ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 美少女だらけの水泳大会 ポロリもあるよ<終>

 最終回に水着回をとっておいたか。水着妄想だけで鼻血出し切るかなこさんにも困ったもので、マウストゥマウスの妄想っぷりは一体どうなったことかと思ったけれど、オール夢オチとはコケさせてくれる。藤一郎親衛隊がどうみてもフレッシュプリキュアです。
 そして最大の被害を受けるのは静珠なのね。鞠也の妹にしておくには惜しい子だ。

総評

 原作は知らないが、新房テイストが存分に活かされた作品だったと思う。かなこさんがどれだけ虐げられてもそれほどかわいそうではないメンタリティの持ち主で、本人もいじられることには納得がいかないまでも状況は受け入れているし、非常に面白かった。

#09 穢された聖母・後編/妄想の果てに

 以前はパンツ、今回はナマチチ、もう絢璃は立ち直れないかも知れない。
 鞠也と茉莉花も慣れてきたというか、かなこの妄想を微細に分析してるなぁ。かなこの行動は読めすぎる。

#08 穢された聖母・前編

 みんなでコスプレして楽しい聖母祭というのをそのまま受け入れるかなこさんはどうよ。確かにあまりに素晴らしいお祭りではあると思うけれども。

#07 疑惑の黒下着

 黒下着あっさり終わっちゃったよ。女友達3人以上のグループにはこういう現象はありがちだと思うが、一番冷静っぽかった弓弦が一番乱されるのは意外。サチの性格だと奈々美以外にも優しそうなので、弓弦の嫉妬対象は多そう。かなこは案外ハブられてるねえ。

#05 禁断の匂い/乙女の秘蜜

 桐さんとのお友達大作戦。最初からストレートにお願いするのが早かったんじゃないのかコレ。価値観や言動は独特だけれど悪い子じゃないんだよな。
 入寮の手引きが「神の掟」か。さすがゴッド。隠しようによっては認めてくれるというのは慣用というかなんというか。しかし額に入れたテレビでよやく合格点では、追試でも赤点は必至だな。

#04 悦楽の代償

 隆顕様の必死さが素敵で無敵。こんなのばっかり見ているから感覚が麻痺していたけれど、女の子好きなのってかなこだけなんだったか。桐ちゃんの言動もまたなぜか極端で、この子は覚悟完了しているのかなんなのか。

#03 被虐の若芽

 何が住んでいるんだそのカバン。
 鞠也や隆顕と仲良しであるがゆえに苛められるかなこだが、あんまり悲惨に見えないのはかなこのキャラクターゆえか、鞠也のSっぷりの方が目立つからか。本気で描かれるととても見てられないレベルになりそうだから、これぐらいのマイルドさがちょうどよい。

#02 甘美な疼き

 どうしてかなこが目を付けられたのかよくわからんのだが、鞠也はかなこをよっぽど気に入ってるのか。歪んだ愛情だけに、かなこからしてみればとんでもない迷惑なんだが、最後の一線は紙一重回避している状況ね。

#01 戯れの接吻

 かなこは純正百合っ娘なのだが、残念ながら鞠也は女装男子なので偽装百合。「乙女はお姉さまに恋してる」の瑞穂と同じく学園では男であることを隠さねばならんみたいだが、祖父の遺言で女学院に転入しなければならなかった瑞穂に比べて、鞠也は中等部から天の妃女学院にいるわけで事情は深いか。鞠也がいることで見た目は百合百合っぽく見えるけれど、かなこがぱやぱやを楽しむことはなかなか難しそう。