前に屈する。いやいや、本当に仲がいい。無茶苦茶言いながらもカナはチアキのこと好きなんだなあ。

#11 いいイメージ

 藤岡、リコ、ケイコそれぞれの異なる思惑により誰も彼もが風呂をスルー、結局唐辛子風呂に入ったのはカナだけ。実は沸いてないという寂しいオチじゃなくてよかったけれど、カナはもう少し事前に気付こう。いろいろと。
 リコの気持ちの空回りはもう少し続きそう。これでカナは連続高得点だったわけだが、バカイメージから脱却できるのだろうか。

#10 態度には

 南家では態度には気をつけろ。トウマはチアキの弟分ポジションだけど、一切遠慮してないからな。さすが末っ子。藤岡の誤解は早めに解いておくべきだったね。
 お願いを通すにはカナをスルーしてチアキを邪険にしない上でハルカへ。カナを巻き込むと話がややこしくなるのは事実だが、よくもまああのナツキの態度で通ったものです。言葉遣いはともかく、笑顔は不気味すぎる。さすがは保坂の後輩。

#09 そうか

 南家への不測の訪問に、「こんなこともあろうかと、変身セットはいつでも持ち歩いているんだ!」と立派に調教済みのマコちゃん。でもハルカはいません。そもそも懸案だったチアキとトウマのケンカ自体が誤解で、家に行ったがために不要な争いが……。
 チアキはプレゼントについて「サンタクロースのセンスに任せる」としながらも、サンタ自体は信じているのね。藤岡はさすがのチョイスというべきか。チアキとの相性は抜群だな。

#07 オレでよければ

 マコちゃん弄り。これだけ「マコちゃん」というキャラクターが浸透してしまったあとだと今さらマコトですと名乗りを上げられても困るしな。一応男の子としての自覚は失っていないようで安心だけれど、ブラしたらもう戻れない気がするよ。

#06 流してほしい

 去りゆく夏。水着がえらくさっくり流されたと思ったらCパートでスク水が用意されているとは思わなかった。水着回にはなんとかマコちゃんを絡めて欲しかったのだが、今回は藤岡で残念。

#05 楽しくなる

 普段だったら無理矢理でも藤岡を巻き込んだりするのにリコや藤岡の思いに気付かず、むしろ気を遣ってしまうカナは可愛いですよね。そこじゃないんだ気を遣うところは。

#04 あるべき秩序が

 ハルカの番長伝説を裏付けるクロスアイアンクロー。
 なぜかトウマとナツキの兄弟仲を見せつけられる回だった。この仲の良さにはハルオ(仮)も悔しがって当然である。