ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー(Thomas & Friends: Big World! Big Adventures!、2018)

 相変わらず世界へ出ようとするトーマスは、世界一周レース参加前にソドー島に立ち寄ったレース狂のスポーツカー・エースに乗せられる形でソドー島を飛び出し、世界一周レースに参加しようとする。当然、車のレースに沿って線路があるわけではないので、トーマスはダカール近郊でエースに置いていかれるが、アフリカのゴール・ダルエスサラームを目指して動き始める。しかし、機関車が貨物もひかずに勝手に移動はできないため、渡りに船とばかりの荷物を大量に引かされることになり、人を助けるのが好きだという機関車・ニアの助けを得る。
 今回、トーマスがかなり早々にソドー島の外に出てしまうため、パーシーたちソドー島の仲間たちはほぼ出番なし。そのトーマスの後をトップハム・ハット卿が追いかけていって、八十日間世界一周。ただし追いつかない。今回はトーマスの改心がかなり遅い上にニアの善意を踏みにじりまくるので「テメェ……」と思う場面は少なくない。
 エース役はISSAで、「ターミネーター3」のジョン・コナー以来、16年ぶりの声優仕事?ノリの軽いエースにぴったりだし、決してヘタではなかった。ニア役はWake Up, Girls!青山吉能

映画きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険(Thomas & Friends: Journey Beyond Sodor、2017)

 ヘンリーが事故のため一時離脱し、メインランド行きの仕事をジェームズが担当することになった。しかしトーマスは、ジェームズが出発する前に貨車を勝手に牽引して出発。メインランドの地理に詳しくないため、実験機関車の操車場や製鉄所に迷い込む。製鉄所にいたフランキーとハリケーンは、トーマスを一緒に製鉄所で働かせようと閉じ込めてしまう。
 おなじみ、暴走トーマスの自業自得物語。しかし、いつもは怒り出すトップハムハット卿が今回はトーマス擁護に回り、文句を言うジェームズを抑え込む。うーん、この贔屓采配。
 ゲスト声優は森三中村上知子はややヘタではあるがゲスト声優としてはこんなもんだろうと納得の内容。大島美幸は舞台女優系の声優っぽい、黒沢かずこは歌も含めてハマってる。よかった、タカアンドトシの悪夢はないんだ。

映画きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち THE GREAT RACE(2016)

 メインランドでグレート・レイルウェイ・ショーが開催される。なんとかして出場したいと考えるトーマスはあの手この手でトップハム・ハット卿にアピールするがすべて空回り。ついには事故を起こし、本来なら出られたかもしれない貨車押しレースの代表をパーシーに譲ることになる。失意のトーマスだったが、スピードレースに出るため流線型に改造したゴードンのパーツ不足が発覚、その輸送のためメインランドへ向かい、パーシーに代わってレースへ出ることに。
 相変わらずすぐに調子に乗ってしまうトーマスさん。アニーとクララベルを側線に放置するとか、この人ほんと何やってんだろう……。そのトーマスと知り合うインドの機関車アシマ役にゲストの渡辺直美。可も不可もなく(個人的には予告編だけならもっと上手いかと思える出来だったので、思ったほどではなかった)。メインランド行きの船が一時寄港したソドー島で誤って降りてしまい、メインランドへ向かう線路を求めてうろうろするアシマだが、ソドー島鉄道って迷子の機関車がうろうろしてて許されるんですか。そういえばトーマスさんは日々ダイヤ無視してウロウロしてましたね。

勇者とソドー島の怪物(Tale of the Brave、2014)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター4
 崖に見かけた大きな足跡からモンスターがいるのではないかと思ったトーマスがパーシーにそのことを話したせいで、おなじみビビりのパーシーは新機関車をモンスターだと勘違い。
 劇場版といえば毎回ゲスト声優がいて、今回はタカアンドトシがゲイターとティモシーを演じていたんですが、うーん……。地上波版では田尻浩章と岩端卓也だとのことで、演じているその他の役を見るに無難な配役。トーマスの映画は「ゲスト声優が○○だから見たい!」って理由で来る客、いないと思うんですよ。みんな「トーマス」自体が好きな子どもたちなので。無理してゲスト入れなくてもよくないですか。ほら、番宣しなくても、ふだんトーマス見てて、映画にも来るわけで……。

ブルーマウンテンの謎 (2013)

 @TOHOシネマズ シアター4
 ブルーマウンテンの採石場でトーマスは鉱山鉄道の機関車ルークと出会う。かつてソドー島に来たときの船で一緒に船に乗っていた黄色い機関車を、港で陸揚げされるとき海に落としてしまったことを気に病んで採石場に隠れているルークのために、トーマスは黄色い機関車の行方を捜す。
 そもそも、採石場のトンネルの中にじっとしているならともかく、バリバリと貨車を引いたりして仕事をしているルークが「隠れている」とは思えないわけですが……見逃されてきたのは、落ちた機関車が修理されてソドー修理工場で働いていた=ビクターだったから、というよりも、そもそも罪だと思われてないからですよ。仮に誰のせいだというなら、ぶつかったとはいえ吊り上げられていたルークより、ルークをつり上げていたクレーンのクランキーですよね。
 実は海に落ちた黄色い機関車がビクターだったというのは、車体に傷がついてしまったレニアスが「塗り直ししたいなー」ってずっと伏線張ってたんだというのはなかなかですが、まさかビクターだとは思わんよー。
 トーマスたち普通の鉄道と鉱山鉄道での軌道の違いが、ちゃんと転車台が三線軌条だったり、鉱山鉄道のレールに乗ったトーマスがうまく走れなかったりと、無視されることなく描かれていてよかった。

