ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#20 明日を見つめて<終>

 最終回ではなぜかアスミ達が子供に戻っていたり、気になるところが色々あるがまとまらないながらに書いてみる。
 すでに佐野先生の話あたりで「宇宙へ行くことは綺麗事じゃない」とみんな実感しているはず。表には出てきていないが、ロケットの開発に絡む利害とか、誰が飛行士になるかとか、獅子号墜落の責任とか、宇宙へ行くにはただ憧れているというだけではダメなのかも知れない、と思わされる。
 圭はテストの中で「アームストロング船長の写真によって宇宙への憧れを抱いた」と言っていた。これは最終回でも繰り返されていたが、彼女は宇宙学校で現実は甘くないと思い知らされている。五人の中で、宇宙飛行士になれないかもという危機感では彼女がトップではないか?
 秋は「そこに宇宙があるから」宇宙へ行くと言っているが、眉を剃った理由などからも見えるとおり、あっさりと学校に入学できたわけではない。
 万里香は「自分の居場所は宇宙にしかないのではないか」という思いから宇宙を目指している。体の問題などでの苦悩は絶えない。
 そんな彼らの前に燦然と現れたのが鴨川アスミ。アスミのおそろしいところは、「みんなで宇宙に行ける」と信じて疑わない純粋な思い。優しさというか、仲間への思いは人一倍強く、閉鎖環境テストで圭と万里香が対立した時も中に割って入ったし(三人部屋ゆえにアスミが止めるしかなかったのはもちろんだが)、あんなに辛くあたった佐野先生にですら「思いは同じですよね」なんて言えてしまう。そんな彼女を見て、圭・秋・府中野・万里香はその背中を追いかけていたのではないか。
 最終回でのアスミの行動は、彼女を宇宙から遠ざける結果を生みかねない行動だったが、ここまでのアスミを見ていればこの行動は納得がいく。アスミは決して他者を見捨てて宇宙に行こうとはせず「絶対に五人で行くぞ」と誓っているから。万里香の身に何か起こったかも知れず、既に助けられた後かも知れないが、それを確認せずにはいられないのである。
 さて、獅子号の飛行士だったライオンさんが、獅子号事件で母を失ったアスミのもとに出てきたのは何とも不思議な縁だが、そのライオンさんによってアスミは宇宙飛行士候補生となったといえる。しかしまた、アスミの力によって、圭ら四人は宇宙飛行士を目指し続けることができているのではないか、なんて思えるのである。上に書いたとおり。府中野なんて、アスミが宇宙飛行士を目指すから自分も宇宙飛行士コースに、だ。
 最終回で、五人が揃ったところでライオンさんはハーモニカを残して消えてしまう(成仏?)が、これはライオンさんが役目を果たしたからだろうか。自分には、ライオンさんを追っかけるアスミ、そのアスミを追っかける四人という構図がここで終わって、五人が一つになったということなのかなぁ、なんて考えてみた。
 あのちびアスミ達は、色んな思惑から解き放たれて、子供の頃の心に戻ったということだろうか?
 感想こそ全話書けなかったが、全話視聴してみてかなりの良作であったと思う。もちろん、全20話というなんだか中途半端な量だが、終盤の原作とは違う展開は頑張っていた。結局何も解決していないような気がするが、万里香がアスミによって補完されたからいいんじゃなかろうか(最後は適当)。

#19 いま君にできること

 万里香とかさねとの交流は原作にない展開だが、上手い。
 アスミは良くも悪くも主人公。ゴール地点を目前にしながら万里香のために戻るってのは常人には真似できない。それを追っかける3人はなんてお人好しなんだか……フッチーは昔からですよね。

#17 サバイバル訓練

 ついにラストに向けてサバイバル訓練が始まった。初回視聴時は気付かなかったが、アスミはちゃんとコンパスを気にする発言をしているのね……次回以降のネタバレになるが、コンパスは他のカプセルにはちゃんと備えられており、無かったのはアスミのところだけ。すなわち何者かがアスミの脱落を狙ったという線が濃厚というわけ。アスミは#19でこれに気付くが黙っているのですよ。

