ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#11 失礼つかまつった

 加納家の嫡男を拐かした五葉だったが、加納家は子が嫡子ではないという理由で身代金を支払わず、明るみに出ないように処分しろと手数料を置いていった。今回の拐かしの目的が見えずに戸惑う梅造らだったが、政之助だけは弥一の目的を見抜き、弥一の正体がかつて病死したという八木の知り合いの嫡男であると看破する。一方、かつて弥一と同じく白楽の九平一味にいた仁が、弥一のもとに迫っていた。
 野暮だ野暮だと言われていた政之助が弥一を激昂させるだなんて思わなかったが、これこそ政之助成長の証。一方の弥一は最初は政之助が憧れるほどに余裕たっぷりの男だったけれど、今回はその政之助にしてやられている感じ。子どものころのトラウマってのは消えないんだね。

#10 汚い野良猫

 幸とともに江戸散策をしていた政之助は八木の屋敷に招かれる。八木は、以前住んでいた家の隣、三枝家の誠之進と使用人の弥一のことを語り始めた。その、亡くなったはずの誠之進が五葉の弥一ではないかという疑いを抱いていた八木は、弥一の肩には火傷の痕はなかったという政之助の嘘を見抜き、誠之進=弥一(五葉)だと確信する。一方、宗次は徳さんから誠之進のことを探っている者がいることを聞く。
 弥一の正体が誠之進であるというのは視聴者にはかなり前から明示されているが、いよいよ八木や宗次らもその真実に気付き始めた。八木は弥一をどうするだろう…?

#09 お助けに参る

 菊屋の木札を取り返すべく大津屋に忍び込み、逆に捕らえられた松吉。政之助はある夜、機会を得て松吉を助け出すことに成功するが木札は見つけ出せなかった。大津屋にはお上の調べが入り、菊屋の主人は木札のことがお上に知れるようであれば、木札を返上することがケジメだと語る。しかし、八木がこっそりと木札を政之助に渡してくれたため、菊屋は無事木札を取り戻すことができた。北町奉行所の与力である八木と親交を深める政之助に、弥一は次のつとめに障りがあるので八木とは顔を合わせないようにと告げる。そのころ、ちょうど政之助の妹・幸が見合いを嫌がって上京してきた。
 拐かしとは関係のない仕事だったが、菊屋の一件はようやく落着。政之助はかなり八木に助けられたな…五葉って一応賊なんですけどね。弥一の政之助への「最近は鬱陶しい」というのが本心からのものだったら、きっと五葉から放り出していると思うので本気ではないと思うが、賊の仲間が与力と仲良くしているのはあんまり気分のいいものではないだろうな。だが、政之助からしても八木は数少ない頼れる御仁だけに、引き離すのも難しそう。
 ここで上京してきた妹・幸がキーになるんだろうか。まだ兄が拐かしに手を貸していることは気付いていないが……。

#08 恩人が二人いる

 松吉には一生頭の上がらない恩人が二人いて、そのうちの一人が菊屋の主人だった。実は、菊屋は御用聞きの木札を商売敵である大津屋に奪われていたのだ。菊屋の主人は松吉にくれぐれも自重するよう言ったが、松吉は単身大津屋に忍び込む。しかし、大津屋は用心棒を雇っており、松吉は蔵に捕らえられてしまう。松吉が姿を消したと知った政之助は、梅造と共に菊屋を訪れ事情を知るが、確証が持てない。なんとか大津屋の内部を知る術はないかと考えた政之助は、そのことを八木に相談する。そして、八木のつてで大津屋の用心棒となり、松吉の姿を確認する。
 政之助にしてはかなり積極的に動いている印象のある今回、弥一に「八木には気をつけた方がいい」という忠告を受けながらも松吉のことを相談してしまうあたりはちょっと軽挙ではないかと思わなくもないが、それだけ五葉の仲間を心配しているわけで…。八木と弥一、顔を合わせたけれど面識はなさそう。でも、この二人の間には亡くなった使用人・弥一という共通点があるからなー。

#07 野暮でござった

 梅造に「政はやせ衰え、もう郷里へ帰るかも知れない」と聞き、ようやくご隠居のもとへ向かった弥一は初めてご隠居と顔を合わせる。しかし、ご隠居はまるで弥一のことを知っているかのようなそぶりを見せるのだった。帰り道、弥一はご隠居の言ったまもなく江戸で働きをするという「白楽の九平」が自分の頭だと告げる。後日、療養の礼に隠居を訪れた政之助は、隠居がかつて弥一と一度だけ顔を合わせていたことを知る。隠居は、九平の一味はことごとく打ち首になったものの残党がいたらしいと語り、弥一には気をつけろと釘を刺す。また桂屋の用心棒に戻った政之助だったが、以前諍いを起こした浪人とまたぶつかってしまい、木刀で勝負することになるが、見物人が集まってしまったので逃げ出してしまう。そのことは桂屋の姐さんの耳にも入っていた。一度、弥一とやってみろという姐さん。弥一が匕首を手にすると、政之助は思わず真剣に手をやってしまう。弥一の気に押された政之助は、幾度か出会っている八木の道場へ向かうが、八木は今日は墓参りだから道場はナシだという。
 どんどん話が転がり始めた。政之助の睨んだとおり、弥一は盗賊の出。政之助には見えていないけれど、視聴者からはかつて旗本の家から拐かされた少年が弥一らしいということがわかっているので、なんとなく一本の道筋がつながってきた感じ。八木が墓参りしていた友人の名前も弥一。これは、かつて弥一少年の家にいてよく相手をしてくれたという使用人の弥一のことだろう。井戸に落ちての事故死というのがどうにも気にかかるが…。

