ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

#12 甘い宝石⇔チョコバーリトゥード<終>

 最後はバレンタインデー。つみきは真宵、姫とともにがんばってチョコを自作するが、いざ当日にチョコを忘れてきてしまう。伊御は絶対に自分のナデナデの破壊力を知っているよね?
 ホントは真宵たちと同じポジションでニヨニヨするアニメなのだろうが、結局、5人組の輪を外から眺めているだけで終わってしまった。「自分も輪の中に入ったら楽しそうだなぁ」ってのが日常系アニメの楽しいところなのだが、このメンバーだと、わざわざ輪に入りたいって感じじゃないなぁ。

#11 今年もよろしく⇔もっちーげーむ

 みんなで迎えたお正月、榊が伊御に連絡し忘れたので全員で伊御を誘いに行く。眠たいままの伊御がつみきのアタマの上にあごを乗せたりしてたけれど、わかっててやってるよね?そういうところで絡まれる担当って真宵じゃないですかね。だから伊御はつみきとの関係を巧みにコントロールしているように見えるんだよなあ。

#10 くまエンカウント⇔ラブリマス

 二人でラブリマスしちゃってもいいんじゃよー。作中時間は刻々と進んでクリスマス、ケーキ屋で伊御が姫らと一緒にバイトすると聞いて、つみきと真宵も加わることに。
 この決めゼリフが吐けるのに伊御が朴念仁という設定はどうもこう、しっくりこないままです。わかっていてつみきたちに鼻血噴かせて楽しんでいるなら別ですが。

#09 ワタシを包んで!⇔恋とロマンの学園祭

 5人組がクレープ屋台を出店。伊御と榊がどう見てもホストで、こうなるとちょっとノってしまう伊御がいたりするんよね。「つつみん!」ロゴはまたもけいおん!からデザインを拝借。もう、いっそどこかでバンドをやればいいと思うの。

#08 宿題の夏⇔祭りの夏

 夏休みの宿題をしていたつみきたち、クーラーが壊れているために伊御の家に転がり込む。このメンバーで伊御とつみきが勉強している組、榊と真宵はサボリ組というのはわかるが、姫っちはボケてるけどマジメな子だった。
 あとは浴衣。

#07 山だ!川だ!⇔バーベキュー!

 山へ出かける5人、途中でつみきが取り残されそうになるも伊御が救出に向かう。花火を見ながら、榊にそそのかされた伊御の決めゼリフは甘すぎですな。
 不思議とつみきと伊御の関係は見ていてホンワカともしないのですが、見ているこちらの心がささくれているからでしょうか……。伊御に欠点がなさ過ぎてツッコミどころがなく、流して見ちゃうんだよな。別にアホだったら感情移入できるというわけじゃないのですが、たぶん見たいものとズレてるんだろう。

#06 プールとYシャツと⇔宿題

 水着回……じゃないのかよ!どうして掃除なの、どうして体操服なの。そこは「濡れても大丈夫なように水着を着ておいたのじゃよ」だろ真宵さん。タンスの中のシャツは洗濯後だから匂いはなかろうと思ったが、「かすかに伊御さん風味」という真宵さんの変態っぷり。真宵が出てくれば出てくるほどにかすむつみきの存在感。今のところ「あっちこっち」を説明するときに「こなたもどきがいるアニメ」状態なので、作品の個性をもっと立てて。
 伊御さんはもうちょっと人間味があって欲しい。ただの鈍感キャラなだけじゃなく、いまいち欲が感じられないぞよ。省エネ人間折木奉太郎氷菓もたいがい生気がないけれどさ。

#05 アタック!⇔にゃんばーにゃん!

 伊御とつみきのつかず離れずの空気感はみんな共有していると思ったら、あっさり伊御チームからつみきが外れるとか、なかなか鬼ですな。真宵は故意にでもやるけど。
 つみきのアタックが受け止めてもらえないのは鬼ごっこに続いて2度目。そのあたりは伊御さんは甘やかさない。

#04 つかまえたいの⇔恋のドナドナ

 校内缶蹴り大会と甘い校内放送。
 なんとなくわかってきたのは、この作品のツッコミ力不足。ボケがそもそも面白くないんだけれど、ツッコミがそれに輪をかけて弱くて笑い処がなく、声優アニメとして見ようにも魅力がなく、ちょっと黙ってアニ関眺めて何が面白いのか研究したいと思う。今のところ、「GON-ゴン-」「あっちこっち」「シャイニング・ハーツ〜幸せのパン〜」「めだかボックス」の4本が視聴している中では今季最底辺を争っている。

#03 無情なる雪合戦VS⇔調理実習(燃)

 サブタイトル通り、雪合戦と調理実習。キルミーベイベーのやすなに対するソーニャ、ひだまりスケッチの宮子に対するゆののような、ボケ「くそう!くそう!」があったけれど、あっちこっちでは別にキャラクターに期待するリアクションもないし、別に萌えるキャラもいないし、いまいちテンション上がってこない……。ダメひだまりスケッチみたいな感覚。

#02 美味しいケーキと⇔ばれんたいんリップ

 榊の実家のカフェでちらっとバイト。かわいい女の子だけで構成すれば「ゆるゆり」「らき☆すた」方面に行けるかもしれないのにね。榊のお姉さん、皆口裕子の天然系に見せた無敵キャラですね?

#01 あっち⇔こっち

 こなたもどきっぽいちっこいネコ耳少女とわりとクールに巻き込まれ型な主人公のイチャラブを猫口マッドサイエンティストとつかさもどきが見守る話。
 つみきは外観イメージが多少カブってる程度で、中身はオタクじゃないし伊御のコートを掴もうとしてもなかなか掴めない照れ屋な子なんだけど、つかさもどきはそのドジっぷり、そして福原香織のキャスティングがわりと言い訳不可な状態。別に悪いことではなくて、イメージかぶるよねぐらいの話で。
 しかしこの作品、ボケ潰しすぎるきらいがある。なんで片っ端からボケを解説ツッコミするんだろう……そんなんわかっとるがな、と。視聴者にツッコミの余地がないと、だらっと見てしまって気がついたら2、3ボケぐらい見逃してた。だらっと言うな!