ヨタ話

無名アニ関民のアニメ&映画ライフログ

あかね色に染まる坂 ハードコア OVAですよにいさん!!

 準一のインモラルアニマルっぷりが炸裂したわけではないのだが、テレビで抑え込まれていたお色気描写が全開に。もうエロアニメでいいじゃんといわんばかりに、「大胆になれる」成分の入ったオイルの効果で、女性陣が準一に迫りまくるという話。さすが妹エンドを奪い取っただけあり、「実の妹でも義妹でもいいじゃないですか!」という湊の開き直りは最強。

#12 あかね色に染まる坂<終>

 大逆転の妹エンド。しかも、義理なのか明らかにならないままでどうも実の妹っぽい湊と、ですか。このインモラル兄妹!義理の妹とのエンディングってのはまぁあることなんだけれど、実妹エンドで暗い雰囲気にもならず周りからも祝福されるってのは珍しいんじゃないかな。

総評

 一目惚れしたヒロインをぶっちぎって妹を選ぶという画期的なラストは評価する。

#09 あかね色のバースディ

 準一の誕生日、あげるプレゼントに悩む優姫。妹に性癖までパーフェクトに把握されている準一には同情を禁じ得ない。結局は湊がケーキのレシピを譲ることで落ち着いたが、この湊の複雑な表情がたまりません、波乱の予感。

#08 黄昏色のデザイア

 つかさ回。準一と付き合い長いだけあり、過去にちらりとジェノキラーな準一の姿が。オヤジたちを逃がすために戦艦が受けた魚雷が水面上をぴょんぴょん跳ねてて噴いた。魚雷って沈んで伸びてくるものじゃないんですか。

#07 鋼色のフェスティバル

 ネコ耳喫茶やらメイド喫茶をやってヒットしましたという展開だったらベタすぎて引くところだわ。スク水喫茶もそう新しくはない気がするが、冬彦のブーメランパンツと華恋の白スクミズは評価してもよい。ビッグジェノキラーvsビッグオクトパスはぜひ完全版を見たかった。

#06 山吹色のモンターニュ

 温泉回だけれど、入浴しているところに準一が飛び込むことはなく。そこは飛び込んで欲しかった。
 華恋はどうやら準一が好きらしいんだけれど、そういうフリがちょっと弱いな。

#05 あかね色のファーストデート

 「俺は見ないで批判する人間にはならないぜ!」という準一の言葉通り、ちゃんと見て批判してやる。優姫は片桐のお嬢様だから世間知らずでもしょうがないんだろうけれど、華恋でもここまでひどくはなくないか。準一と湊との関係ってなんだかどことなく微妙で、インモラル兄妹なんではないかとツッコみたくなる気持ちは分かる。湊が小さいころの記憶がないとかー。

#04 藍色のマッドパーティ

 登場人物ですら痛々しいと評する綾小路コントまで含めて、この話がなんか痛々しいわ……。華恋は悪い子じゃないんだけれどな。

#03 怪奇色のスクリーム

 怪談騒ぎで本当に幽霊がいるわけはないのだが、こんな大がかりな仕掛けが学園内にあると誰が思うか。なごみは第1話から何かあやしい行動取っているが、つかみ所がなさすぎる。

#02 あかね色のアプローチ

 釘キャラは「うるちゃいうるちゃい!」「バカ犬!」「駄犬!」などと代表的なセリフを持っていたけれど、優姫の場合は「死なす」みたいです。照れ隠しとしてはまぁアリな方か。実は優姫は許嫁で準一の家に転がり込むことになるというお話。「許嫁」というフレーズはそろそろ使用回数制限しないといかんな。

#01 あかね色のファーストキッス<新>

 これなんてエロゲっていうかエロゲですけど何ですかこれは。準一と湊、優姫の三角関係で鮮血の結末を迎えて坂はあかね色に染まる……なんて話ではないみたいですね。残念です。