ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#13 仁、デレる<終>

 涼城先生の言葉で心乱されて、つぐみの言葉で立ち直って。言っちゃアレだけれど、自分で顕現させた仁が信じなくて誰がナギを神様だと信じられるので?ラストはラブコメらしくまたつぐみのリリーフで笑いに落としたけれど、仁の#11〜#13Aまでの迷走はキライだな。

総評

 OPはよく動いていたし、戸松遥の幅の広さを実感したし、くすぐりの多い面白い作品でした。なんかしてやられた感があって、そこが悔しい。

#12 ほんとうにエフェメラル

 ご神木の倒木から顕現したナギには祀られる神社があるわけでなく、仁の家から出て行ったら行く場所が無いよな。全編を通して仁の気持ちのような雨が降り続いていて重苦しい雰囲気が漂う。探し出せない仁のもどかしさはわかるのだが、ちょっとなぁ……。

#11 でも、あやふや

 前話のコミカル展開が嘘のように、物語の焦点はナギの正体へ。神を自称しそれを信用しては来たけれど、確かに神を名乗るヘンな電波少女とも思える。「どうしてわからないんだ!」の答えは「わからないもんはわからない!」だったわけで、それを自覚したとてナギに答えは出せないのだろうな。

#10 カラオケ戦士マイク貴子

 貴子先輩かっけー。
 らき☆すたエンディングを思い出させるアクマイザー3からスタートのカラオケ。貴子の秋葉への仕打ちには笑ったが、自分が行くようなカラオケは基本的に空気は存在せずに曲放り込んでいくだけだな。OVAの挿入歌は入っているだけでありがたいものですよね。ナギ様は鬼じゃ。
 しーりげやー。

#09 恥ずかしい学園コメディ

 大鉄とのホモカップル疑惑から手当たり次第へ。もう学園での仁の評判は地に落ちたと考えて問題なかろう。仁はこれでいいとして、大鉄の名誉回復は一切為されていないんですが……。

#08 迷走嵐が丘

 大鉄の深読み、そしてナギと仁のクサい芝居、どこまですれ違うのかと笑いが止まらず。ナギは神木の木っ端でしかないから、本体の意思はまた別なのね。大鉄はすでに正解を目にしているのになぁ。

#07 キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇)

 It's a SONY. ストーリーは微妙な回っぽい気もするけれど、きっと神回だったんですよ、キューティー。

#06 ナギたんのドキドキクレイジー

 仁に素直なナギ様、こんな態度されたらまぁみんなイチコロでしょうな。仁の気分は、彼女がメイド喫茶で働いているのを知らなかった彼氏というよりは、娘のコスプレ姿を見てしまったお父さんみたいなものでしょうか。娘が可愛くなるのは嬉しいが、撮影されているのは、とか。
 秋葉の描かれ方は、あの喫茶にもいた典型的オタク(とされるキャラクターたち)とは一線を画しつつ、リアルに多く生息するタイプを見事に抉った気がする。ですよねー。

#03 スクールの女神

 学校の怪談かと思いきやただの後輩への試練、でもやっぱりケガレはあったのさ。一般の生徒が見てもナギは美人なようで、これで仁と同棲していることがバレたらきっと仁は八つ裂きにされるに違いない。
 地下倉庫に閉じ込められ、本当にさらに地下室へつながる扉がガタガタ言い始めたときはゴーストハントみたいな展開になるのかと思ったんだけれどねえ。ケガレはあそこまで暴れませんか。ナギにとっては恥ずかしいところを見られたなぁ。

#02 玉音アタック!

 美少女が転がり込んでくるタイプの作品でまず問題になるのは、家族や幼なじみにどのように説明するのかというところ。たいがい常識の通じない相手なので困るんだけれど、ナギはうまく空気を読んだな。いつまで隠し通せるのかは疑問ですが。