ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#11 La Dernière Leçon<終>

 のだめを見つけた千秋は、かつて共演した「2台のピアノのためのソナタ ニ長調」を再び弾こうとのだめに誘いかける。最初は「一緒に弾いてダメだったら、先輩を好きでいられる自信がない」と言うが、弾き終えたときには充足感を感じることに。
 元通りになったのではなく”一度は完全にフラれていた”とは千秋の弁だけれど、やっぱりのだめは千秋が好きだし、千秋だってまんざらではないわけで。
 パリへ来てからの話は映画は合計4時間強だが、アニメでは2クール分使えて、のだめと千秋以外のキャラクターについても十分掘り下げられていたのでは。

#10 Leçon 10

 「もうあんな演奏はできない」と、シュトレーゼマンのもとを飛び出したのだめ。エジプト、ベルギーと旅をしてパリへ戻ってきたが、フランクたちの質問には答えようとせず、ただカトリーヌとセルジュともじゃもじゃ組曲を歌うだけだった。のだめが行方不明になり、そして戻ってきたことを聞いた千秋は、のだめのプロポーズを受ける決心をする。
 シュトレーゼマンとオクレール先生が顔を合わせたけれど、シュトレーゼマンってば本当にノープランでデビューさせてしまえばって思ってたのかな。オクレール先生は、のだめにピアノで生きるための覚悟をつけさせるつもりだったみたい。

#09 Leçon 9

 シュトレーゼマンに連れられたのだめは、シュトレーゼマンのロンドン公演でデビューすることになる。のだめはリハーサルとはまったく異なる独創的な演奏をし、シュトレーゼマンはそれを外すことなく振り切って喝采を浴びる。演奏後、千秋はのだめに会うため楽屋に行くが、のだめは千秋と会うことを拒絶するのだった。
 一介の学生が巨匠との共演でデビューか…。シュトレーゼマンがやらせたかったことは、決してここでスポットライトを浴びさせるということではないはず。のだめの中の何かを信じているんだとは思うんだけれど。

#08 Leçon 8

 千秋とRuiの演奏は、のだめも認めざるを得ないほどに素晴らしいものだった。むしろ、二人はのだめがやりたかった以上のことをやりきっていた。のだめは千秋の家を訪れて一晩を過ごし、翌朝イタリアへ発とうとする千秋に求婚する。しかし、千秋はいつもの冗談だと思ってスルーしてしまった。うちひしがれたのだめの前にシュトレーゼマンが現れ、そんなのだめのやりたかったことをやってみないかと誘いかける。
 のだめにとって、ラヴェルで素敵な演奏をするということは一つの目標であり、最大の目標でもあったわけだが、Ruiにそれ以上のことをやられてしまって、もうピアノで千秋とやることがなくなってしまったと。コンクールに負けて帰国を決めたユンロンや、まだ頑張っているけれどターニャの姿を見て、相当のだめに焦りが出てるよね。だから、「結婚して下さい」は千秋と一緒にいるための希望だったんだろうけれど、千秋ってば「きっと大丈夫だろう」とスルーしてしまったわけで……。千秋の母である征子が「大丈夫なんて思っていてはダメ」って忠告してくれていたのにね。

#07 Leçon 7

 のだめはベートーヴェンに苦戦、千秋の指揮するル・マルレ・オケの定期演奏会すらもすっぽかしてしまうほど練習に熱を入れるのだめだが、オクレール先生には「まだ活気がある」と言われる。千秋はRuiとの打ち合わせのためにRuiの家に行くが、そこはのだめの部屋と同じようなとんでもない部屋だった。Ruiの部屋へ行くと聞いたのだめは、その裏切られた気持ちをピアノにぶつける。
 Ruiもラヴェルの曲を「のだめみたい」って評していた。これを演じられてしまうのって、悔しいよなあ。

#06 Leçon 6

 「ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調」でコンクールへ向けて気持ちを盛り上げたのだめだが、オクレール先生は「目の前の課題もできないで、どうしてコンクールの話ができるのかな」と静かに怒るのだった。さらに、ラヴェルを千秋とRuiがやることも知り、ショックを受ける。そこへ帰ってきた千秋は、のだめの課題を片っ端から教えることに。
 オクレール先生にもいろいろと思うところはあるんだろうけれど、のだめは限界です。ハロウィーンのお化けもどき状態からごはんで元に戻れるあたりが素敵。

#05 Leçon 5

 ユンロンとターニャがカントナ国際コンクールに出場。ユンロンは緊張しすぎて1次予選落ち、1次を抜けたターニャも2次予選落ち。ユンロンは帰国を決意、ターニャは国からの援助が打ち切られることに。そんなターニャにルームシェアを申し出た黒木だが、ターニャに強く拒絶される。一方、のだめはコンクール本選を聞きに行って「ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調」を気に入り、いつか千秋と演奏したいと申し出る。しかし、その曲は今度、千秋がRuiと演じる曲だった。
 ユンロンとターニャはのだめやフランクより1年上なので、これが最後の年。猛烈なあがり症では、コンクールを戦うのは難しいよね。

#04 Leçon 4

 黒木が恩師の娘でピアニスト志望の女の子・奈村里麻の面倒を見ることになり、住むところを探していると聞いたターニャは自分たちのアパートを紹介する。ユンロンはコンクールに向けて自分たちも忙しい時期に他人を入れることに反対するが、黒木が気になるターニャがごり押し。しかし、里麻は黒木を使っておいしい店のお菓子やパンを買ってきてもらったり。結局、コンセルヴァトワールの入試には受からなかった。
 余計な女の子が登場したことでターニャに火が付いた。こたつで寝ていたところに不意打ちのキスをされた黒木くんは気付いていったいどう思っただろう…。ターニャにあれだけギャーギャー言われて気付かないんだから、鈍感なのは間違いなさそうだけれど。

#03 Leçon 3

 初サロンコンサートということで気合いを入れるのだめだったが、当日はあいにく地下鉄のストとタクシーの混雑で千秋は遅れてしまう。バスを選んだ千秋は、そこでヴィエラ先生と再会し、リハーサルを観に行くことに。千秋が来ないことを知ったのだめは、それでも気丈にコンサートを成功させる。
 のだめのコンサートは好評だったけれど、なんでオクレール先生の名前を出したら微妙な反応に?

#02 Leçon 2

 千秋は指揮者として集中するため引っ越しを決断する。のだめはショックを受けるが、千秋の姿勢に引っ越しを受け入れ、待ち合わせデートができるとはしゃぐ。
 Ruiはオクレール先生の個人指導を受けていたが、あまりピアノの話をしてもらえず、一方、のだめがレッスンで時間を割いてもらえることにいらだちを感じていた。さらに、留学中は仕事をしないと行っていたにもかかわらず母親が押しかけてきて仕事を取るように勧めてきたため、家を飛び出してしまう。
 なんか完全無欠に見えたRuiだけれど、いろいろと背負っているものは多い。オクレール先生の指示の差は、のだめがそれだけ未熟ということではないかな。

#01 Leçon 1

 弾き振りでピアノもこなした千秋に、のだめは「全部自分一人でやればいい」と怒りをぶつけ、焦りを感じる、オクレール先生にコンクールに出なければと言うのだめだったが、オクレールはそれを却下し、多くの作曲家に触れるべきだと多量の課題を課すのだった。
 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のラストと重複するあたりからスタート。弾き振りのところまではそういえば行ってなかったか……。自分はドラマ版に慣れていないせいもあるけれど、やっぱり川澄綾子ののだめと関智一の千秋が落ち着く。ターニャもフランクも、無理してないしね……これはアニメの大きなメリットだな。