#06 幸せと思えよ

 かつて梅造と同じ盗賊団にいて、団の金を持ち逃げして足抜けした仙吉。今は江戸で小間物屋をやっていたが、そこへかつて同じ盗賊団にいた伝七が顔を見せて再び仕事をして欲しいと、家族をネタに強請りをかけてきた。自分が盗賊団を抜けられたのに、兄貴分だった仙吉は抜けられなかったという負い目のある梅造が金を都合していたが、仙吉が梅造の店に足を運んだことで、伝七に梅造のことがばれてしまう。さらに脅しをかけてくる伝七に、とうとう仙吉はご隠居・かつて「仏」と呼ばれていた盗賊団の頭目のことをしゃべってしまう。
 仙吉はほんとに運がなかったとしか言いようがない。こういう落ちを迎えるしかなかったかなあ。これで伝七が今所属している盗賊団に何も喋っていなければ一件落着だが……。

#05 上手くいくさ

 桂屋の用心棒をしていた政之助だったが「江戸患い」にかかり、ご隠居のもとで静養することになる。江戸患いの原因は定かではなかったが、食事のせいではないかと考えた梅造は政之助にスッポンを持って行く。そこで、野暮なこともストレートに聞いてくる政之助に、梅造はかつて自分が盗賊稼業を抜けるときご隠居に世話になったことを語る。
 弥一が政之助のことを「バカなところが気に入っているのに」とこぼしていたことがあったけれど、今回梅造がいろいろ話してしまったのも、政之助のそういう性格のなせるわざなのかも。バカ正直というか、思っていることをすべて口に出してしまうというか。

#04 加減がねぇ

 用心棒として誘拐を防げなかった政之助は近江屋から暇を出された。そんな政之助を、今度は仕事先ではないところの用心棒にと、弥一は桂屋へ連れて行く。
 五葉結成エピソードや、松吉の五葉加入エピソードも織り込まれつつのお話。お絹が旗本の次男坊に悪戯されそうになった仕返しが最初の働きで、その時点ではまだ五葉として仕事をしていたわけではなく、こうして拐かしを続ける予定もなかったんですな。松吉と弥一の出会いもかなりの偶然。あの状況で松吉をかばおうと考えたのはたぶん打算でもなんでもなかったんだろうけれど、偵察役としての松吉の役割は重要。「情けは人のためならず」ってことかね。

#03 徐々に巻き込んで

 弥一の紹介を受け、米問屋・近江屋の用心棒の仕事を始めた政之助。厳しい主人のもと、なんとか仕事をこなす政之助は、やがて近江屋にいた子どもと親しくなる。しかし、五葉の次の狙いはまさに近江屋だったのだ。またも知らず知らずのうちに政之助は巻き込まれてしまう。
 あの性格ゆえに用心棒としては失格だけれど、子どもには好かれるらしい政之助。近江屋の子に眠り薬入りの大福を食べさせるのに一役買ったわけで、立派な共犯だね。松吉が五葉であったこともここで初めて知ったわけで、ホントに何も知らされていない政之助。

#02 抱かれたい

 賊に力を貸してしまったことを悔やむ政之助。そんな政之助を、弥一は仲間に引き込もうと考えていた。弥一は自分のことを知っているのに、自分は弥一のことを何も知らないと気付いた政之助は、弥一が深川の岡場所に住んでいることを知り、そこの桂屋で用心棒兼居候をしていると聞く。
 第1話冒頭でちょっとばかり登場していたのが弥一の過去なんだろうけれど、ほんと素性のわからないお人だ。梅造の買い出しに付き合ったつもりが、実は拐かした人質の輸送だったとか、それに気がつかないとか、呑気な話だよ政之助。

#01 形ばかりの

 田舎から江戸に出てきた浪人・秋津政之助。用心棒の仕事を斡旋してもらって給金をもらっていたが、気弱で頼りなさそうに見えるためすぐに暇を出されていた。なんとか用心棒の仕事を探す政之助は、遊び人風の男・弥一の用心棒を引き受けることになる。恥ずかしがり屋なため人の注目を浴びると腕を発揮できない政之助は、用心棒の務めを果たすが、実は弥一は拐かし(誘拐)を生業とする賊で、政之助が追い払ったのは身代金支払いに来た商人の雇った浪人だった。
 政の侍言葉は流行ってもいいと思うでござるよ。何でもござってしまうとハットリくんだけど。