#16 アスミの桜

 幼くして母を亡くし、同級生からはどうも浮いていて、仲良くなった友達とは別れることに……。アスミを支えた宇宙への想いというのはとてつもないエネルギーなんだな。

#14 悲しい笑顔

 佐野先生がくだらない諍いから学校に辞表を叩きつけ、アスミに「さらばだ、強敵(とも)よ」と去っていく話……ではなかったと思うけど、そんな感じだよ。
 獅子号の事故はJRの脱線事故のように、起こるべくして起こった事故だったのだろうか?だとすれば、佐野も友朗もその被害者。死んだライオンさんの中の人も浮かばれまい。ライオンさん本人は気にしてる素振りを見せないが、実際どうなんだろうね。もうそんな感情はないのかな。

#09 カムパネルラの森

 アスミは母親の顔を描くエピソード(#05「おかあさんの顔」)では周りに味方が府中野しかいなかったので、てっきりクラスで浮いてる子なのかと思っていたが、今日は話しかけてくれる女の子がいた。普段はそれなりにクラスに馴染んでいたのかもしれない。圭みたいなタイプからすれば、アスミはほっておけない子だと思うしね。
 アスミに振り回される府中野、鈴成先生。先生はいつもアスミの行く先々で高野君の思い出に触れてるが、アスミが触媒だとは気付かないか。
 しかし、あの10番のマークは普通に探して見つかるような場所ではないように思う……それを昔見つけた高野君はアスミみたいに彷徨って見つけたんだろうか?それともロケット作りの時にでも見つけていたか?

#05 お母さんの顔

 ちびアスミ話。ライオンさんの中の人(高野くん)はここ(幽世とでもいうか)と現世と自由に行き来しているのかなんなのか。今回は一番泣くところだった。
 進んでいく舟の中で振り返り必死でアスミに来るなと母、アスミはぐっと堪えて母のスカーフを握りしめ……。アスミ母のことでいじめてる子供がいたが、あれだけの大事故ならアスミだけじゃなく身内から犠牲者が出ててもおかしくはないんだよ。府中野は当時からもうアスミのお世話係だったんだなぁ。相手がアスミじゃ、彼は心が安まる暇もあるまい。

#04 遠い日の記憶

 ドミノと減圧、「プラネテス」ではフォン・ブラウン号の模型と酸素不足だったかな。模型だと出来上がっていくのが目に見えて分かるけど、ドミノは苦痛だろう。
 男部屋のうるさいのは見た目だけはタップ・オセアノだなぁなんて思っている。スパロボAアンソロジーで自分に応援をかける「タップー、がんばれタップー」に涙した記憶(まったく関係ない)。

#03 星への一歩

 アスミ、府中野に加えて圭、秋、万里香も登場してメインキャラ勢揃い。アスミの部屋はメイン3人(この時点じゃ出会ったばかりだが)なのに、府中野部屋には変なのが一人いるな。噛ませ役になりそうな彼、ご愁傷様。
 閉鎖環境テスト、最初の赤いボタンを「一回だけ」押すとかはともかく、部屋番号分からなくてギブアップした連中に悔しそうな素振りもないのはなぜだろう。このテストじゃ決まらないとたかをくくっているのか、最初から真剣に宇宙飛行士を目指してたわけじゃないのか。ほとんどが後者で、アスミみたいな専願のやつの方が珍しいんだろうか。

#02 アスミの夢

 アスミが成長しちゃったよ、ぷにぷにのアスミを返せよ。
 アスミの父・友朗は元ロケット技師だから、アスミが宇宙飛行士になろうと思う素養は十分。でも、小アスミは自分の父が何者か知っていたんかな。友朗が格好いい、オヤジの背中はなんて広いんだろう。
 次回は宇宙飛行士適性検査、プラネテスでもあったネタだが、大人4人が脱落するような試験を中学卒業したて3人が受けるというのはハードなり。

#01 打ち上げ花火

 アスミはライオンさんと出会った時点ではまだ宇宙飛行士になろうなんて思っていなかったわけなので、この幽霊との出会いは人生のターニングポイントだったのね。
 それにしてもアスミ、ぷにぷに。