ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#36 本命はお前だ

 「打倒関白」の考えを徳川家康に打ち明けた千利休明智光秀の最期を看取った家康としては、利休こそが光秀敗死の原因だったということを知っていろいろと複雑なようだが、利休は利休で、明智の辞世の句が下の句のない、いわば侘び数寄を極めたものだったことを聞かされて、自分が侘び数寄文化を広げることを考えながらその芽を摘んでしまってたことに気付かされてしまう。家康はイヤミで言ったわけではないようだが、これがクリティカルですよ。

#35 新・ギルティパートナー

 秀吉が利休の企みにうすうす感づいている裏で、利休と組んだ黒田孝高が秀長を暗殺。言葉がトドメになったのを暗殺と表現していいかはわからんが、殺意を持って言葉をかけてるし助けも呼んでないから殺人と呼べるでしょう。秀吉の軍師でありながらこの作品では毛利攻めのときにちらっと出てきただけで、以後ほとんど存在感のなかった黒田がここでヌッと来るか。

#34 日輪のクライベイビー

 たとえ利休といえども、お吟に流れる松永久秀ゆずりの反逆者の血を抑えられはしない。
 利休は「橋立の茶壺」も娘も渡すつもりはなかったのに、娘の方から動くだなんて。余命が長くないから焦る秀吉、それよりも持たない秀長。この間、徳川は江戸にいるわけで、余計な動きに巻き込まれずにちょうどいいのかもしれない。

#33 暗黒のTea-王

 利休と織部、共に歩んでいくことはとうとうできなくなってしまうのか。宗匠の「黒さ」、異様なオーラは服装だけじゃなく登場時から纏っていたものなのだけれど、こうして業と共に色濃く戻ってくると、やはり利休と織部とはとても似ているとは言いがたい。
 明らかに反秀吉で動き始めた利休にもちろん秀吉が気づかないわけもなくて、その牽制に娘を差し出せと。ほとんど表情を崩さない宗匠もこれにはさすがに「…えっ!?」でしたな。こうして対立は深まるわけですが、秀吉からすれば利休を排除したいのでたとえ反発されても都合が良く、秀長が懸念していたとおりの方向へ。

#30 EDOフロンティア

 常に微妙に外してしまう織部、せっかくの七本木も、一本切られてしまっては。
 武田攻めの時は仁科盛信の説得に失敗して天守閣から蹴り出された織部も、ここでは瀬戸物で調略に成功。忠勝の名前を使ってハッタリかますあたりの図太さは変わらないねえ。

#29 関東サーヴァイヴ

 北条滅亡に際して秀吉の元に恭順してきた山上宗二だが、鼻と耳を削がれた上で斬首。それを利休に送りつけたのは石田三成の仕業ですが、背後に秀吉の思惑も垣間見えたりする。そもそも、秀吉は大恩人である信長を弑逆して天下人の地位を得たのだぞ。利休もちょっと見誤ったかもしれんね。

#27 アナーキー in 日の本

 やっぱり織部宅は本人の中でも黒歴史化していた。形あるもの、特に大きいものは消せないから残酷である。
 丿貫の言葉から、侘び数寄の本文を取り戻した利休。織部も利休の言葉で「過ぎたる」ことに気づいて己を見直していたところなので、お互いいい機会だったわけですな。茶室で、利休と織部の立てかけた草履がぱたんと寄り添うように倒れて仲を戻した表現はほほえましい。
 ここんとこ、主人公がふらふらしていて視点が定まらなかったので、ゲヒヒな織部が戻ってきて嬉しい限り。

#26 呪われし夜

 古田織部を「過ぎたるは及ばざるがごとし」と批判した利休自身が、丿貫から同じ言葉を受ける。だってこの人、野望のために信長を排してますから。
 そういえば聚楽第の古田屋敷は丿貫の居にヒントを得たものだったけれど、今は屋敷に帰るたびに数寄傾倒を思い出してはジタバタしてるんでしょうか。数寄の中二病みたいな。

#25 一から出直します

 「過ぎたるは及ばざるがごとし」。北野大茶湯での織部は明らかに調子に乗りすぎていたので、ここいらでぽっきりとな。この「わび」への誤解は、「美味しんぼ」での鍋対決を思い出す。

#13 スキヤキ〜#24 私を北野に連れてって

 古田織部(古田重然)って武でコレといった功績の思いつく武将ではなくて、利休七哲ぐらいでしか知らないわけだが、これだけ活躍を見るとゲームで使いたくなるわけで。天翔記だと戦闘130と、フルチューンすれば一軍半ぐらいでは使えそうなので、やってみるか。
 それにしても、なんでアンサイクロペディアに歴代信長の野望シリーズの能力値が載ってるんだろうね(http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%B0%E9%87%8D%E7%84%B6)。

#12 ホワイト・キャッスル・ブルース

 秀吉がコロコロ態度を変えているのが芝居なのかそうでないのかわからなくて、まさに秀吉の術中にはめられている気分。幟のハートマークに左介のしたり顔はワロタ。
 光秀は本当に私利私欲ではなく家臣や民のことを考えて挙兵したが、だからこそ誰も信用しないという秀吉の評価が実に冷たい。けしかけておいてコレですから。しかも、ここから自分は逆賊・光秀を討つという立場を取ることで、難なく天下人が転がり込んでくるという寸法ですよ。
 7月8日が放送休止で、さらに7月末〜8月初頭にもがぼちぼち挟まるので、本放送時に視聴を続けられなくなった15話は8月12日放送。このペースだと、終わるのは2013年に入ってから。

#11 孤立のメッセージ

 光秀の謀反に対する反応はおおむね冷淡で、姻族の細川藤孝も忠興ともども剃髪して中立を保つ。いかに下克上の世の中でも、主君殺しの罪は重い。信長と信忠の首は必須なのだが、それが取れてないのも痛い。
 戦略面でも秀吉のバランスの取り方は絶妙。中川清秀を300貫文で誘っておいて、その裏では古田左介に500貫文+備前焼を送っている。もちろん秀吉の目論見に気付きつつ、その期待に応えるべく左介は清秀を秀吉側へと誘い込む。光秀は挙兵した時点で負けていたわけですな。

#10 哀しみの天主

 真っ二つにされた信長の上半身がストッと下半身とくっついて、秀吉に末期の茶を点てる。信様、マジ化け物。秀吉とは「ダール・イ・レゼベール」の関係であって、誰とでもそういう関係を築きたかったという信長。この「ダール・イ・レゼベール」、直訳の「give and take」だとなんかドライでビジネス感があるけれど、「愛よ」と信長は言い切った。この前の回では公家相手に官位を断って、世界を制覇して「信」を建国し、その天子となるなんて言ってたりもして、そもそも見えているものの次元が違うよね。