ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 なんたる迷惑である事か!<終>

 最終回らしいというか、なんともカオスな展開。前回のフリとかを華麗にスルーして、まだ新生徒を出してくるとはね…。
 終わるのが惜しい。第2期はあって欲しいが、無理かな。
 「ぱにぽにだっしゅ!」を見ていないので比較は難しいが、おそらくこの作風と新房監督の作り方がよくマッチしていたのでは。声優陣も豪華な上にそれほど違和感なくて、OP、EDに至るまで非常に良かった。すでに第2期の製作が決まったとのことで、ネタはまだまだあるだろうから楽しみです。

#11 あれ 不可よ 原作があるじゃないかね

 なんて自虐ネタ。原作通りにやって叩かれるもの、原作から離れて叩かれるものといろいろあるから逃げ道は多くないとね。絶望先生は十分面白いと思うので逃げなくても。
 暴れチンチン電車て。一番死ぬ死ぬ言いながら生への執着が強かった絶望先生が跳ねられたが、まさか夢オチにはならんだろうな。

#08 私は宿命的に日陰者である

 影の薄い臼井君エピソードだけあって、今回の当番キャラなのに扱いがひどい。いや、姿が見えているときの弄られっぷりは普段以上か。
 バリゾーゴンの鳴き声がやべえ。「ニコチューシネ」

#07 仮名の告白/ある朝グレゴール・ザムザが目をさますと神輿を担いでいた

 かなり原作準拠できわどい感じのネタが入っていた。いいのか、王子とか芸人とか。もしもうちょっと制作が遅かったら小島よしおが入っていた可能性あるな。
 同人誌の誤解を解かぬまま、コミケ会場で同人誌(文学の)を売る絶望先生が素敵だ。途中で何かおかしいということに気付くべきだが。

#06 見合う前に跳べ

 誰とでも見合いが成立するならぱやぱや祭りだというのに!望の回避率の高さはすごいが、一緒にいて目をあわさない生徒たちも相当すごい。まといと千里がこだわるのはわかるが、霧も狙ってるのか。絶望先生人気高し。
 なつかしの土曜ワイド劇場。

#04 ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ

 あびる、芽留の回。確かにパロディとか時事ネタとか、やってることはハヤテと大して変わらんのかもしれないけれど、見せ方の問題は結構大きいのかもしれない。あと個人的に久米田贔屓もあるか。
 芽留のカエレへの「パンツ見せキャラ」メール→パンツ見せ、電池切れ→電池ずらーりコンボは良かった。エロスは感じないけれど、見せ方がいい。

#03 その国を飛び越えて来い

 マリアとカエレの海外組が合流。楓の声にはちょっと無理を感じたけれど、カエレのキレっぷりはよかった。千里は正面から見たらきっちり分けだが、斜めから見るときっちりではないんだなぁと思いつつ、その斜めの角度は結構可愛いなぁと見ていた。霧の出番少ないなぁ、籠ってるから受動的な登場しかできないのは不利だ。まとい映りすぎ。

#02 トンネルを抜けると白かった

 千里、霧、まといとクラスメートがどんどん増えてきた。なんか、望がハーレムアニメ顔負けのモテ具合。「一緒に死んであげます」は天然かも知れないが無敵の落とし文句だと思うよ。しかも、本人いざとなったら本当に死ぬだろうし。

#01 さよなら絶望先生

 期待せずに待っていると面白いのが来たときにより楽しめるの法則。心底期待してなかったわけではなく、どこかで「それでもきっとやってくれる」と思っていただけに、嬉しさもひとしお。ということで、久米田マンガ待望のアニメ化。キャラが動いているだけで喜んでいてはダメなんだけれど、全体的にクオリティが高くて満足です。ED曲もかなり好みです。