ディーゼル10の逆襲 (2012)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター5。「きかんしゃトーマス」シリーズは低年齢層向けで客入りがそんなに伸びないので、1日に2上映あるだけでもマシな方。
 火事の消火のため水を提供するパーシーとトーマスのところに、放水銃をもったベルがやってくる。ベルのおかげで火事は燃え広がらずに済むが、ベルはもっと優秀な特殊消防車のフリンがいると紹介、ソドー島にフリンがやってくることになる。トーマスがベルと仲良くしているのでパーシーは面白くなく、ディーゼルからの誘いもあって、トーマスに行くなといわれていたディーゼル機関車工場へと足を運ぶ。
 もともと蒸気機関車ディーゼル機関車はお互いに仲良くないようなのだが、今回、ディーゼル10の工作によってクレーンのケヴィンがディーゼル工場に連れて行かれたりしたことで完全に対立状態に。ディーゼル10の狙いはぼろぼろのディーゼル機関車工場をなんとか新しくしてもらうこと、そうでないのなら蒸気機関車工場を手に入れることだったわけだが、パーシーが口車に乗せられて親友のトーマスを裏切り、ディーゼル側に落ちていくところは怒濤の鬱展開。トーマスの反応もあんまりパーシーに優しくないこともあって、パーシーのダークサイド堕ちも納得の流れだった。その分、子どもには退屈だったのか、両隣の子どもはずっと落ち着きなく動いていて、特に1人の子は出てこない機関車のことがずっと気になっていたみたいだった。
 ずっと気になっていた、線路上を走る機関車は前後に他の車両がいるとどうなるのかについて、今回はトーマスがそれを使ってディーゼルに閉じ込められるシーンがあったが、でもやっぱりみんなシーンが切り替わると方向転換してたりして、納得のいく答えは出なかった。まさか島のあらゆるところに転車台置くわけにもいかんし、しょうがないですけど。

ミスティアイランド レスキュー大作戦!! (2011)

 レスキューセンターの建設が進むソドー島。トップハム・ハット卿の「1番よく働いた機関車に木を運ぶ仕事(特別な仕事)を与える」という言葉をディーゼルが無視して勝手に木を運ぼうとして海に落としてしまい、トーマスに救助される。トーマスはこのご褒美にイギリス本土から木を運ぶ仕事を与えられるが、その帰りにミスティアイランドに流れ着いてしまう。
 ミスティアイランドは実はソドー島の隣の島で地下海底トンネルで繋がっている……ってソドー島には謎が多すぎる。結局、海底トンネルの封鎖を突破できなかったトーマスたちを、反対側からやってきたパーシーたちが救助して、無事トンネルも開通して便利になってめでたしめでたし。めでたいんかコレ。
 ディーゼル蒸気機関車の微妙な関係が表面に来たところで、ディーゼル10の不気味な言葉があって次回へ続く。
 きかんしゃトーマスは対象年齢がかなり低めなので、映画館で見るのが結構キツいね……。

伝説の英雄(2010)

 ソドー島で機関車として働くトーマスたち。あるとき、ソドー島に公爵の別荘が建てられることになりスペンサーがやって来る。島の仲間たちはどうにも態度の大きいスペンサーのことが気にくわないでいる。あるとき、スペンサーがトーマスのことをバカにしたため、トーマスはスペンサーと競走することになる。トーマスはこれまでに引っ張ったことのないような重い貨車を引っ張ってがんばるが、ある坂の途中でブレーキが壊れてしまい、止まれなくなってしまう。本線上を走り続けるのは危ないと、支線に入ったトーマスは、とうとう見たこともない場所にたどり着く。そこには、見たこともない機関車“ヒロ”がいた。
 遙か昔に日本から運ばれてきた機関車とトーマスとの交流。残念なのは、ヒロがこれといった活躍をしないこと。スペンサーが気にくわないヤツは確かだし、仕事を放り出してトーマスの監視をしていたりするのは本当のことなんだけれど、みんなもヒロのためにけっこう時間作ってサボってるからな……。最初からトップハム・ハット卿に相談すべきだろ、これは。パーシーとトーマスが放り出した郵便の車両をせっかくスペンサーが見つけてきたのに、全部スペンサーが悪いとされちゃったのはさすがにかわいそうです。
 ヒロ、日本へ帰ることになったのはいいけど、たぶんソドー島の方が大事に扱われるんじゃないかな……。